休校などにより「学び」の場が甚大な影響を受けていませんか?

大学向けソリューション

"リアル"と"オンライン"を組み合わせた環境の構築が
今求められています

学生や教職員の安全確保の観点からも、極力外出を避けていた環境が少しづつ変わり 「オンライン講義」だけでは立ち行かなくなっています。 学校教育の現場は今、さらに柔軟な対応が求められています。

こんなことでお困りではありませんか?

せっかく大学に入ったのに、
従来の学生生活が味わえない…

大学はオンライン講義ばかり。
友達を作る機会もないから、課題について
ちょっとした相談もできなくて不安。

教職員の業務負荷が
増大している

急な社会情勢の変化に対応すべく、講義のオンライン化などを進めているが、その結果として教職員の業務負担が増えている。

やっとキャンパスが開いたが、
三密対策にまだまだ不安がある

対面での講義は再開され始めているが、いまだ郊外活動や研究室での活動の中で三密への不安があり、活動が制限されている。

新型コロナウイルスの影響で、学びの提供・研究の継続が困難だった状況から一変して、
今ではオンラインとリアル両方の講義・活動の継続を見直していくことが求められています。

本サイトでは、学生が一か所に集まらなくても講義を実現できる方法や、安心してキャンパスに通っていただくため対策をご紹介しています。

新たな学びの場・学び方の提供

安全確保の観点から学生全員を通学させることは難しく、通常講義と組み合わせて
一部はオンラインが継続する場合もあります。学生がオンラインでも
従来のような学生活動を送るために、大学にも工夫が求められています。
安全確保の観点から学生全員を通学させることは難しく、通常講義と組み合わせて一部はオンラインが継続する場合もあります。
学生がオンラインでも従来のような学生活動を送るために、大学にも工夫が求められています。

お互いの様子をリアルタイムで
気軽に質問できる環境を

通常のオンラインでの講義では先生から学生に対する一方的な通信となり学生の理解度が分かりづらいなどの課題はありませんか?
ZoomとSlidoを組み合わせることで学生からの質問をリアルタイムで受け付けることができ、双方向での活発な講義が行なえます。

これまで変わらないスタイルで
講義や研究発表を実施したい

ZoomRoomsを活用することで別々の教室をつなぎ、みんなが同じ空間にいるような感覚で講義や研究発表が行なえます。 さらに、渡航制限によって制限されている海外の大学との交流にも活用いただけます。

コロナ禍で会えなかった学生の
交流を深めたい

オンライン講義が増えて、学生との交流が薄くなっていませんか?
Zoomを活用することで、学校に行かなくても、履修相談や就活対策などを行うことができます。 また、Slackを導入していただくと、チャット上で学生と教職員が、気軽に交流できるようになります。

教職員の働き方改革

在宅勤務や外出先から業務を行う場合、様々な理由で大学にいかなければならないケースがあります。
どこにいても柔軟に働けるようにすることで、業務負担削減や教職員の人材不足にご支援します。

NGN-VPNセキュア
アクセスサービス

用件通知サービス

E-CatsLibrary

外出先や自宅など、
校外で業務を実施したい

学校外のネットワークが重たかったり、不正アクセスによる学生の個人情報漏洩の心配がありませんか? 安全で高品質なネットワークを導入することで、校内LANを遠隔地へ伸ばしたかのように自然に業務が行えます。

在宅勤務でも学生からの
問い合わせに対応したい

用件通知サービスを導入すると、自動音声で学生の問い合わせをいつでも受け付けることができます。
用件はメールで確認できるので、どこにいても柔軟に対応できます。

図書業務を効率化したい、
施設予約を自動化したい

E-CatsLibraryはこれまで多くの大学図書館で導入頂いた実績からお客様の声を反映し、業務フローをパッケージに取り込むことで、機能強化を図っています。
また昨今の市場ニーズにも対応するため、クラウドサービスでの提供も行っております。

安心・安全なキャンパス

対面講義が再開されると、大学の安全確保や三密対策に不安を感じる学生もいます。
学生に安心してキャンパスを利用いただけけるための対策が、今求められています。

Facelook X1

セミナー型講義でも、
学生同士密集せずに行いたい

セミナー型の講義では、一教室に学生が密集してしまう可能性があります。
そこで、SmoothSpaceを導入し教室を分割し講義を行なうことで、三密を防ぎながらセミナー型の講義の受講が可能になります。また、Mediasiteをご利用いただき、収録した講義のオンデマンドが配信できます。

キャンパス内でどこが混雑して
いるのかを知りたい

大学への通学を制限していてもラウンジや図書館、食堂といった場所では人が密集してしまうという課題が発生しています。 そこで場所・エリアの混雑状況を見える化することで、現地を確認しなくても遠隔地から混雑状況を知ることができます。

ディスカッションで使う資料を
密集しないで共有したい

研究を完成させるためにディスカッションが必要になり、密集してしまうリスクが高まります。
Boxを活用すれば、学生が一か所に集まることなく、資料の共同作成ができるため、オンラインでも対面と変わらない環境が実現できます。

学生の体表温確認や
マスクの着用の徹底をしたい

登校する学生1人1人に対する体表温確認は、大学側の対応者のご負担が増大するほか多くの時間を要します。
Facelook X1なら、設置したタブレットで素早く体表温の確認(*注)やマスクの着用を確認することができます。
*注: 本機は医療機器ではありません。
疾病の診断、治療又は予防、診療目的での 使用は禁止されております。
本機は測定対象の表面温度が設定した温度の範囲外であることをスクリーニングするシステムであり、測定対象がウィルス感染しているかどうかを判断するシステムではありません。
本機で表示する温度は「表面温度分布」 に基づき測定した結果であり、体温計で測定される「体温」とは値が異なります。
体温の正確な測定は体温計等の医療機器を用いて行う必要があります。

お問い合わせフォーム