食品販売のオンライン接客を成功させるためのポイントと導入事例

食品業界でもオンライン接客を導入する動きが広がりつつある?!

食品販売のオンライン接客を成功させるためのポイントと導入事例
※ 記事内に使用されている写真・画像はイメージです。実際のプロダクトやサービスで提供される内容とは異なる場合があります。
※本ブログの内容については、記事掲載時点での情報に基づく記載となります。そのため製品に関する内容については、バージョンアップなどにより画像や操作手順等が現行のものと異なる場合がございます。

他業界と比較してオンライン接客の導入率が低い食品販売業界ですが、一方ではビデオ型オンライン接客ツールなどの導入で一定の成果をあげている事例も。

この記事では、食品販売業界でも徐々に広がりつつあるオンライン接客の概要と、導入で期待できるメリットについて解説していきます。

食品販売と相性の良いおすすめ接客ツール「LiveCall」の特徴や機能も紹介しているので、食品販売のオンライン化をお考えの企業様はぜひ参考にしてみてください。

食品業界でオンライン接客の利用が拡大している理由

食品業界でオンライン接客の利用が拡大している理由

オンライン接客の導入が注目を集めるようになった背景には、新型コロナウイルスのまん延が挙げられます。

コロナ禍の新しい生活様式として“不要不急の外出自粛”や“非対面・非接触対応の推奨”などが一般的となり、多くの企業が店舗への客足減少や売上低迷の課題を抱えることとなりました。

そんな中でも、例えば食品スーパーなどは生活維持に欠かせない「食のライフライン」であったことから、コロナ禍の影響は比較的少なかったと言えるでしょう。

そのため他業界と比べてオンライン接客の導入が進んでおらず、引き続き店舗の重要性が高いというのが現状です。

一方で、“三密”の回避や利便性向上といった観点からオンライン接客を採用する動きも出ており、大手食品スーパーなどではビデオ通話型オンライン接客の活用が始まっています。

また他業界ではオンライン接客の活用が一般的となっていることから、食品業界においてもオンライン化の傾向は強まっていくと考えられるでしょう。

食品販売業界におけるオンライン接客のメリット・導入事例

食品販売業界におけるオンライン接客のメリット・導入事例

続いて、食品業界の企業がオンライン接客を導入するメリットと、実際にオンライン接客の導入で成果をあげている事例について詳しく見ていきましょう。

オンライン接客ツールを導入するメリット

食品業界でオンライン接客ツールを活用するメリットとして、以下のような点が挙げられます。

成約率・顧客単価の向上

従来の食品販売ECでは、基本的に食品の情報が写真・テキストからしか読み取れず、普段購入しない食品やギフト用の高単価商品などは思うように売上が伸びないというデメリットがありました。

しかしビデオ型オンライン接客ツールを導入すれば、動画で360度から食品をチェックできたり、店舗スタッフに直接質問したりすることが可能となるため、商品のCV率向上が期待できるでしょう。

顧客満足度の向上

ビデオ型オンライン接客ツールの場合、スタッフの顔が見える状態で接客を行える点もメリットの1つです。

特に予約制のマンツーマン接客を採用している店舗では、他の顧客に気を取られる心配がなく、目の前の顧客への接客サービスに集中できるというメリットもあります。

この方法であれば、顧客側も「自分のために時間を使ってくれている」と特別感を抱きやすく、店舗と比較して高い顧客満足度を実現できる可能性も高まるでしょう。

食品販売事業での成功事例

以下はオンライン接客の導入で売上アップや顧客獲得の成果をあげている食品販売店の事例です。

食品カテゴリ 導入内容 成果
菓子販売 ビデオ通話型ツールを用いた商品提案・ギフト提案 ECサイトの成約率向上
調味料販売 総合スーパーでのアバターによる遠隔接客 前年比209%の売上達成
精肉販売 ビデオ通話型ツール・電話によるヒアリング・商品提案 新規顧客獲得・成約率向上
食用バラ販売 ビデオ通話型ツールを用いた商品提案・決済 商圏拡大・顧客単価アップ

このように、多くの食品販売店ではビデオ通話型ツールを用いた接客サービスを導入しています。

ECサイトの情報を補う形で商品提案・ギフト提案などを行えることから、オンライン接客を導入している企業では成約率向上や顧客単価アップなどの成果を出しやすいと言えるでしょう。

各業界で人気No.1!【LiveCall】の機能と使い方

LiveCall

ここからは、食品業界での導入率が高いおすすめツール「LiveCall」の特徴や機能を見ていきましょう。

LiveCallと合わせて導入できる小売DXサービスも紹介しているので、食品販売のDXをお考えの企業様はぜひ最後までチェックしてみてください。

LiveCallの機能・導入方法

LiveCallはBtoC向けに特化したビデオ通話型のオンライン接客ツールです。

直感的に操作できるUIと、用途ごとに使い分けができる便利機能が特徴で、全ての利用ユーザー(顧客・スタッフ・管理者)にとって使いやすい設計となっているのが特徴。

またブランドのロゴやカラーリング設定にも対応しており、ブランドカラーやECサイトのイメージに合わせたデザインが可能です。

LiveCallにはビデオ通話やテキストチャットをはじめ、以下のような機能が搭載されています。

機能 概要
ビデオ通話・音声通話 ブラウザからワンクリックで動画接客を開始。音声のみの通話も利用可能です。
テキストチャット 通話と並行してチャットのやり取りを行うことができます。補足情報の送信に有効。
録音・録画 通話内容の記録が可能です。フィードバックや品質向上に役立ちます。
通話前アンケート 通話開始前に簡易的なアンケートを実施できます。
予約カレンダー スタッフの対応可能枠を示し、予約の受け付けを行います。指名機能なども搭載。
カード決済 クレジットカード決済に対応。通話中の商品購入も可能です。
モニタリング スタッフのログイン状況・通話対応をリアルタイムで確認できます。

小売DXサービスで更なるデジタル化も

NECネッツエスアイでは「小売DX」サービスとして、LiveCallとともに以下の2種類の店舗向けソリューションの提供を行っています。

PictLess センサーによって店舗内外の通行量・滞留を可視化する顧客動態可視化サービス。店舗内の混雑度や動線などを分析することで、商品のレイアウト変更に活用できるのが特徴。
モバイルオーダーサービス LINEと連動し、トーク画面から商品の注文を受け取れるサービス。店頭で並ばずに注文を行えるため、コロナ感染対策の観点からもおすすめ。

コロナ対策を意識した店舗の動線づくりや、食品デリバリーの導入などに役立つサービスです。

またこの他にも、ウェビナーや電子署名といったDX向けツールの導入・運用サポートを展開しているため、食品販売に伴う様々な業務をデジタル化したいという企業様はぜひ一度ご相談ください。

まとめ

まとめ
  • コロナまん延の影響が比較的少なかった食品業界でも、EC強化などの目的でオンライン接客を導入するケースが増えている
  • オンライン接客を導入することで、ECの成約率向上や顧客満足度アップといったメリットが期待できる
  • 食品業界でオンライン接客ツールを導入するなら、高画質・多機能のビデオ型ツール「LiveCall」がおすすめ

食品業界でもオンライン接客の導入が浸透しつつあり、今後もこの動きは加速していくことが予想されます。

NECネッツエスアイが提供するLiveCallは食品業界への導入実績もあるおすすめのツールですので、導入ツールの選定でお悩みの企業様はぜひ一度ご相談ください。

※記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

symphonict

SymphonictとはNECネッツエスアイが提供する、「共創でお客様のビジネスに新たな価値を提供する」をコンセプトに先端技術やサービスを繋ぎ・束ねることでIT・デジタル変革技術やツール・システムを皆様にお届けするデジタルトランスフォーメーション(DX)サービス。→Symphonictに関してはこちら

※免責事項

本コンテンツは一般的な情報の提供を目的としており、法律的、税務的その他の具体的なアドバイスをするものではありません。個別具体的事案については、必ず弁護士、税理士等の専門家にご相談ください。

本コンテンツの情報は、その情報またはリンク先の情報の正確性、有効性、安全性、合目的性等を
補償したものではありません。

また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。