NECネッツエスアイの電話転送サービス『クラウドコミュニケーションサービス』の設定方法

電話転送の申込・設定をお考えの方必見。『クラウドコミュニケーションサービス』の申込・設定方法をご紹介!

NECネッツエスアイの電話転送サービス『クラウドコミュニケーションサービス』の設定方法
※ 記事内に使用されている写真・画像はイメージです。実際のプロダクトやサービスで提供される内容とは異なる場合があります。
※本ブログの内容については、記事掲載時点での情報に基づく記載となります。そのため製品に関する内容については、バージョンアップなどにより画像や操作手順等が現行のものと異なる場合がございます。

テレワークを導入する企業が増えているこの時代、会社の固定電話で着信した電話をスマホやiPhoneなどの携帯電話・自宅の固定電話へ転送したいと考えている会社や社員の方、個人事業者の方も多いのではないでしょうか。

また、外出や出張が多い方など、電話対応を出先で行いたいと考えている方もいるでしょう。

そんな方におすすめしたい電話転送サービスが『クラウドコミュニケーションサービス』です。

『クラウドコミュニケーションサービス』なら、電話対応のお悩みを一挙に解決できますし、電話転送のためにかかるコストも抑えられます。

設定も簡単です。

今回は、電話転送サービス『クラウドコミュニケーションサービス』の設定方法を説明していきます。

まずは、クラウドコミュニケーションサービスで設定・利用できる機能について解説していきます。

設定も簡単! NECネッツエスアイの電話転送サービス『クラウドコミュニケーションサービス』とは?

クラウドコミュニケーションサービス
『クラウドコミュニケーションサービス』とは、NECネッツエスアイの電話転送サービス。転送方法は「自動転送」です。

会社や事務所の固定電話に着信した電話を、登録した転送先の電話番号に自動転送します。

設定方法も簡単で、申込後すぐに利用することが出来ます。

クラウドコミュニケーションサービスには転送機能をはじめ、様々な機能があります。

クラウドコミュニケーションサービスの機能の詳細

クラウドコミュニケーションサービスの機能の詳細
クラウドコミュニケーションサービスを導入することで利用できる5つの機能は以下のリストの通り。

  1. 名前取次
  2. 一斉架電
  3. 秘匿発信
  4. 伝言テキスト化
  5. 営業時間設定

それぞれ説明していきます。

名前取次

「名前取次」は、発信者が音声ガイダンスに従って担当者の名前を伝えることで、AIが名前を認識し、担当者へ自動転送する機能です。

取次と転送が同時に自動で行われるため、会社にいなくてもiPhone(アイフォン)、スマホ、携帯、固定電話などで担当者が直接電話を取ることが可能。

担当者や他の社員が電話に出るためだけに出社する必要がなくなりますし、会社としても人件費を削減することができます。

一斉架電

「一斉架電」は、転送元の番号に着信が入ったときに、事前に設定した複数の転送先番号を一斉に呼び出す機能です。

電話の鳴りっぱなしを解消することができます。

また、顧客からの問合せ・相談など担当者不明の着信にも対応可能。電話の取りこぼしを防ぎます。

秘匿発信

出先や自宅から転送された着信元に電話を折り返す、なんてこともあるでしょう。

その際に転送を受け取ったiPhone(アイフォン)、スマホ、携帯、固定電話などの端末で折り返しをすると、端末の番号が相手に表示されてしまうことがあります。

個人の番号が相手に知れてしまうため、プライバシー的に問題がありますし「通話料も個人で負担しなくてはならない」ということになってしまうのは嫌ですよね。

クラウドコミュニケーションサービスの「秘匿発信」機能なら、私有の端末から電話をかけても、事前に設定した番号(サービス利用に辺り発番した050番号になります)を相手に表示することが可能です。

個人の番号を秘匿して発信するので、会社にいなくても業務に関する電話を着信・発信することができます。

伝言テキスト化

転送を受けたけど、その場で電話に出られないということ、ありますよね。

クラウドコミュニケーションサービスの「伝言テキスト化」機能なら、AIが伝言を自動で受付。

AIが伝言をテキスト化して着信者にお知らせします。

営業時間設定

「営業時間設定」機能は、営業時間を設定することで、AIが営業時間外の電話番を代行してくれるというもの。

営業時間を設定することで、営業時間外の電話を取りこぼさずに後追い確認して対応できますし、社員のワークライフバランスもしっかりと守ることができます。

この5つの機能がクラウドコミュニケーションサービスにはあります。

どれも便利で電話対応をスムーズにしてくれます。

電話転送(ボイスワープ)の申込方法、利用開始前に準備すること

電話転送(ボイスワープ)の申込方法、利用開始前に準備すること
次は、クラウドコミュニケーションサービスの電話転送設定のやり方・申込の方法を紹介していきます。

クラウドコミュニケーションサービスは現在3ヶ月間無料トライアルキャンペーンを実施中です。今回は、キャンペーンページからの申し込み方法をご案内します。

申込・契約の方法・やり方

『クラウドコミュニケーションサービス』のキャンペーンページのお問い合わせフォームから申し込みをします。

「問い合わせ種別」から「トライアル希望」を選択し、必須事項を入力、送信するだけでお申込み完了。

その後、NECネッツエスアイオペレータよりお申込み内容の確認のお電話を差し上げます。

確認後にご申告された住所宛に郵送で「申し込み書類」が送付されますので、ご記入・捺印した原本をPDFで返送ください。郵送も可能です。

設定をはじめる前にすること

申込みが完了したら次は転送設定をするための準備をしましょう。

クラウドコミュニケーションサービスを利用する端末に関して、キャリア等の留守番電話サービスの設定解除が必要な場合があります。

解除しなかった場合、留守番電話サービスが応答して取次を受け取れない可能性があるので必ず解除しておきましょう。

また、このクラウドコミュニケーションサービス導入に当たって新たに設備を購入したり、アプリをインストールしたりする必要はありません。

登録・転送設定の方法

登録・転送設定の方法
「申し込み書類」返送後、申告したメールアドレス宛にアカウントのログイン情報が送信されます。

このメールは、メールアドレスを申告した各ユーザ宛に自動で送付されます。

ユーザごとにメール記載のURLからサービスにログインし、グループ・ユーザ・ガイダンスの登録・設定を行います。

以上でクラウドコミュニケーションサービスの設定は完了です。

ログイン・登録が完了したユーザからサービスの利用が開始されます。

まとめ

まとめ
KDDI(au)やソフトバンク、NTTドコモなどの通信キャリアでも電話転送サービスを提供していますが、今回はNECネッツエスアイの電話転送サービス『クラウドコミュニケーションサービス』について解説しました。

現在、クラウドコミュニケーションサービスは3ヶ月間無料トライアルキャンペーン中。ネットよりお気軽にお申込みいただけます。

申込・設定も簡単なクラウドコミュニケーションサービス、3ヶ月間の無料トライアルキャンペーン中に是非お問い合わせください。

クラウドコミュニケーションサービス
キャンペーンページはこちら

※本コンテンツに記載されている会社名、サービス名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

symphonict

SymphonictとはNECネッツエスアイが提供する、「共創でお客様のビジネスに新たな価値を提供する」をコンセプトに先端技術やサービスを繋ぎ・束ねることでIT・デジタル変革技術やツール・システムを皆様にお届けするデジタルトランスフォーメーション(DX)サービス。→Symphonictに関してはこちら

※免責事項

本コンテンツは一般的な情報の提供を目的としており、法律的、税務的その他の具体的なアドバイスをするものではありません。個別具体的事案については、必ず弁護士、税理士等の専門家にご相談ください。

本コンテンツの情報は、その情報またはリンク先の情報の正確性、有効性、安全性、合目的性等を
補償したものではありません。

また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。