Slack・Teamsで実現する

体調管理・出勤場所管理サービス

~2020年9月末まで無償提供します~

NECネッツエスアイは、新型コロナウイルスの感染拡大を少しでも防ぐため、本サービスを無償提供します。

新型コロナウイルス対策「体調管理・出勤場所管理サービス」の無償提供

新型コロナウイルスの感染を防ぐ為、外出の自粛やリモートワークが実施されています。それにより、社員の体調、出勤場所が簡単に確認できない課題が出てきています。

ビジネスチャット( Slack または Microsoft Teams )で実現する、社員の体調・出勤場所を簡単に確認できるサービスを、パートナー企業「workato」と連携し2020年9月30日まで無償でご提供致します。

概要

同じ場所にいなくてもメンバーの体調/勤務場所をマネジメント

「体調」も「勤務場所」の登録も集計もボタン一つ実施
社員はその日の体調と次の日の出勤場所をボタンを押すだけで申告することが可能です。
一目で、チームメンバーの体調/出勤場所の確認できるようになっています。

Slack での利用イメージ

Slackに「ボット」と呼ばれる機械による自動発言システムを導入することにより、社員の「体調管理、勤務場所管理」が可能になります。また取得したデータを集計する「集計機能」も利用が可能になるので、社員の安全を一目で確認することができます。
Slackの場合には、スタンプを押すように自身の体調や勤務場所を登録することが可能になります。

体調管理

毎日AM8:30になると任意のチャンネルに、ボットから自動で上記の投稿があります。チャンネルに参加しているメンバーはその日の体調を赤枠の「リアクション」として報告します。

勤務場所管理

毎日PM1:00になると任意のチャンネルに、ボットから自動で上記の投稿があります。チャンネルに参加しているメンバーは翌日の勤務場所を赤枠の「リアクション」として報告します。

集計機能

各ボットに記載されている集計ボタンを押すと体調管理、勤務場所管理の集計値を表示することができます。

Microsoft Teams での利用イメージ

Teamsに「ボット」と呼ばれる機械による自動発言システムを導入することにより、社員の「体調管理、勤務場所管理」が可能になります。また取得したデータを集計する「集計機能」も利用が可能になるので、社員の安全を一目で確認することができます。
Teamsの場合には、ステータスを選択することで、登録することが可能になります。

体調管理

毎日AM8:30になると任意のチームに、ボットから自動で上記の投稿があります。チームに参加しているメンバーはその日の体調を赤枠の「ステータス」として報告します。

勤務場所管理

毎日PM1:00になると任意のチームに、ボットから自動で上記の投稿があります。チームに参加しているメンバーは翌日の勤務場所を赤枠の「ステータス」として報告します。

集計機能

各ボットに記載されている集計ボタンを押すと体調管理、勤務場所管理の集計値を表示することができます。

活用イメージ

NECネッツエスアイでは新型コロナウイルス対策として、本サービスを活用し、社員の安全を管理しています。

始業(8:30)

まずはSlackを開き、その日の体調を登録

勤務中(13:00)

明日の勤務場所を確認し、Slackで登録

業務終了(17:00)

その日の集計をして、マネジメント
※本映像は、2020年3月初旬に撮影したものです。現在は全社員原則在宅勤務中です。

注意事項

  • SlackかMicrosoft Teamsを既にご利用中のお客様が前提です。
  • 2020年9月30日までのご利用は無償です。利用可能期間終了後の自動更新はなく10月以降の継続利用を希望される場合は別途有償契約を締結させていただきます。
  • 無償範囲の機能は限られております。詳しくはご相談ください。
Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on email
Email

サービスのお申込みはこちらから

お問い合わせフォーム

その他、サービスに関してご不明な点がございましたら
こちらのフォームよりお問い合わせ下さい
※お申込みは上記青色の「お申込みはこちら」ボタンよりお願い致します※