<重要>「Zoom 5.0」リリースに伴うZoomアプリケーション更新のお願い

  • HOME
  • <重要>「Zoom 5.0」リリースに伴うZoomアプリケーション更新のお願い

「Zoom 5.0」リリースに伴う Zoomアプリケーション更新のお願い

お客様各位
2020年5月7日
NECネッツエスアイ株式会社
平素格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
また共創ワークソリューション Zoomをご利用頂き、誠にありがとうございます。

3月末~4月初頭にかけて報じられた、Zoomのセキュリティに関する様々な指摘を受け、米Zoom Video Communications, Inc.(以降Zoom社)は、4月1日に90日間のセキュリティ強化プログラムを発表し、4月だけで4度ものバージョンアップを行うなど、急速に改善が行われて参りました。

そして去る4月27日、「Zoom 5.0」へのメジャーバージョンアップがZoom社より発表されました。

このZoom 5.0には、データセンターのリージョン指定機能 など弊社既報の様々なセキュリティ強化機能を集約しただけでなく、端末間の暗号化アルゴリズムを従来の「AES-256 ECB」から最新の「AES-256 GCM」にアップデートする、という追加の強化が含まれており、お客様にZoomをより安心・安全にご利用頂けるようになります。

但しこの強化に伴い、お客様にてご利用中のZoomアプリケーションの「バージョン5.0.0以上」への更新が必須となり、アプリの更新を行わずに下記期日を過ぎた場合、暗号化方式の違いにより、バージョン5.0.0未満の端末アプリケーションでは全てのZoomミーティングの主催・参加ができなくなります。

つきましては大変急なお願いとなり恐縮ですが、セキュリティ強化の趣旨をご理解頂き、お客様各位にはZoom5.0への移行をお願いしたく、【2020年5月30日(土)】までにご利用中の端末のZoomアプリケーションを、最新版に更新願います。

対象となるZoomアプリケーション

  • Zoom ミーティングクライアントアプリケーション(ミーティング用Zoomクライアント・Zoomモバイルアプリ)
  • Zoom Roomsアプリケーション
  • Zoom Roomsコントローラーアプリケーション

更新が必要なアプリケーションのバージョン

5.0.0未満の全てのバージョン

対応期限

2020年5月30日(土)まで
  • 米国との時差により若干のタイムラグが発生します。詳細が判明次第、弊社サイトにてお知らせします。
  • 4月27日~5月30日の期間については、5.0.0未満と5.0.0以上のアプリを並行(混在)して利用可能です。

留意事項

下図の通り、ZoomRoomsコントローラーアプリについては対応期限が異なります。

本件に関するFAQ(ご質問回答集)

下記ページに掲載しておりますので、ご確認ください。

Zoomアプリケーションのバージョン確認方法

■例)Windowsの場合
  • バージョンが 5.0.0 未満の場合は、「アップデートを確認」から更新が可能です。また、アプリ立上げの際に最新版への更新を促すポップアップが表示されます。
  • バージョンが4.6.9未満の場合は、脆弱性対応のために即時バージョンアップをお願いします。
【ZoomのiOS及びWindowsクライアントにおける脆弱性問題の対応について】
https://symphonict.nesic.co.jp/zoom/notification-001/
■例)iOS(iPhone)の場合
  • バージョンが 5.0.0 未満の場合は、「アップデートを確認」から更新が可能です。また、アプリ立上げの際に最新版への更新を促すポップアップが表示されます。
  • バージョンが4.6.9未満の場合は、脆弱性対応のために即時バージョンアップをお願いします。
【ZoomのiOS及びWindowsクライアントにおける脆弱性問題の対応について】
https://symphonict.nesic.co.jp/zoom/notification-001/
■例)Zoom Roomsの場合
Zoom Webサイトに管理者権限でサインインし、ダッシュボード機能※から「Zoom Room」をクリックします。
「バージョン」項のプルダウンで「バージョン情報詳細表示」を選択すると、Zoom Roomsアプリケーション及びZoom Roomsコントローラーアプリケーションのバージョンが表示されます。
もしバージョンの項目が表示されていない場合は、[カスタム化]をクリックして「バージョン」にチェックを入れてください。
  • バージョンアップについて
  • Zoom Roomsアプリケーションについては、管理者メニューの「ルーム管理」⇒「Zoom Rooms」にて、端末毎に遠隔でバージョンアップが可能です。
  • Zoom Roomsコントローラーアプリケーションについては、お使いのMDM(モバイルデバイス管理)ツール、もしくはコントローラー端末本体のアプリストアにて更新をお願いします。
  • Zoom Rooms for Touch(タッチディスプレイでRoomsを構成)している場合は、Rooms端末本体のバージョンのみ表示されます。
  • ダッシュボード機能は、Zoomのご契約プラン「ビジネス」以上で利用頂けます。「プロ」プランをご契約の場合は、管理者メニューの「ルーム管理」⇒「Zoom Rooms」よりご確認ください。
弊社は今後も Zoom Video Communications, Inc 及び、その日本法人である ZVC Japan と連携し、より安全で快適なサービスをご提供できるよう努めてまいります。