固定電話から携帯への転送にはどんなやり方がある? おすすめサービスも紹介

会社の固定電話へかかってくる取引先などからの電話を自宅の電話や携帯へ転送する方法とは

※ 記事内に使用されている写真・画像はイメージです。実際のプロダクトやサービスで提供される内容とは異なる場合があります。
※本ブログの内容については、記事掲載時点での情報に基づく記載となります。そのため製品に関する内容については、バージョンアップなどにより画像や操作手順等が現行のものと異なる場合がございます。

在宅勤務中でも、会社の固定電話へ取引先などから電話がかかってくること、もちろんありますよね。

「ビジネスに関する大事な電話だったのに、数日後に気付いた」「取り次ぎが上手くいかなかったため、トラブルが発生した」など、電話に出られなかったことが重大なミスに繋がってしまうこともあります。

そこで、在宅ワーカーの方におすすめしたいのが、会社の固定電話での着信をスマホやiPhoneといった携帯電話に転送し、受電できる電話転送(ボイスワープ)機能。

これ、実は様々なやり方があるんです。どのようなやり方があるか、知っていますか?

今回は、電話転送(ボイスワープ)のやり方から、おすすめのサービス、その方法・やり方を紹介します。

電話業務やテレワークでの電話取次にお困りの方は必見です。

電話転送(ボイスワープ)とは?

電話転送サービスとは、会社や事務所などの固定電話にかかってきた電話を、自宅など指定の固定電話やアイフォン・スマホなどの携帯に転送するサービスのこと。

通信回線網を自社で設置、運用し、独自に通信サービスを提供する電気通信事業者、いわゆるキャリアが提供するサービスが主流となっています。

通信キャリアでは、NTTドコモやKDDI(au)、ソフトバンクなどが有名です。

NTTドコモやKDDI(au)、ソフトバンクサービスを見ていきましょう。

NTT・KDDI(au)・ソフトバンクのサービスリスト

NTTボイスワープ・ひかり電話ボイスワープ
KDDI(au)着信転送サービス
ソフトバンク多機能転送サービス
NTTコミュニケーションズ自動着信転送サービス

これらのサービスを活用することで、電話をiPhoneなどの携帯で着信することができます。

また電話転送は、様々なビジネスシーンに対応できるよう大きく分けて3つのやり方に分かれています。

やり方は大きく分けて3つ

転送設定には「自動転送」と「応答後転送」の2つがあり、自動転送には「無条件転送」と「無応答時転送」の2種類があります。

つまり「無条件転送」と「無応答時転送」の2つと、「応答後転送」の3つがメインのやり方です。

それぞれ簡単に紹介していきます。

自動転送「無条件転送」と「無応答時転送」について

無条件転送とは会社や事務所の固定電話に着信した電話を、登録してある携帯番号や、固定電話に直接転送することです。

無応答時転送とは、一旦固定電話を呼び出したのちに、電話に出ない場合に登録した番号へ転送する機能のことを言います。

「応答後転送」とは?

応答後転送とは、固定電話で受信したあとで、手動で操作してiPhone等の携帯へ転送するやり方。

この3つの方法・やり方がメインではありますが、テレワークを推奨している会社では、固定電話から私有の携帯・iPhoneに転送するやり方が多いですよね。

そのような場合、実は通話料の負担が大きくなってしまう可能性があります。

いくら便利であっても、抑えられるコストは抑えたいですよね。

このように、高い通信料を払ってキャリアの機能を使わなくとも電話を転送できる電話機があります。

会社でよく使われるボイスワープ機能付きの受話器、ビジネスフォンです。

機能付き電話機・ビジネスフォンの転送方法・やり方は?

会社で使われている転送機能付き電話機は「ビジネスフォン」というもの。

ビジネスフォンの転送には、社内での着信を取り次ぐ内線転送と会社外で受電できるようにする外線転送の2つのやり方があります。

このビジネスフォンは、PBX(回線切替機)と複数の端末機で構成されています。

電話を受電して受話器を取った人が保留をして、社内にいる担当者へ、内線で電話を取次・転送することはよくありますよね。このやり方は「内線転送」といいます。

対して、会社の固定電話に着信した電話を社外の固定電話や携帯に転送するやり方が「外線転送」です。

この外線転送のやり方は、あらかじめ転送の設定をした「携帯電話」へ会社の代表電話番号にかかってきた着信を転送するというもの。

ビジネスフォンのやり方ならどこにいても着信できるの?

「ビジネスフォンのこの外線転送のやり方なら、テレワークでも問題ない!」と一瞬思ってしまいますが、会社にいる社員が電話を受電し、担当者の携帯へ転送する必要があるので、誰か一人は必ず出社しないといけません。

また、ビジネスフォンで自動転送をした場合であっても通話料の問題が懸念されます。

「コストを抑えてボイスワープ機能を利用したい」「これらのほかに何かやり方はないか」とお考えの方におすすめの電話転送サービスが『クラウドコミュニケーションサービス』。

クラウドコミュニケーションサービスの転送方法は、ビジネスフォンの無条件転送(転送元の固定電話に着信した電話を、登録してある携帯番号や、固定電話に直接転送する)のようなやり方。

クラウドコミュニケーションサービスの電話転送のやり方や、気になる料金についても解説していきます。

クラウドコミュニケーションサービスなら自動転送、コストも削減できる!

『クラウドコミュニケーションサービス』は、NECネッツエスアイの電話転送機能。自動転送ができ、コストも削減できます。

クラウドコミュニケーションサービスの電話転送のやり方について説明します。

クラウドコミュニケーションサービスの転送のやり方

例えば、顧客がある会社の固定電話へ架電する際、その顧客は音声ガイダンスに従って担当者の名前を伝えます。

するとAIが担当者の名前を識別し、担当者へ着信を自動転送する、というやり方です。

クラウドコミュニケーションサービスのこのやり方には、以下のようなメリットがあります。

  • 社員(担当者)は会社にいなくても自分宛ての電話を受電することが出来る
  • 取次がスピーディーに行えるため、電話をかける側にもストレスを与えない
  • クラウドコミュニケーションサービスを導入する企業側としても、電話番で社員を出社させる必要がなくなるため、人件費を削減することが可能

また、担当者がその場で応答できない場合には、メールやビジネスチャットツールと連携させておけば、録音データ、そしてAIによる文字起こしデータとして伝言の確認が可能なんです!

このようなやり方で伝言を残しておけば、「ビジネスに関する大事な電話だったのに、数日後に気付いた」「取り次ぎが上手くいかなかったため、トラブルが発生した」などという電話の取次に関するミスを防ぐことが出来ますよね。

利用開始から3か月無料?!気になる料金について

クラウドコミュニケーションサービスは現在、2021年7月5日(月)~2021年9月30日(木)の期間限定で、利用開始から3ヶ月間無料の「無料お試しパック」を用意しています。

3ヶ月間、毎月の基本料・ユーザー利用料はすべて無料で、毎月の通話時間も1,800分まで無料です。

新しい設備を用意することなく電話取次・コストの悩みをいますぐ解消することが出来るので、おすすめです。

月額料金単価数量金額
基本料金10,000円/月(3ヶ月間)
→0円
1契約 (~40名まで)無料
ユーザーライセンス
(Standardプラン)
980円/人/月額
→0円
40名無料

※無料通話時間(月々/Standardプラン):400分(40人×10分)今なら1800分まで無料!!

※時間超過分は月額通話料が発生します。2,640円/100分毎(税込)

さらにこの期間中に正式契約で初年度の基本料金が12ヶ月間無料になる特典もあるんです。

是非この機会にお試しください。

3ヶ月無料トライアルキャンペーンページはこちら

まとめ

今回は電話転送の種類、それぞれの方法・やり方から、クラウドコミュニケーションサービスの電話転送のやり方・料金を紹介しました。

なにかと電話業務が不便なこのテレワーク時代、業務の効率化や会社の経費削減のためにクラウドコミュニケーションサービスを是非導入してみてはいかがでしょうか。

お気軽にお問い合わせください。

※本コンテンツに記載されている会社名、サービス名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

symphonict

SymphonictとはNECネッツエスアイが提供する、「共創でお客様のビジネスに新たな価値を提供する」をコンセプトに先端技術やサービスを繋ぎ・束ねることでIT・デジタル変革技術やツール・システムを皆様にお届けするデジタルトランスフォーメーション(DX)サービス。→Symphonictに関してはこちら

※免責事項

本コンテンツは一般的な情報の提供を目的としており、法律的、税務的その他の具体的なアドバイスをするものではありません。個別具体的事案については、必ず弁護士、税理士等の専門家にご相談ください。

本コンテンツの情報は、その情報またはリンク先の情報の正確性、有効性、安全性、合目的性等を
補償したものではありません。

また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。