ビジネスフォンに内線電話転送ボタンがない場合の取次方法を紹介

ビジネスフォンの使い方や保留機能の便利な活用方法が気になる人必見

ビジネスフォンに内線電話転送ボタンがない場合の取次方法を紹介
※ 記事内に使用されている写真・画像はイメージです。実際のプロダクトやサービスで提供される内容とは異なる場合があります。
※本ブログの内容については、記事掲載時点での情報に基づく記載となります。そのため製品に関する内容については、バージョンアップなどにより画像や操作手順等が現行のものと異なる場合がございます。

ビジネスフォンの中には、保留ボタンの他に、内線電話転送ボタンが搭載されているものがあります。内線電話転送ボタンがあると、よりスムーズに電話を転送できるため非常に便利です。場合によっては、大幅な業務効率化につながることもあるでしょう。

しかし、中には内線電話転送ボタンがない電話機を使用している会社もあります。

本記事では、オフィスの電話に搭載されている内線電話転送ボタンを使用する方法を解説します。記事の後半では、内線電話転送ボタンがない場合の対応方法もあわせて確認しましょう。

ビジネスフォンの機能「内線転送」とは?

ビジネスフォンの機能「内線転送」とは?

そもそもビジネスフォンにおける内装転送機能とは、お客様などからかかってきた外線を内線で別の社員につなぐ仕組みを指します。

専門的な用語で説明すると、基本的にはビジネスフォンの主装置(PBX)で接続されている電話機同士で内線をし、外線をつなぐことを内線転送と呼びます。

内線転送ボタンと保留ボタンとの違いが気になる方がいるかも しれませんが、保留ボタンは電話を受け取ったその電話の外線を切らずにそのままおける機能です。

一方、内線転送機能は、最初に内線を受け取った人がボタンを押した後に通話に出るべき社員に連絡して内線を切ると、外線が担当者にわたるシステムになっています。

内線電話の転送の仕方はボタンがないものとあるもので方法が異なる

内線電話の転送の仕方はボタンがないものとあるもので方法が異なる

内線電話の転送機能の概要を解説しましたが、この章では具体的にビジネスフォンの使用方法を説明します。

内線転送ボタンがある場合とボタンがない場合の対応方法を分けてみていきましょう。

ボタンがある場合の転送の使い方

内線転送ボタンがある場合は、以下の手順で外線を転送しましょう。

  1. 外線通話に出て用件を聞く
  2. 転送ボタンを押す
  3. 電話を転送する社員の内線番号を押す
  4. 外線通話の内容を伝えて受話器を置く

最初に電話を受けた人が受話器を置いた時点で、外線通話が転送先の社員の電話器に飛ぶようになっています。転送ボタンを押すだけで簡単に外線電話を取り次げることが分かるでしょう。

ボタンがない場合の転送操作

一方、ビジネスホンにボタンがない場合は、以下の手順に沿って操作する必要があります。

  1. 外線通話に出て用件を聞く
  2. 保留ボタンを押す
  3. 電話対応をお願いする社員の内線番号を押す
  4. 外線通話の内容を伝え、使用している保留ボタンを教える

電話を転送するボタンがない場合の転送機能の使い方としては、保留ボタンで対応をお願いする社員に一度連絡しなければいけません。慣れてしまえばそこまで面倒に感じないかもしれませんが、事務的な負担は意外に大きいものです。

しかし、転送ボタンがない電話器からある電話器へ変更するためには、ある程度まとまった資金が必要になります。会社としてビジネスを継続するためには、経費管理が重要なのでなかなかボタンがない電話器の変更に踏み切れないケースもめずらしくありません。

こうした場合は、NECネッツエスアイのクラウドコミュニケーションサービスの利用がおすすめです。このサービスを利用すれば、ボタンがないビジネスフォンに外線がかかってきてもAIが自動で社員に取り次いでくれます。

また、社員がどこにいても手元の携帯にオフィス電話が取り次がれる仕組みになっているため、電話の取りこぼし件数も少なくなるでしょう。

まとめ

まとめ

内線電話を介して外線を転送する機能があると、社員の業務効率改善につながりやすいです。しかし、ビジネスフォンにボタンがない場合は、保留ボタンで取次ぎをしなければいけないため少々面倒に感じるケースもめずらしくありません。

こうした場合に利用すると良いのが、NECネッツエスアイのクラウドコミュニケーションサービスです。ボタンがないビジネスフォンを使用していても、AIが自動で対応すべき社員に電話を取り次いでくれます。

転送ボタンがないため、電話取次にお困りの方や、クラウドコミュニケーションサービスの具体的な使い方や通話方法など、詳しく知りたい方はお気軽にご連絡ください。

クラウドコミュニケーションサービス
詳しくはこちら

【関連記事】合わせて読みたい

※Zoom及びZoom名称を含むサービスはZoom Video Communications, Inc.が提供するサービスです。
※記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

symphonict

SymphonictとはNECネッツエスアイが提供する、「共創でお客様のビジネスに新たな価値を提供する」をコンセプトに先端技術やサービスを繋ぎ・束ねることでIT・デジタル変革技術やツール・システムを皆様にお届けするデジタルトランスフォーメーション(DX)サービス。→Symphonictに関してはこちら

※免責事項

本コンテンツは一般的な情報の提供を目的としており、法律的、税務的その他の具体的なアドバイスをするものではありません。個別具体的事案については、必ず弁護士、税理士等の専門家にご相談ください。

本コンテンツの情報は、その情報またはリンク先の情報の正確性、有効性、安全性、合目的性等を
補償したものではありません。

また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。