オフィスにかかってくる電話のために、やむを得ず出社してはいませんか?

電話取次自動化サービス

特許出願中
特許出願中
「在宅勤務・テレワークでも、出社時と変わらない働き方をしたい」
「緊急時や出勤出来ないケースを想定して、BCP対策をとっておきたい」
遠隔での業務継続を実施中・ご検討中のお客様、
電話に関して、こんなケースでお悩みではありませんか?

電話番の課題

  • リモートワーク推奨でオフィスにかかってくる電話に対応する人がいない
  • 緊急事態でも、電話のために従業員を出社させなければならない

伝言の課題

  • 出勤するまで伝言の内容を受け取れず対応が遅れる
  • 伝言によってミスコミュニケーションが生じてしまう

不在時の課題

  • シフト勤務のため、お客様対応できる時間が限られている
  • 連絡がつくまで、お客様に何度もかけなおしていただいている
NECネッツエスアイの
『電話取次自動化サービス』なら
お客様を 電話番業務 から 解放 します!
音声案内に従い相手の名前を話していただくことで、AIが個人を識別し相手の電話番号に自動で転送を行うサービスです。
取次業務の自動化によりオフィスの省人化が見込まれ、新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大などの緊急時のBCP対策にも有効です。

サービスの特長

電話に出るためだけの出社が不要に。
オフィスの省人化を実現。

自分宛ての着信が手元の電話に転送されるので、オフィスにかかってきた電話をどこにいても受け取ることが可能に。
オフィスの省人化につながり、リモートワークであっても簡単な取次ぎ対応ができます。

ミスコミュニケーションを削減し、
電話対応をよりスピーディーに。

電話が担当者に直接つながるので、お客様をお待たせすることがなくなります。
伝言も担当者に直接通知されるので、顧客とのコミュニケーションロスを減らします。

不在時・不応答時の着信にも対応が可能。

稼働時間外に着信があった場合、自分の端末に直接伝言が届きます。
シフト勤務・時差出勤であっても、お客様に何度もお電話していただくことはなくなります。

ご利用イメージ

『電話取次自動化サービス』でできること

豊富な取次設定

電話口で相手の名前を発することで、AIが個人を識別し相手の電話番号に自動で転送します。

部門単位での取次

個人ではなく部門や事前に設定したグループ単位での呼び出しも可能です。

クラウドによるご提供

物理的な設備は不要。お客様の電話環境に合わせたサービス提供が可能です。

外線、内線対応

外線内線どちらでも自動取次の導入が可能です。
※外線・内線の取次を自動化する場合は、PBX不在転送連携になります。ボイスワープ連携は外線のみの場合になります。

営業時間外設定

事前に指定したカレンダーに基づき、営業時間外や休業時はコールフローを自動で変更します。

伝言通知

伝言内容をテキスト化し、メール・Slack・Chatworkなどに通知いただけます。

伝言録音

音声ファイルに保存し、リンク先のURLを伝言通知に添付します。

取次自動化フローのイメージ

例)個人への電話をAIで取次自動化する場合

例)伝言・留守電を自動化する場合

価格

初期構築費用(税別)

費用種別 提供価格 提供単位 備考
標準テンプレート初期費用(取次自動化) 80,000円  1契約毎 取次自動化でのレシピサービス機能の初期環境構築費用
標準テンプレート初期費用(伝言自動化) 50,000円  1契約毎 伝言自動化でのレシピサービス機能の初期環境構築費用
フロー初期費用 20,000円  1フロー毎 取次フロー設計・設定費、音声合成登録費用含む
費用種別 提供価格 提供単位
標準テンプレート初期費用(取次自動化) 80,000円 1契約毎
 取次自動化でのレシピサービス機能の初期環境構築費用
標準テンプレート初期費用(伝言自動化) 50,000円 1番号毎
 伝言自動化でのレシピサービス機能の初期環境構築費用
フロー初期費用 20,000円 1フロー毎
 取次フロー設計・設定費、音声合成登録費用含む

月額費用(税別)

※転送通話料は、最初の3ヶ月は月ごとのご精算、4ヶ月目移行は当初3月の利用実績に基づき、固定利用料を定めさせていただきます。
費用種別 提供価格 提供単位 備考
自動化サービス月額基本料金 56,000円  1契約毎 最低1年契約、1年未満での解約は違約金が発生します
フロー利用料 5,300円  1フロー毎 取次対象となる着信番号毎に発生
取次先番号利用料 180円  取引先毎 取次先となる電話番号(個人/部門)の数量に応じて発生
伝言・留守電自動化サービス 360円  1ユーザ毎 伝言・留守電自動化サービス
転送通話料 2,400円  100分毎 取次時にお客様番号へ転送した際の通話料金が100分単位で費用が発生します。(※)
050番号利用料 300円  050番号毎 新規に着信用の050番号を提供する場合は番号毎に発生
営業時間外案内ガイダンス 300円  1フロー毎
月額基本料金 提供価格 提供単位
自動化サービス月額基本料金 56,000円 1契約毎
 最低1年契約、1年未満での解約は違約金が発生します
基本メニュー 提供価格 提供単位
フロー利用料 5,300円 フロー毎
 取次対象となる着信番号毎に発生
取次先番号利用料 180円 取次先毎
 取次先となる電話番号(個人/部門)の数量に応じて発生
伝言・留守電自動化サービス 360円 ユーザ毎
 不応答時に自動で音声をテキスト化し指定のメールアドレスへ通知します
転送通話料 2,400円 100分毎
 取次時にお客様番号へ転送した際の通話料金 100分単位で費用が発生します。(※)
オプションメニュー 提供価格 提供単位
050番号利用料 300円 050番号毎
 新規に着信用の050番号を提供する場合は番号毎に発生
営業時間外案内ガイダンス 300円 1フロー毎
 新規に着信用の050番号を提供する場合は番号毎に発生

料金シミュレーション

※価格は全て税別です。

提供パターン1:取次のみを自動化したい場合

例:部門代表1番号を対象に、30名の社員に取次自動化を使いたい。通話時間は月500分を想定
初期費用:100,000円
~ 内訳 ~
  • 標準テンプレート初期費用(取次自動化):1契約
・・・・・・ 80,000円
  • フロー初期費用:1番号
・・・・・・ 20,000円
月額費用:78,700円
~ 内訳 ~
  • 自動化サービス月額基本料金:1契約
・・・・・・ 56,000円
  • フロー利用料:1番号
・・・・・・ 5,300円
  • 取次先番号利用料:30番号
・・・・・・ (1番号:180円) × 30 = 5,400円
(1番号:180円) × 30 = 5,400円
  • 転送通話料:500分
・・・・・・ (100分1セット:2,400円) × 5 = 12,000円
(100分1セット:2,400円) × 5 = 12,000円

提供パターン2:伝言・留守電のみを自動化したい場合

例:1番号10人を対象に、社員に伝言・留守電自動化を使いたい
初期費用:70,000円
~ 内訳 ~
  • 標準テンプレート初期費用(伝言自動化):1契約
・・・・・・ 50,000円
  • フロー初期費用:1番号
・・・・・・ 20,000円
月額費用:59,600円
~ 内訳 ~
  • 自動化サービス月額基本料金:1契約
・・・・・・ 56,000円
  • 伝言・留守電自動化サービス:10ユーザ
・・・・・・ (1ユーザ:360円) × 10 = 3,600円
(1ユーザ:360円) × 10 = 3,600円

提供パターン3:取次と伝言・留守電両方自動化したい場合

例:部門代表1番号を対象に、30名の社員に取次自動化も留守電サービスも使いたい。通話時間は月500分を想定
初期費用:150,000円
~ 内訳 ~
  • 標準テンプレート初期費用(取次自動化):1契約
・・・・・・ 80,000円
  • 標準テンプレート初期費用(伝言自動化):1契約
・・・・・・ 50,000円
  • フロー初期費用:1番号
・・・・・・ 20,000円
月額費用:89,500円
~ 内訳 ~
  • 自動化サービス月額基本料金:1契約
・・・・・・ 56,000円
  • フロー利用料:1番号
・・・・・・ 5,300円
  • 取次先番号利用料:30番号
・・・・・・ (1番号:180円) × 30 = 5,400円
(1番号:180円) × 30 = 5,400円
  • 転送通話料:500分
・・・・・・ (100分1セット:2,400円) × 5 = 12,000円
(100分1セット:2,400円) × 5 = 12,000円
  • 伝言・留守電自動化サービス:30ユーザ
・・・・・・ (1ユーザ:360円) × 30 = 10,800円
(1ユーザ:360円) × 30 = 10,800円

お問い合わせ