活用事例のご紹介

ローカル5G
×
一次産業

海面養殖においてローカル5Gを活用し、海中状況をリアルタイムに把握することで生産性の向上を実現します。
海中状況は水中ドローンやセンサーを活用し、高精細映像と環境データ(水温や塩分濃度等)を取得することで、海面養殖における生産性の向上に繋げます。
※本内容の実現については、令和2年度における「地域課題解決型ローカル5G等の実現に向けた開発実証に係る漁業分野におけるローカル5G等の技術的条件及び利活用に関する調査検討」にNECネッツエスアイはコンソーシアムとして採択され、調査検討を開始しています。
【資料P.7記載】実証4『海中の状況を可視化する仕組み等の実現』にコンソーシアムメンバーとして参加しています

ローカル5G
×
LPWA

水位監視活用

ローカル5GとLPWAを組み合わせ、ため池や河川の監視を行い、災害時に河川に近づけない場合でもリアルタイムに状況を把握できます。
ローカル5Gでは高精細映像を、LPWAでは水位センサーからのデータを集約し、クラウドからいつでもどこからでも確認できるようになります。

ローカル5G
×
4K映像

災害対策室活用

防災業務の一連のプロセスである「安全で的確に情報収集」、「迅速な情報共有と判断」、「適切な情報配信」の実現を目指すため、ローカル5G( 4.7GHz帯)を利用した環境を構築します。 課題解決を実現するシステムとして、「高精細映像によるAIを活用した 水位予測」「ダッシュボード等を活用した防災情報の可視化」「地域住民向けの高精細映像配信」の3点を構築します。 更に「映像鮮明化装置」「人検知システム」「路面投光器」「ドローンの映像伝送するための仕組み」のシステムの構築を行います。
地図上に情報をのせて共有するプラットフォーム『IQGeo Platform』