NECネッツエスアイ
NECネッツエスアイ

お問い合わせ 資料ダウンロード

NECネッツエスアイが、Sansanと共同で自治体向けに営業DXサービス「Sansan」の提供を開始 ~セキュアなネットワーク環境で自治体のDX推進を後押し~

2023年2月7日
NECネッツエスアイ株式会社

 

 NECネッツエスアイ株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役執行役員社長:牛島祐之、東証:1973 NESIC、以下 NECネッツエスアイ)は、Sansan株式会社(以下、Sansan)と共同で、自治体向けにLGWAN-ASPサービス「Sansan セキュアアクセスサービス for LGWAN」の提供を2023年3月より開始します。
本サービスは、J-LIS(注1)の定めたセキュリティ仕様に準拠したネットワークLGWANで活用できるASPサービスであり、テレワークの推進や情報漏えいリスクの軽減を可能にします。
今回NECネッツエスアイとSansanは、共同で自治体向けに「Sansanセキュアアクセスサービス for LGWAN」を提供することで、自治体内での人脈情報の可視化をはじめとしたDX推進や労働生産性の向上、柔軟な働き方の実現を後押しします。

LGWAN-ASPとは

 コロナ禍における働き方の多様化や災害時のBCP対策など、企業のみならず地方公共団体等でもテレワークやDX推進の需要が高まっています。しかし、自治体はインターネットと切り離された閉域ネットワークであるLGWAN(総合行政ネットワーク)を介して業務を行っているため、パブリッククラウドを利用した各種ツールの導入やテレワークが難しいという課題があります。
LGWAN-ASPは、行政事務を効率化する各種クラウドサービスをLGWAN環境下でセキュアに提供することを可能にし、自治体でのIT化の促進や行政事務の効率化、ネットワークへの重複投資の抑制を実現します。

 

当社による自治体のDX実現に向けた取り組み

 NECネッツエスアイは本サービスの提供を通じて、名刺をデジタル化された情報資産に転換するとともに、それらを共有し職員同士のチームワーキングの促進と、自治体・地域事業者間の情報連携の促進に貢献します。また、このたびの取り組みを契機に、DX導入の障壁となる「紙資料」の管理・収納や押印対応などを効率化するクラウドサービスやソリューションを拡充し、自治体のペーパーレス化を加速します。
NECネッツエスアイは、2007年から進めているEmpoweredOffice(注4)による働き方改革の知見、ノウハウを自治体向けに組み直し、自治体の業務革新、生産性向上を推進します。

 

公共機関へのSansan導入

 営業DXサービス「Sansan」は標準搭載された100万件を超える企業情報に、名刺やメール、ウェブフォームから蓄積した接点情報を組み合わせ、ユーザー独自のデータベースを構築できます。これを組織で共有・可視化することで、業務の生産性向上や場所にとらわれない働き方の実現を後押ししています。
Sansanは、経済産業省(注2)や北九州市役所(注3)をはじめ、16の官公庁や自治体に営業DXサービス「Sansan」を提供しています。「Sansan」で組織内の人脈を有効活用することで、DXによる業務の効率化や時間・コストの大幅な削減が実現でき、職員の働き方の変革や生産性向上につながっています。

今後両社は、自治体だけでなくさまざまなお客さまに「Sansan」をはじめとしたDXサービスを提供することで、お客さまの働き方を変え、イノベーションの創発に寄与してまいります。

以上

 

営業DXサービス「Sansan」について

 

営業を強くするデータベース「Sansan」

 Sansanは、これまでにない企業データベースと接点データベースを組み合わせて、さらなるビジネスチャンスを発見できる営業DXサービスです。業種や従業員規模、売上高、役職者情報といった情報を閲覧できる企業データベースを標準搭載し、自社との接点の有無に関わらず、企業に関するさまざまな情報を営業やマーケティングに活用できます。また、名刺交換やメールでの連絡、商談履歴といった顧客との接点から得られる情報を正確にデータ化し、接点データベースに蓄積。受注実績を基に企業データベースと組み合わせて活用することで、すでに接点がある類似企業を見つけることができます。さらに、Sansanに取り込んだデータを外部システムと連携・統合することで、企業ガバナンスの強化といった営業やマーケティング以外の目的でのデータ活用も後押しします。

 

Sansan株式会社 会社概要

 「出会いからイノベーションを生み出す」をミッションとして掲げ、働き方を変えるDXサービスを提供しています。主なサービスとして、営業DXサービス「Sansan」やキャリアプロフィール「Eight」、インボイス管理サービス「Bill One」、契約DXサービス「Contract One」を国内外で提供しています。

設立:2007年6月11日
URL:https://jp.corp-sansan.com
所在地:150-0001 東京都渋谷区神宮前5-52-2 青山オーバルビル13F
資本金:65億11百万円(2022年11月30日時点)
事業内容:働き方を変えるDXサービスの企画・開発・販売
Sansan https://s.sansan.com
Eight https://8card.net
Bill One https://bill-one.com
Contract One https://contract-one.com

 

Sansan セキュアアクセスサービス for LGWANについて

注1:地方公共団体情報システム機構(略称:J-LIS)
https://www.j-lis.go.jp/
注2:Sansan株式会社 事例ページ「経済産業省」(2022年2月時点)
https://jp.sansan.com/case/meti/
注3:Sansan株式会社 事例ページ「北九州市役所」(2019年2月時点)
https://jp.sansan.com/case/kitakyushu/
注4:EmpoweredOffice(エンパワードオフィス)コンセプト
 https://www.nesic.co.jp/solution/empoweredoffice.html

※ 記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

 

 

NECネッツエスアイのマテリアリティ

当社は、社会の持続的発展への貢献と自社の持続的な成長の実現のために重要な6つの取り組みを
マテリアリティとして特定し、「コミュニケーションで創る包括的で持続可能な社会」の実現を目指しています。

関連URL

 

SDGs(持続可能な開発目標)への貢献

SDGsとは、「誰一人取り残さない」持続可能で多様性と包摂性のある社会の実現のため、国連で採択された2030年を年限とした17の国際目標です。
NECネッツエスアイグループでは、「コミュニケーションの創出による価値提供」を通じて、世界中の人々が安心・安全で豊かに暮らせる社会の実現をめざし、SDGsの目標達成に貢献してまいります。

本件の貢献項目

関連URL

関連するお知らせ

NECネッツエスアイ、Zoom Phoneを中心としたお客さまのDXを加速するコミュニケーション基盤の提案を推進

NECネッツエスアイ、Zoom Phoneを中心としたお客さまのDXを加速するコミュニケーション基盤の提案を推進

有事のリアルタイムコミュニケーションを支援する「防災コミュニケーションパッケージ」の提供を開始

有事のリアルタイムコミュニケーションを支援する「防災コミュニケーションパッケージ」の提供を開始

サービスロボットの群管理方式の国内標準化に向けた規格案を策定し、本社ビルにて実証実験を実施
~建物設備とサービスロボットを連携し、ロボットフレンドリーな環境を構築~

サービスロボットの群管理方式の国内標準化に向けた規格案を策定し、本社ビルにて実証実験を実施
~建物設備とサービスロボットを連携し、ロボットフレンドリーな環境を構築~

NECネッツエスアイ「Japan Most Valuable Partner Award」を3年連続で受賞

NECネッツエスアイ「Japan Most Valuable Partner Award」を3年連続で受賞

自動車整備工場向けの支援サービスで三井住友海上と提携
~「アドバンスクラブ」の会員向けに提供を開始~

自動車整備工場向けの支援サービスで三井住友海上と提携
~「アドバンスクラブ」の会員向けに提供を開始~

自治体向けLGWAN-ASPサービスのラインアップを強化し広域共同利用サービスとして本格展開を開始
~Symphonictのマルチクラウド環境を活用して自治体のDX推進に貢献~

自治体向けLGWAN-ASPサービスのラインアップを強化し広域共同利用サービスとして本格展開を開始
~Symphonictのマルチクラウド環境を活用して自治体のDX推進に貢献~