NECネッツエスアイ
NECネッツエスアイ

お問い合わせ 資料ダウンロード

NECネッツエスアイ、自治体向け「Box」サービスを開始

NECネッツエスアイ株式会社は、LGWAN-ASPセキュリティ基盤から提供するクラウドサービス第一弾として、本日から「Boxセキュアアクセスサービス for LGWAN」のサービス受付を開始し、10月よりお客さまへの提供を行う予定です。

2022年7月29日
NECネッツエスアイ株式会社

 

 NECネッツエスアイ株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役執行役員社長:牛島祐之、東証:1973 NESIC、以下 NECネッツエスアイ)は、LGWAN-ASPセキュリティ基盤から提供するクラウドサービス第一弾として、本日から「Boxセキュアアクセスサービス for LGWAN」のサービス受付を開始し、10月よりお客さまへの提供を行う予定です。

 

自治体や官公庁では、セキュリティに配慮しインターネットと切り離された閉域ネットワーク(LGWAN)を利用していますが、資料共有の際に煩雑な作業が発生しています。例えば、LGWAN接続系端末とインターネット接続系端末との使い分けや、資料に対する手動でのセキュリティ対策や無害化処理など、自治体職員自らが手を加える必要があります。加えて、必要なセキュリティ対策などは自治体ごとに整備を行い、コストや運用における負担が生じています。

 

本サービスでは、
・Boxのライセンス
・セキュリティ水準を満たし、クラウドサービスを利用できる基盤
・導入支援から運用までのサポート
を一元的に提供し、業務効率化と情報漏洩リスク軽減の両立を実現します。

 

 以下、本サービスの詳細です。

 

 

Boxセキュアアクセスサービス for LGWAN 詳細

 

■特長:
①セキュリティ対策や無害化処理の自動化
J-LIS(注1)に準拠したLGWAN-ASPサービスで、当社のLGWAN-ASPセキュリティ基盤にてセキュリティ対策や無害化処理を自動で行うことで、自治体職員がファイル無害化を意識した操作を行うことが不要となり、作業手間を減らし職員の負担を軽減させます。
②様々なデバイスからのアクセスが可能
LGWAN接続系端末以外にも庁外への持出端末や、外部の事業者が使用している端末など、BoxのURLを知っていればアクセスが可能です。また、専用端末の利用や外部記憶媒体を介した資料の受け渡しがなくなり、紛失のリスクを排除します。
③導入から運用までをトータルサポート(オプション)
自社実践でのノウハウや数多くの導入実績を元に、導入の支援から運用ポリシーの設計、保守・サポートまでをワンストップで対応します。自治体の業務に精通している当社が最適な運用を提案します。

 

■従来の外部ファイル共有との比較

 

■参考価格
・LGWAN-ASPサービス基盤利用料(年間ライセンス)
30,000円(税別)/1ユーザ
※最小ユーザ数は、5ユーザです。
※初期導入費用、Box各種ライセンスは含まれておりません。

 

 

【株式会社Box Japan 代表取締役社長 古市 克典氏コメント】
NECネッツエスアイ株式会社が提供するLGWAN-ASPセキュリティ基盤とBoxとの連携を心より歓迎いたします。
このサービスの提供により、地方公共団体でのクラウド利用が促進され、様々な利用シーンでより安心してBoxを利用できるようになり、職員の働き方改革に寄与して自治体でのDX化が加速することを期待しています。
また、NECネッツエスアイ株式会社が得意とするパブリッククラウドサービスや強固なセキュリティとの連携など、地方公共団体における職員の利便性向上に加えて住民サービス向上に貢献すべく、両社での協業を進めて参ります。

 

 NECネッツエスアイは、事業ブランド「Symphonict」(注2)のもと、お客さまのデジタルシフトを実現し、働き方やまちづくりに関するお客さまの課題解決に努めています。自社実践で培った働き方改革のノウハウを自治体に展開するとともに、各種クラウドサービスの利用状況を分析して得られるデータを活用した新たな価値の創出・提案を通じ、自治体のDX化に貢献し、本サービスを含めたLGWAN-ASPサービス事業関連で2023年度に受注100億円を目指します。

以上

 

注1: 地方公共団体情報システム機構(略称:J-LIS)
注2: Symphonict(シンフォニクト)
「Symphonict」は、自社実践とお客さまとの共創を通じて生み出したデジタルサービスによって働き方やまちづくりを変革し、企業や自治体・社会インフラをはじめとする様々なお客さまの「デジタルシフトによる価値創造・課題解決」を実現するNECネッツエスアイの事業ブランドです。
”symphony(調和)”と”ict(情報通信技術)”を組み合わせた造語である「Symphonict」には、データ、デジタル技術(AI・IoT・5G等)、クラウドの融合によって「新たな価値を創出し、サステナブルな社会の実現を目指す」という当社の思いが込められています。

※ 記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

 

NECネッツエスアイのマテリアリティ

 

当社は、社会の持続的発展への貢献と自社の持続的な成長の実現のために重要な6つの取り組みを
マテリアリティとして特定し、「コミュニケーションで創る包括的で持続可能な社会」の実現を目指しています。

 

関連URL

 

SDGs(持続可能な開発目標)への貢献

 

SDGsとは、「誰一人取り残さない」持続可能で多様性と包摂性のある社会の実現のため、国連で採択された2030年を年限とした17の国際目標です。
NECネッツエスアイグループでは、「コミュニケーションの創出による価値提供」を通じて、世界中の人々が安心・安全で豊かに暮らせる社会の実現をめざし、SDGsの目標達成に貢献してまいります。

 

本件の貢献項目

 

 

関連URL

関連するサービス

クラウドコンテンツマネジメント「Box」

クラウドコンテンツマネジメント「Box」

企業向け容量無制限のクラウドストレージ。検索性向上、セキュリティ向上、ペーパーレス、働き方改革を実現します。

Boxセキュアアクセスサービス for LGWAN

Boxセキュアアクセスサービス for LGWAN

Boxセキュアアクセスサービス for LGWANは、業務端末(LGWAN接続系端末)でBoxを利用することで自治体DX化を推進します。

関連するお知らせ

NECネッツエスアイ、映像AIサービスブランドとして「OWLai(オウライ)」を立ち上げ

NECネッツエスアイ、映像AIサービスブランドとして「OWLai(オウライ)」を立ち上げ

NECネッツエスアイ、「Zoom Phone」(Nativeモデル)の提供を開始

NECネッツエスアイ、「Zoom Phone」(Nativeモデル)の提供を開始

NECネッツエスアイのLGWAN-ASPサービスにパブリッククラウドサービスを拡充

NECネッツエスアイのLGWAN-ASPサービスにパブリッククラウドサービスを拡充

NECネッツエスアイ、社会実装に向けたローカル5G戦略を発表 ~次年度以降の事業拡大を見据えてターゲット領域に最適な製品群を展開~

NECネッツエスアイ、社会実装に向けたローカル5G戦略を発表 ~次年度以降の事業拡大を見据えてターゲット領域に最適な製品群を展開~

汎用サーバを活用してローカル5G環境を容易に構築できるソフトウェア基地局の提供を開始 ~東京大学産学協創ベンチャー創出プログラムの成果を実用化~

汎用サーバを活用してローカル5G環境を容易に構築できるソフトウェア基地局の提供を開始 ~東京大学産学協創ベンチャー創出プログラムの成果を実用化~

韓国HFR社との業務提携契約および販売店契約締結に合意 ~ローカル5G関連製品の国内独占販売権を獲得~

韓国HFR社との業務提携契約および販売店契約締結に合意 ~ローカル5G関連製品の国内独占販売権を獲得~