固定電話への着信を無料で転送する方法はある?おすすめサービスも紹介

無料キャンペーン中のおすすめサービスも紹介

固定電話への着信を無料で転送する方法はある?おすすめサービスも紹介
※ 記事内に使用されている写真・画像はイメージです。実際のプロダクトやサービスで提供される内容とは異なる場合があります。
※本ブログの内容については、記事掲載時点での情報に基づく記載となります。そのため製品に関する内容については、バージョンアップなどにより画像や操作手順等が現行のものと異なる場合がございます。
ボイスワープ®は、NTT東日本・NTT西日本の固定電話・ひかり電話に対する自動着信転送サービスの商標です。

テレワークが浸透している現代、会社の固定電話で行っていた電話対応を削減するため電話転送サービスの需要が高まりつつあります。

会社の固定電話で着信した電話を社外で対応することができる電話転送サービスですが、導入コストが気になりますよね。

そこで今回は、電話転送サービス導入にあたって知っておいてほしいメリット・デメリットや電話転送サービスの利用料金について解説していきます。

おすすめの電話転送サービスも最後に紹介しますので、サービス導入をお考えの方はぜひ参考にしてみてください。

完全無料で利用できる電話転送サービスはない?

完全無料で利用できる電話転送サービスはない?

結論から言うと、完全無料で利用できる電話転送サービスはありません。

会社での着信を社外の社員の携帯へ転送する場合、どうしても転送料金が発生してしまいます。受信した場合の通話料は通常無料(発信者の負担)となるですが、転送を行うことで通話料が発生してしまうという仕組みです。

また、利用中の通信キャリアにてサービスを導入する場合、月額利用料(オプション料)がかかります。

各通信キャリアから展開されているサービスと月額利用料金は以下の通りです。

各通信キャリアのサービスと費用(月額利用料金)

キャリア 電話転送サービス 利用料金
NTT東日本・西日本 自動着信転送サービス「ボイスワープ」 550円(税込)/番号
ソフトバンク 多機能転送サービス 880円(税込)/番号
KDDI光ダイレクト(au) 着信転送サービス 3,300円(税込)/番号

上記の表は各キャリアで展開されているサービスとその利用料金です。

もちろん、このサービスを利用するためにはキャリアで回線契約をしているということが前提。サービスの利用料金=オプション料なので、この他にも回線の月額基本利用料がかかってきます。

電話転送サービスのメリットと課題

電話転送サービスのメリットと課題

電話転送サービスは無料で利用することができません。しかし、コストを負担してまで電話転送サービスを導入する企業は現在増え続けています。

この理由は、サービスを導入するメリットが多くあるからだと考えることができます。

メリット

電話転送サービスを導入するメリットとして以下のようなことを挙げることができます。

  • 電話の取りこぼしを防ぐことができる
  • 取次や保留による顧客へのストレス削減
  • 働く場所に関わらず電話業務が可能
  • 電話番の人件費削減

転送電話サービスを利用することで、外出中やテレワークの場合でも、顧客から会社の固定電話への着信をスマホやiPhoneなど携帯で受けることができるので、電話を取りこぼすリスクが減少します。

また、保留や取次をせず直接担当者の携帯へ着信する転送設定にしておけば、顧客を待たせてしまうこともありません。

課題

課題

しかし、従来の電話転送サービスの導入には以下のような課題も考えられます。

  • コストが増えてしまう
  • 複数人に転送できないため取りこぼす可能性がある
  • 電話をその場で担当者に取り次ぐことができない
  • 個人の番号で折り返すことになってしまう

電話番の人件費を削減できたとしても、電話転送サービスの導入に費用がかかってしまいます。

その他にも以上のような課題が考えられますが、テレワークにおける電話対応の形を最適化するために導入した電話転送サービスのせいで、電話業務が負担になってしまっては元も子もないですよね。

電話転送サービスを選ぶ際は、料金だけでなく転送の方法・種類など機能性についても確認しておく必要があります。

これらの課題を一挙にクリアしながら、月額1万円から利用できる電話転送サービスがあります。NECネッツエスアイの「クラウドコミュニケーションサービス」です。

NECネッツエスアイのクラウドコミュニケーションサービスは料金プランごとに設定された時間までの利用であれば、通話料無料で利用可能

クラウドコミュニケーションサービス

「クラウドコミュニケーションサービス」は、NECネッツエスアイが提供する電話転送サービスです。

クラウドコミュニケーションサービスの機能は電話転送だけではありません。

  • 伝言を自動で受付する伝言テキスト化機能
  • AIが担当者の名前を認識し自動転送する名前取次
  • 担当者が分からない場合は組織全員を呼び出す一斉架電
  • 社員のワークライフバランスを守る営業時間設定

また、クラウドコミュニケーションサービスは、通常の転送サービスと違ってAIが対応することもあって比較的に料金が安めに設定されています。

月額料金1万円から契約でき、通話料も料金プランごとに設定された時間までの利用であれば、無料で利用可能です。

電話転送サービスの導入をお考えの方は、是非お気軽にご相談ください。

記事まとめ

記事まとめ

今回は、電話転送サービス導入にあたってチェックしてほしいポイントや利用料金について簡単に解説しました。

  • 完全無料のサービスはない
  • 回線の月額基本利用料+電話転送サービスの利用料がかかる
  • 働く場所に関わらず電話業務が可能・電話の取りこぼしを防ぐなど、電話転送サービスには様々なメリットがある

また、クラウドコミュニケーションサービスは、月額料金1万円から契約でき、通話料も料金プランごとに設定された時間までの利用であれば、無料で利用可能です。

クラウドコミュニケーションサービス
詳しくはこちら

※Zoom及びZoom名称を含むサービスはZoom Video Communications, Inc.が提供するサービスです。
※記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

symphonict

SymphonictとはNECネッツエスアイが提供する、「共創でお客様のビジネスに新たな価値を提供する」をコンセプトに先端技術やサービスを繋ぎ・束ねることでIT・デジタル変革技術やツール・システムを皆様にお届けするデジタルトランスフォーメーション(DX)サービス。→Symphonictに関してはこちら

※免責事項

本コンテンツは一般的な情報の提供を目的としており、法律的、税務的その他の具体的なアドバイスをするものではありません。個別具体的事案については、必ず弁護士、税理士等の専門家にご相談ください。

本コンテンツの情報は、その情報またはリンク先の情報の正確性、有効性、安全性、合目的性等を
補償したものではありません。

また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。