【アプリ不要】固定電話からスマホ(iPhone/android)へ転送する方法を解説

テレワーク導入を考えている企業や、電話番のために社員を出勤させるのをやめたいという方必見

【アプリ不要】固定電話からスマホ(iPhone/android)へ転送する方法を解説
※ 記事内に使用されている写真・画像はイメージです。実際のプロダクトやサービスで提供される内容とは異なる場合があります。
※本ブログの内容については、記事掲載時点での情報に基づく記載となります。そのため製品に関する内容については、バージョンアップなどにより画像や操作手順等が現行のものと異なる場合がございます。
ボイスワープ®は、NTT東日本・NTT西日本の固定電話・ひかり電話に対する自動着信転送サービスの商標です。

テレワークの普及により、会社やオフィスの固定電話への着信を、iPhoneやandroidなどスマホを含む携帯へ転送する企業が増えてきています。

担当者がどこにいても、本人が直接電話を取ることができるため、顧客からの電話を取りこぼすこともありません。

電話転送には様々な種類があり、現在では携帯にアプリをインストールしなくても携帯へ転送可能なサービスが数多くあります。

今回は、アプリなしで固定電話からスマホへ着信を転送できる方法を紹介していきます。

テレワーク導入を考えている企業や、電話番のために社員を出勤させるのをやめたいという企業の方は是非参考にしてみてくださいね。

外線番号からの着信がスマホなど携帯につながる電話転送機能のメリットとは

外線番号からの着信がスマホなど携帯につながる電話転送機能のメリットとは

まず外線番号からかかってきた会社やオフィスの固定電話への着信を、iPhoneやandroidといったスマホを含む携帯へ転送するメリットとデメリットを紹介していきます。

電話転送サービス導入をお考えの方は是非参考にしてくださいね。

固定電話への着信を携帯に転送するメリットとして以下のようなことが考えられます。

  • 場所を問わずに電話に出られる
  • 取り次ぎ時によくある伝言ミスを防止できる
  • 電話の取りこぼしを防ぐことができる
  • 取次や保留による顧客へのストレスを減らす

固定電話への着信を担当者の携帯へ転送することで、従来電話の取り次ぎ役だった社員や担当者だけでなく、顧客へかかっていたストレスも軽減することができると言えます。

また、担当者へ電話を転送することで、電話の取りこぼしや認識の齟齬、伝え忘れといった伝言ミスも減り、電話業務におけるリスクを回避することができると言えるでしょう。

では、実際に会社の固定電話から携帯に転送するにはどのような方法あるのでしょうか?

【アプリ不要】固定電話への着信を携帯へ転送する方法

【アプリ不要】固定電話への着信を携帯へ転送する方法

アプリをインストールせずに固定電話への着信をiPhoneやandroid携帯へ転送する方法には以下のようなものがあります。

  • 通信キャリアの転送サービスを利用する
  • 転送機能付き電話機を利用する
  • クラウドPBXを利用する

それぞれ紹介していきます。

通信キャリアの転送サービスを利用する

現在、さまざまな通信キャリアがアプリ不要の電話転送サービスを展開しています。サービスを利用する場合は、転送元の番号(会社の固定電話の番号)を契約しているキャリアへ申し込む必要があるので、まずはどこのキャリアで番号を契約しているか確認する必要があります。

NTTやドコモ、ソフトバンク、KDDIなどの代表的なキャリアとキャリア別のサービスは以下の通りです。

キャリア サービス 116での申込 申込電話番号
NTT東日本・西日本 自動着信転送サービス「ボイスワープ」 〇(総合受付窓口)
ソフトバンク 多機能転送サービス 〇(カスタマーセンター)
KDDI光ダイレクト(au) 着信転送サービス × 0077-7007または0120-921-919(法人お客様センター)

サービスを利用する場合はいずれのキャリアも事前申込が必須。申込からサービスの利用開始まで日数を要するキャリアもあるので注意しましょう。

契約先のキャリアがわからない場合、固定電話から「116」の番号にダイヤルすると、契約しているキャリアの相談窓口に繋がります。

またNTT東日本・西日本とソフトバンクについては「116」でそのままサービスの申し込みが可能です。上記の表を参考に窓口で相談してみてください。

転送機能付き電話機を利用する

転送機能付きの電話機を利用して固定電話から携帯へ着信を転送する方法もあります。

また、ビジネスフォンでも転送機能が利用できます。ビジネスフォンでは、構内交換機と呼ばれるPBXという主装置を介して、電話を転送しています。

しかし、PBXの機能を利用するためには会社やオフィスなどの電話端末を使う必要があります。そのため、外出先やテレワークなどでは活用できないという問題点があります。

クラウドPBXを利用する

クラウドPBXは、上記で紹介したPBXをクラウド化することで、インターネット上で通話・通信を行う技術のことです。

インターネットがつながっていればPBX機能を利用できるので、従来のPBXのようにハードウェアを導入する必要がなく、携帯への固定電話転送が実現できます。

アプリ不要のおすすめサービス『クラウドコミュニケーションサービス』

クラウドコミュニケーションサービス

ここまで、アプリをインストールせずに固定電話への着信をiPhoneやandroid携帯へ転送する方法を紹介してきました。

様々な方法がありますが、業務効率を向上し、更に電話業務をスムーズにするため電話転送に以下のようなことを求める方にアプリ不要のおすすめサービスがあります。

  • 直接担当者へ転送できるようにしたい
  • 担当者不明の着信があった際には、複数の端末を呼び出したい
  • 電話に出られなかった場合の、伝言機能がほしい

電話転送に上記のようなことを求める方には、NECネッツエスアイの電話転送サービス「クラウドコミュニケーションサービス」がおすすめです。

そして、クラウドコミュニケーションサービスの機能は電話転送だけではありません。

  • AIが担当者の名前を認識し、担当者へ自動転送
  • 電話に出られなかった場合、AIが伝言をテキスト化
  • 担当者不明の問い合わせは組織全員の番号を一斉呼び出し
  • 営業時間外はAIが電話番を代行

上記にある便利な機能が備わっており、転送における課題を一挙に解決できるのがこのクラウドコミュニケーションサービスです。

携帯に転送できるのに、アプリのインストールも不要。登録方法も簡単です。

また、クラウドコミュニケーションサービスは、月額料金1万円から契約でき、通話料も料金プランごとに設定された時間までの利用であれば、無料で利用可能です。

まとめ

まとめ

今回は、アプリなしで固定電話からスマホへ着信を転送できる方法を紹介しました。

  • 通信キャリアの転送サービスを利用する
  • 転送機能付き電話機を利用する
  • クラウドPBXを利用する
  • クラウドコミュニケーションサービスを利用する

テレワーク導入を考えている企業や、電話番のために社員を出勤させるのをやめたいという企業の方は是非電話転送サービスや転送機能の使用を検討してみてくださいね。

月額料金1万円から契約でき、料金プランごとに設定された時間までの利用であれば、通話料無料で利用可能なNECネッツエスアイの電話転送サービス「クラウドコミュニケーションサービス」についてのお問い合わせもお待ちしております。

クラウドコミュニケーションサービス
詳しくはこちら

【関連記事】合わせて読みたい

※Zoom及びZoom名称を含むサービスはZoom Video Communications, Inc.が提供するサービスです。
※記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

symphonict

SymphonictとはNECネッツエスアイが提供する、「共創でお客様のビジネスに新たな価値を提供する」をコンセプトに先端技術やサービスを繋ぎ・束ねることでIT・デジタル変革技術やツール・システムを皆様にお届けするデジタルトランスフォーメーション(DX)サービス。→Symphonictに関してはこちら

※免責事項

本コンテンツは一般的な情報の提供を目的としており、法律的、税務的その他の具体的なアドバイスをするものではありません。個別具体的事案については、必ず弁護士、税理士等の専門家にご相談ください。

本コンテンツの情報は、その情報またはリンク先の情報の正確性、有効性、安全性、合目的性等を
補償したものではありません。

また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。