Zoomの各種機能のご紹介

スムーズにビデオ会議をご利用頂くために、Zoomでは数多くの機能が洗練されたシンプルなUIに集約されています。
本ページではその多彩な機能についてご紹介します。

Zoomサービスの主な機能

ミーティング(会議)

双方向ビデオミーティング

1つの会議に標準で300端末が参加可能(ビジネスライセンスの場合)。 オプションで最大1,000端末まで拡張可能。

録画(ローカル/クラウド)

開催者画面、参加者画面の録画/会話の録音。クラウド録画では、そのまま他者にストリーミングで共有。

資料共有

資料、ビデオクリップ、音声などどんなコンテンツファイルも共有。 共有した画面への書き込みおよび保存(開催者のみ)。

同時画面共有

PCのデスクトップ画面をそのまま参加者全員に共有。端末の操作権を出席者に渡すことで、リモートサポート等の用途にも。

ホワイトボード

ホワイトボードのへの書き込み、参加者全員で共有。タッチディスプレイでも構成可能。

Breakout Room

大人数のミーティングを簡単な操作で自動的に少数グループへ分割。

音声コールイン

電話による音声のみでミーティングへ参加。

インスタントメッセージ

連絡先

管理機能

プレゼンス/IM

在席状態の確認およびチャットによるコミュニケーション。

連絡先一覧

参加予定者やRooms端末を検索し、複数人を同時に招待。

ダッシュボード機能

管理者にて、アカウント内の会議開催数や利用頻度の高い上位ユーザー等、全体情報を把握。

会議通信状態ログ機能

管理者にて、過去や現在の一つの会議、一人の参加端末までフォーカスし、パケットロスなどの通信状態を1分単位で把握。

インスタントメッセージ

プレゼンス/IM

在席状態の確認およびチャットによるコミュニケーション。

連絡先

連絡先一覧

参加予定者やRooms端末を検索し、複数人を同時に招待。

管理機能

ダッシュボード機能

管理者にて、アカウント内の会議開催数や利用頻度の高い上位ユーザー等、全体情報を把握。

会議通信状態ログ機能

管理者にて、過去や現在の一つの会議、一人の参加端末までフォーカスし、パケットロスなどの通信状態を1分単位で把握。
Zoom が提供するセキュリティ機能
Zoomはクラウドサービスでありながら、ユーザーが求める様々なセキュリティ機能を標準装備しておりますので、「クラウドサービスは情報漏洩や認証、ユーザー情報の管理などのセキュリティが不安」というお客様にも、安心してご利用頂けます。

会議開催

  • ランダムな会議ID発行
  • 会議参加時のパスワード設定
  • ログインユーザーのみの参加制限
  • 特定ドメインユーザーのみの参加制限

会議中

  • ユーザーの一覧表示
  • 特定ユーザーの退出処理
  • 会議室のロック(以降の途中参加不可)
  • 画面イメージの共有のみ
  • 資料画面にユーザーIDを透かし表示も可

通信

  • エンドトゥーエンド(端末同士)のコンテンツ暗号化(AES256ビット)
  • 通信暗号化にはTLS(256ビット)を使用

ログ

  • ユーザーID、端末情報、IPアドレス等、ログから不正接続の有無を判断
機能についてのよくあるご質問
テキストテキストテキストテキストテキストテキスト