セミナー用ウェビナーツールを探しているならZoomを無料から有料版へ

セミナー用ウェビナーツールを探しているならZoomを無料から有料版へ

※ 記事内に使用されている写真・画像はイメージです。実際のプロダクトやサービスで提供される内容とは異なる場合があります。

全世界100万以上の会社や団体に導入されているZoom。

そのZoomの中でも最近特に注目されているツール「Zoom ウェビナー」について今回はお話します。

無料でも豊富な機能を使われることでファンも多いWebミーティングツールZoomですが、実はWebセミナーやオンラインサロン開催時にウェビナーツールとして使うのであれば不十分。

ZoomをWebセミナーやオンラインサロンに使うのであれば無料ライセンスではなく有料ライセンスにする必要があります。

「無料版ではできないの?」そう考える方もいらっしゃると思いますが、Webセミナーやオンラインサロンであれば有料であるZoomウェビナーを使うべきです。

なぜ有料でも使うべきか?それは本文をお読み頂ければお分かりになるかと思います。まずはZoomについての基本知識、Zoom無料ライセンスと有料版ライセンスの違いを解説していきますので、最後まで読んでみてください。

Zoomウェビナーとは

Zoomウェビナーとは、数あるライセンスの中でもインターネット上でWebセミナーやオンラインサロンを行う人向けZoomのサービス。

その高品質、高圧縮のデータ通信でのWeb会議ツールとして非常に評価も高く、世界中100万以上の会社や団体で使われているZoomですが、Zoomウェビナーも非常に性能が高く、料金面でもコストパフォーマンスが高くおすすめです。

Zoomミーティングとウェビナーの違い

Web会議やオンラインミーティングを行うライセンスをZoom ミーティング、Webセミナーやオンラインサロンに特化したライセンスをZoom ウェビナーとされていますが、違いをまず説明しましょう。

ツールとしての違いをそれぞれ比較してみました。

Zoom ミーティング Zoom ウェビナー
用途 Web会議や社内ディスカッション Webセミナーやオンラインサロン
画面共有 可能 可能
ビデオ共有 可能(全参加者) ホストとパネリストのみ可能
視聴のみの参加 なし 可能
参加人数 無料では最大100人、有料プランで最大500人 契約ライセンスにより異なる。最大100人〜10,000人
参加者一覧 全参加者が閲覧可能 ホストとパネリストのみ閲覧可能
チャット機能 可能 可能
Q&A なし 可能
ライブ配信 Facebookのみ Facebook、YouTube、Facebook他
字幕 可能 可能
録画 可能 可能

このようにZoom ミーティングとZoom ウェビナーのツールとしての違いはビデオ共有の可能、不可能、また視聴のみの参加ができるか、Q&A機能があるかどうかが大きな違いです。

またセミナーやオンラインサロンをライブ配信する時の提携先がウェビナーの方が格段に多いです。

ちなみにビデオ共有とはZoomに参加している人同士で共通のビデオを閲覧する機能のこと。

ウェビナーはホストとパネラーが進行をしていくので、ホストとパネラーのみが使用することができます。

またQ&A機能とはウェビナーにだけある機能で、Webセミナーやオンラインサロンに参加している人にアンケートをとったり、チャットによる双方向コミュニケーションをとることができる機能のことです。

これらを考慮するとWebセミナーやオンラインサロンの配信を考えられている方はウェビナーの方が機能としては最適化されているのでおすすめと言えるでしょう。

Zoomの無料版と有料版ライセンスの違いや特徴

Zoomの料金体系は無料版の他にプロ、ビジネス、エンタープライズとライセンスが用意されており、それにウェビナーのツール機能をオプションでつけるような形をとっています。

つまりZoomウェビナーのツール機能を使うということはZoom有料ライセンスを契約しなくてはいけません。

Zoomの有料プランがプロ、ビジネス、エンタープライズとどのプランが最適なのか詳しく知りたい方はページ下部のバナーから問い合わせください。担当者が最適なプランや料金をご案内します。

ではZoomの無料版と有料版ライセンスの違いとは一体どのようなものがあるのでしょうか。

プランによって細かい機能の差はたくさんあるのですが、ここでは割愛して大きな違いのみを解説します。

その違いとは

  • 3人以上の利用時、40分の時間制限がある
  • 録画の際に有料版ライセンスはクラウド保存できる
  • 利用状況や会議の開催状況を管理できる
  • 他ビジネスツールと連携可能になる

この4つがZoomの無料版ライセンスと有料版ライセンスの大きな違い。

そして肝心のWebセミナーやオンラインサロンにおすすめのZoom ウェビナーも有料プランでのみ利用できます。

Zoomは無料で利用できるというイメージも強いですが、Webセミナーやオンラインサロンでウェビナーツールとして使うのであれば無料プランはおすすめできません。

次の項目ではその理由を解説します。

Webセミナーやオンラインサロンで無料ではなく有料版Zoomウェビナーを使うべき理由

WebセミナーやオンラインサロンにZoomを使うとして無料版ライセンスだと使えないこともないですが、あなたのブランディングや信頼を損ねる可能性があります。

無料版Zoomでは40分の配信時間制限がある

なぜならばZoomは無料版ライセンスだと3人以上の利用の際には40分までしか使うことができません。

もちろんWebセミナーやオンラインサロンであればホストやパネラーの他に多数の参加者がいるのは当たり前。

そうなると「40分で時間が来たから」と終了では話になりません。

Webセミナーやオンラインサロンを行うのであれば製品やサービス、または情報を顧客に紹介するということになります。

それらの人々があなたの製品やサービス、情報を”欲しい”と感じるのには商品そのものの価値の他に、伝え手(ホストや講師、パネラー)の信頼性やブランド力が備わっていることが必要。

そういった意味では40分以上の利用を安心してできるというのは非常に大事なことと言えるでしょう。

録画したセミナー内容をオンラインで公開、共有しよう

Zoomの有料プランの特徴であるレコーディングのクラウド保存。

無料版ライセンスのZoomでも録画は可能ですが、保存先はローカル保存のみ(使用しているPCやiPhoneなどのスマホやタブレット本体に保存)。

Webセミナーやオンラインサロンを行う際には録画して編集後、コンテンツとして公開したり、その時間に参加できなかった方へ共有するなどの使い方が考えられます。

有料版であればクラウドに保存できるので、保存先のURLを共有するだけでこれらステップが完了します。

参加者のレポートを分析して次回配信に活かす

無料版にない機能としてレポート作成機能があります。

これは登録者、出席者、アンケートへの返答率、出席者のエンゲージメントなどをレポートで作成してくれる機能。

これらのデータは次回のWebセミナーやオンラインサロン開催時に非常に役立ちます。

HubspotやZapierと連携して複合的なマーケティングアプローチを

Zoom ウェビナーと各種ビジネスツールを連携させることが可能です。

例えばHubspotと連携させれば参加・不参加のデータ実績や動画をどこまで試聴したかのデータを得ることができます。

Zapierと連携すればWebセミナーやオンラインサロンが終了した際に商品やサービスの購入先の案内や支払い方法の提示(Paypalやクレジットカード決済など)を行うことも可能です。

記事まとめ

いかがだったでしょうか、今回はZoom ウェビナーをご紹介するとともに、無料版ライセンスから有料版へ切り替える必要性を解説しました。

また有料版へ変えてでもウェビナー利用がおすすめな訳もお話してきました。

実際に多くの人が使われているには人気のZoom ウェビナー。ツールとして機能も優れていますが、その安定した通信品質には初めてZoom ウェビナーを使われる方は驚かれると思います。

ぜひ一度試してみてください。

※本コンテンツに記載されている会社名、サービス名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

symphonict

SymphonictとはNECネッツエスアイが提供する、「共創でお客様のビジネスに新たな価値を提供する」をコンセプトに先端技術やサービスを繋ぎ・束ねることでIT・デジタル変革技術やツール・システムを皆様にお届けするデジタルトランスフォーメーション(DX)サービス。→Symphonictに関してはこちら

※免責事項

本コンテンツは一般的な情報の提供を目的としており、法律的、税務的その他の具体的なアドバイスをするものではありません。個別具体的事案については、必ず弁護士、税理士等の専門家にご相談ください。

本コンテンツの情報は、その情報またはリンク先の情報の正確性、有効性、安全性、合目的性等を
補償したものではありません。

また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。


コメントを残す