ため池・河川監視により
水害対策の効率化・即時対応を実現

  • HOME
  • 事例紹介
  • ため池・河川監視により水害対策の効率化・即時対応を実現
まちづくりDX

となみ衛星通信テレビ株式会社様

業種:放送事業/電気通信事業
関連ソリューション:次世代IoTネットワークサービス ELRTRES™、溜池監視サービス

富山県砺波市内の4カ所のため池の水位情報を、場所やデバイスを選ばずに確認するため、『ELTRES™ IoT ネットワークサービス』(エルトレス※)を活用した「ため池監視システム」を導入頂きました。

課題

特定職員が市役所内で水位を確認

導入後

推移が閾値を超えるメールで通知
業務の効率化、災害の即時対応を実現

従来は、特定の職員が市役所内で水位確認をしていました。見回りには危険が伴うほか、人的コストがかかう、災害にすぐに対応できないなどの課題がありました。

これに対し、Symphonictでは、水位情報をクラウド上で管理し、閾値を超えるとメールが通知される仕組みをご提案し、デバイスからアプリケーション、設置工事までをワンストップでご提供。
ゲリラ豪雨など突発的な災害にも即時対応でき、業務の効率化と利便性の向上を実現しています。

管理業務負荷軽減

災害時のために池監視業務を目視確認を含め自動化
緊急時には関係者にメール通報、監視・応急対応漏れを防ぐ

クラウド活用

いつでもどこからでも遠隔監視、ため池管理者の安全を確保
PC・スマホどちらからでも遠隔監視(マルチデバイス対応)

柔軟なシステム連携

防災情報システムと連携で総合的な防災対策を実現
ため池防災支援システム(農研機構)と連携で迅速な越流予測を実現 

低コスト

シンプルな構成で機器コスト・施工コスト・保守コストの低減が可能
LPWA通信で従来の通信規格より通信コストの削減が可能

※「ELTRES™ IoTネットワークサービス」は、ソニーネットワークコミュニケーショ ンズ株式会社が提供するサービスであり、NECネッツエスアイ株式会社もライセンスを取得しております。

導入のポイント

LPWAとは

「LPWA」は、省電力広域無線通信技術(Low Power Wide Area)の略称で、低消費電力で長距離伝送を可能とする無線方式の一つです。

低消費電力

電池交換等の機器メンテナンスの頻度が抑えられる。電源供給が困難な場所でも導入可能

長距離伝送

3G/LTEやWi-Fiと比べ、通信距離が極めて長い。携帯電話の繋がりにくい場所での活用も期待される

ライセンス不要

LTEが数百円~に比べ、LPWAは月数十円~通信が可能。

プレスリリース

関連ソリューション