NECネッツエスアイ
NECネッツエスアイ

お問い合わせ 資料ダウンロード
2020/03/02

送電設備の保守業務の効率化を目指して。『ELTRES™』を活用し、送電設備の無人監視実証実験を開始

CLIENT

東北電力株式会社/株式会社サンコーシヤ

株式会社サンコーシヤ(以下、サンコーシヤ様)、東北電力株式会社(以下、東北電力様)と共同で、『ELTRES™(エルトレス)』を活用した送電設備の監視に係わる実証試験を宮城県内で開始。
山間部における送電設備の保守業務の効率化や事故の早期発見への効果に期待が持たれています。

設備監視が抱える様々な課題

東北電力様では、送電鉄塔に設置している航空障害灯の点灯状況や落雷等による故障区間標定装置※1の動作状況を現場パトロールによる目視にて確認していますが、送電設備は広い範囲に数多く設置されているため、特に山間部や遠方にある送電設備の場合、現地までの移動に時間を要している状況であり、安全面や業務の効率化といった観点からさまざまな対策を検討していました。

※1「故障区間標定装置」とは、送電線路において地絡事故等が発生した場所を特定するための装置であり、一定区間の鉄塔に設置されている。不具合区間を特定させることにより巡視などの効率化を図ることができる。

業務効率化や事故の早期発見、従業員の安全面など、幅広い効果に期待

Symphonictは長距離通信に適した通信ネットワーク『ELTRES™』をご提案。
山間部や遠方の設備の場合でも、現地の鉄塔に設置した通信端末から遠隔でデータを取得することで、事務所にいながら送電設備の状況を確認することが可能となり、送電線路事故時の故障個所の早期発見に役立つなど、業務の効率化が期待されています。

Symphonictの得意領域である「通信」技術を活用し、
業務効率化を目指す
Symphonictの
得意領域である
「通信」技術を活用し、
業務効率化を目指す

IoTに適した次世代ネットワーク『ELTRES™』で長距離伝送を可能に

『ELTRES™』とは、長距離のデータ通信や低消費電力といった特徴を持つ通信ネットワークであるLPWA(省電力広域無線通信技術)の1つです。
今回の実証試験では、ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が提供する『ELTRES™ IoTネットワークサービス※2』を活用し、東北電力が所有する送電設備の監視において、『ELTRES™』の通信端末と受信局間のデータ送受信状況の確認や実環境での耐久性等を確認し、東北・新潟エリア全体への導入可否を検証することとしております。

※2「ELTRES™ IoTネットワークサービス」は、ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が提供するサービスであり、NECネッツエスアイ株式会社もライセンスを取得しております。

実証実験イメージ実証実験イメージ

くらしの安全・安心に関連するサービス

冠水検知サービス

冠水検知サービス

広範囲の冠水注意箇所を地図上で一括管理し、冠水を検知すると速やかに通知。初動対応の迅速化をサポートします。

踏切道内見える化サービス

踏切道内見える化サービス

踏切道内での車、人の滞留をAIカメラで監視し、踏切道内の危険を見える化。安全性を向上させます。

わな動作通知サービス

わな動作通知サービス

罠の稼働や檻の開閉を検知すると、メールで自動通知。山への見回りの負荷を軽減します。