【保存版】転送サービス申込受付の電話番号・設定方法をキャリア別に紹介

NTTやソフトバンク、ドコモ光、auの電話転送サービス申込み/問合せ窓口の電話番号を紹介

【保存版】転送サービス申込受付の電話番号・設定方法をキャリア別に紹介
※ 記事内に使用されている写真・画像はイメージです。実際のプロダクトやサービスで提供される内容とは異なる場合があります。
※本ブログの内容については、記事掲載時点での情報に基づく記載となります。そのため製品に関する内容については、バージョンアップなどにより画像や操作手順等が現行のものと異なる場合がございます。

テレワーク化が急速に進んでいる現在、会社の固定電話にかかってきた着信を、指定の別回線へ転送する「電話転送サービス」が普及しつつあります。

今回は、NTT(東日本・西日本)やソフトバンク、ドコモ光、auといった代表的な通信キャリアの電話転送サービス申込み/問合せ窓口の電話番号を紹介します。

「電話転送サービスを導入したい」「申込み方法や問い合わせ先の番号がわからなくて困っている」という方は是非参考にしてみてください。

電話転送サービスとは

電話転送サービスとは

電話転送サービスとは、会社やオフィスの固定電話にかかってきた着信を、指定の別回線へ転送するサービスです。通信キャリアが提供するサービスで、複数の転送先番号の設定が可能なものもあります。

昨今は、新型コロナウイルス感染症流行によるテレワーク推進の影響で、電話転送サービスを導入する企業が増加傾向にあります。転送先として、社員の携帯が登録されるケースがほとんどです。

テレワーク下であっても、転送先として社員の携帯電話番号を登録しておけば、会社での取次を行わずに社員が直接、自宅から電話業務を行うことができるので、電話番として社員の誰かが出社する必要もなくなります。

また、発信元が伝えた名前をもとに、AIが担当者に直接電話を転送するサービスもあります。こちらのサービスについては最後にご紹介します。

【キャリア別】転送サービス申込受付/問い合わせ電話番号

【キャリア別】転送サービス申込受付/問い合わせ電話番号

電話転送サービスは転送元の番号が契約しているキャリアでの申し込みとなります。まずは転送元となる固定電話番号をどこのキャリアで契約しているか確認してください。

また、契約先のキャリアがわからない場合、固定電話から「116」にダイヤルすると、契約しているキャリアの相談窓口に繋がります。契約先のキャリアを知りたい場合は、電話転送元としたい固定電話から「116」に発信し、そちらで契約内容を確認しましょう。

NTT(東日本・西日本)やソフトバンク、ドコモ光、auといった代表的な通信キャリアと、キャリア別のサービスは以下リストの通りです。

キャリア サービス
NTT東日本・西日本 ボイスワープ
ソフトバンク 多機能転送サービス
ドコモ光 転送でんわ
au 着信転送

サービスを利用する場合はいずれのキャリアも事前申込が必要です。「すぐにサービスの利用を開始したい」という場合であっても、申込からサービスの利用開始まで日数を要するキャリアもありますので注意してください。

NTT(東日本・西日本)やソフトバンク、ドコモ光、auのサービス申込受付番号とカスタマーセンターの電話番号は以下のとおりです。

NTT東日本・西日本「ボイスワープ」

NTT(東日本・西日本)が提供するボイスワープは、かかってきた電話をあらかじめ設定しておいた電話番号に転送するサービスです。

転送元の電話を呼び出さずに即座に転送する無条件転送と、転送元の電話を一度呼び出して、応答がないときにだけ転送する無応答時転送の設定が可能です。

例えば電話を取る社員が決まっている場合は無応答時転送を選択するなど、自社の業務スタイルに合わせて設定を行うことをおすすめします。

また、契約回線以外の電話からの操作で、転送の開始・停止、転送先の変更を行うこともできます。携帯電話からリモートコントロールを行うこともできますが、その際のアクセス番号は都道府県によって異なるため、この記事では記載しません。携帯電話でのアクセス番号はボイスワープHPからご確認ください。

問合せ元と、サービス申込み窓口・カスタマーセンターの番号は以下のとおりです。

問合せ元 申込/問合せ電話番号
契約回線 0120-116-116
リモートコントロール(固定電話) 東日本:03-6304-4141/西日本:06-6480-6142
カスタマーセンター 116

設定詳細・携帯でのアクセス番号はこち

ソフトバンク「多機能転送サービス」

ソフトバンクの多機能転送サービスは、着信した通話を指定した別の番号に転送するサービスです。

着信転送時の通話料金は、転送元にかかります。

サービスの利用を開始するには、契約回線の電話機から、契約者本人が転送設定を行う必要があります。

また、契約電話回線のみならず、リモートコントロールにて契約回線以外から、サービスの利用開始・解除、変更の操作を行うことができます。 

こちらの多機能転送サービスも、携帯電話からリモートコントロールで設定を行うことができますが、その際のアクセス番号が都道府県によって異なるため、この記事では記載しません。携帯電話でのアクセス番号はソフトバンクHPからご確認ください。

問合せ元 申込/問合せ電話番号
契約回線 142
リモートコントロール(固定電話) 0120-937-142
カスタマーセンター 116

設定詳細・携帯でのアクセス番号はこちら

ドコモ光「転送でんわ」

ドコモ光電話の「転送でんわ」は、固定電話にかかってきた着信をあらかじめ指定した別回線の番号へ転送できるサービスです。

本サービスを利用するには、ドコモ光契約電話番号および追加番号ごとの契約と設定が必要です。

また、カスタマコントロールやリモートコントロールについては、NTT東日本・ NTT西日本が提供する専用番号から行う必要があります。

こちらのサービスも携帯電話からリモートコントロールで転送の開始・停止、転送先の変更の設定を行うことができますが、その際のアクセス番号が都道府県によって異なるため、この記事では記載しません。携帯電話でのアクセス番号は「ドコモ光電話ご利用ガイド」からご確認ください。

問合せ元 申込/問合せ電話番号
契約回線 0120-116-116
リモートコントロール 東日本:03-6304-4141/西日本:06-6480-6142
カスタマーセンター 116

設定詳細はこちら

au「着信転送」

auが提供する「着信転送」は、契約回線に着信があった場合に、あらかじめ設定した転送先に電話を接続するサービスです。

用途により無条件転送・スケジュール転送・話中転送の3つの機能を利用することができます。なお、スケジュール転送の詳細な設定は電話機では行うことができません。My auから設定を行う必要があります。

こちらのサービスも携帯電話からリモートコントロールで設定を行うことがきます。リモートコントロール機能のダイヤル先は「 050-3116-0142 」または「 03-6677-0142 」になります。

問合せ元 申込/問合せ電話番号
ホームプラス電話・auひかり電話 契約回線 142
上記以外 050-3116-0142 ※繋がらない場合は03-6677-0142
カスタマーセンター 0077-7-111 ※繋がらない場合は0120-977-033

設定詳細はこちら

クラウドコミュニケーションサービスならネット申込可能

クラウドコミュニケーションサービス

この記事を監修しているNECネッツエスアイも電話転送サービスを提供しています。

NECネッツエスアイの「クラウドコミュニケーションサービス」はオフィスにかかってくる電話をどこでも受け取ることのできるサービス。こんな課題を抱えている企業におすすめです。

  • 電話に出るためだけに従業員が出社している
  • 場所にとらわれず業務ができる環境を提供したいが、設備投資は抑えたい
  • 生産性を上げるための効率的な働き方を追求したい

クラウドコミュニケーションサービスは、発信元が伝えた名前をもとに、AIが担当者に直接電話を転送することができます。

取次と転送が自動で行われるため、誰かが一度電話をとって取次を行うこともなく、オフィスにいなくても担当者が直接自分宛ての電話を取ることができます。

また、クラウドコミュニケーションサービスは下記リンクに表示されている「お問い合わせ」フォームからお気軽に申込みやお問合せをして頂けます。

サービス導入を検討中の場合であっても、プラン設定・料金のご相談なども承っております。ぜひ一度お問合せください。

番号間違いの無いようご注意を!

番号間違いの無いようご注意を!

今回は、NTT(東日本・西日本)やソフトバンク、ドコモ光、auといった代表的な通信キャリアの電話転送サービス申込み/問合せ窓口の電話番号を紹介しました。番号間違いの内容にご注意ください。

また、NECネッツエスアイが提供する電話転送サービス「クラウドコミュニケーションサービス」はネット申し込みが可能です。

発信元が伝えた名前をもとに、AIが担当者に直接電話を転送することができ、電話を取次ぐ必要がないため、業務効率向上も見込めます。

また、NECネッツエスアイは「クラウドコミュニケーションサービス」のプラン設定・料金のご相談も承っております。お気軽にお問合せください。

クラウドコミュニケーションサービス
詳しくはこちら

※本コンテンツに記載されている会社名、サービス名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

symphonict

SymphonictとはNECネッツエスアイが提供する、「共創でお客様のビジネスに新たな価値を提供する」をコンセプトに先端技術やサービスを繋ぎ・束ねることでIT・デジタル変革技術やツール・システムを皆様にお届けするデジタルトランスフォーメーション(DX)サービス。→Symphonictに関してはこちら

※免責事項

本コンテンツは一般的な情報の提供を目的としており、法律的、税務的その他の具体的なアドバイスをするものではありません。個別具体的事案については、必ず弁護士、税理士等の専門家にご相談ください。

本コンテンツの情報は、その情報またはリンク先の情報の正確性、有効性、安全性、合目的性等を
補償したものではありません。

また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。