NECネッツエスアイ
NECネッツエスアイ

お問い合わせ 資料ダウンロード

NECネッツエスアイ、映像AIサービスブランドとして「OWLai(オウライ)」を立ち上げ

 NECネッツエスアイ株式会社はこのたび、映像活用事業領域における新たな映像AIサービスブランドとして「OWLai(オウライ)」を立ち上げました。

2022年7月14日
NECネッツエスアイ株式会社

 NECネッツエスアイ株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役執行役員社長:牛島祐之、東証:1973 NESIC、以下 NECネッツエスアイ)はこのたび、映像活用事業領域における新たな映像AIサービスブランドとして「OWLai(オウライ)」を立ち上げました。

 

OWLaiシンボルマーク
 

 

 ■OWLaiブランド立ち上げの背景
カメラが広く普及したことで様々な場所への設置が進み、従来よりも多くの映像データを収集することが可能となりました。そのうえ、カメラの高性能化が進んだことで、鮮明で高画質な映像データを利用できるようになったため、防犯や災害対策、マーケティングなどの多様なシーンで、映像データをより高度に活用することへのニーズが高まっています。
しかし、人手によるチェックや処理が主流である現在においては、活用できる映像データに限界がありました。そのため、限られた人員で、効率よく映像データを活用できる新たな仕組みが求められています。

こうした環境をふまえ、NECネッツエスアイは「記録するだけの映像を超え、未来を価値あるものへ」というコンセプトのもと、映像AIサービスブランド「OWLai(オウライ)」を立ち上げました。映像事業で60年以上前から培ってきた豊富な経験や確かな現場力と、最新の映像AI技術を組み合わせることで、お客さまに最適な価値を提供していきます。

 

■OWLaiサービスラインナップ

 

当社はこのたびのブランド立ち上げを機に、映像AIサービス事業の本格展開を進め、2024年度に100億円の売り上げを目指します。
NECネッツエスアイは今後、映像AIサービス事業において、お客さまとの共創実践の取り組みの強化やサービスラインナップの拡充に努め、様々な企業の経営課題解決や安全安心な社会の実現に貢献していきます。

以上

 

OWLaiブランドの各種サービス詳細については、以下をご覧ください。
https://symphonict.nesic.co.jp/owlai/

 

※ 記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

 

 

 

NECネッツエスアイのマテリアリティ

 

当社は、社会の持続的発展への貢献と自社の持続的な成長の実現のために重要な6つの取り組みを
マテリアリティとして特定し、「コミュニケーションで創る包括的で持続可能な社会」の実現を目指しています。

関連URL

SDGs(持続可能な開発目標)への貢献

 

SDGsとは、「誰一人取り残さない」持続可能で多様性と包摂性のある社会の実現のため、国連で採択された2030年を年限とした17の国際目標です。
NECネッツエスアイグループでは、「コミュニケーションの創出による価値提供」を通じて、世界中の人々が安心・安全で豊かに暮らせる社会の実現をめざし、SDGsの目標達成に貢献してまいります。

本件の貢献項目

関連URL

関連するお知らせ

NECネッツエスアイ、自治体向け「Box」サービスを開始

NECネッツエスアイ、自治体向け「Box」サービスを開始

NECネッツエスアイ、「Zoom Phone」(Nativeモデル)の提供を開始

NECネッツエスアイ、「Zoom Phone」(Nativeモデル)の提供を開始

NECネッツエスアイのLGWAN-ASPサービスにパブリッククラウドサービスを拡充

NECネッツエスアイのLGWAN-ASPサービスにパブリッククラウドサービスを拡充

NECネッツエスアイ、社会実装に向けたローカル5G戦略を発表 ~次年度以降の事業拡大を見据えてターゲット領域に最適な製品群を展開~

NECネッツエスアイ、社会実装に向けたローカル5G戦略を発表 ~次年度以降の事業拡大を見据えてターゲット領域に最適な製品群を展開~

汎用サーバを活用してローカル5G環境を容易に構築できるソフトウェア基地局の提供を開始 ~東京大学産学協創ベンチャー創出プログラムの成果を実用化~

汎用サーバを活用してローカル5G環境を容易に構築できるソフトウェア基地局の提供を開始 ~東京大学産学協創ベンチャー創出プログラムの成果を実用化~

韓国HFR社との業務提携契約および販売店契約締結に合意 ~ローカル5G関連製品の国内独占販売権を獲得~

韓国HFR社との業務提携契約および販売店契約締結に合意 ~ローカル5G関連製品の国内独占販売権を獲得~