ご提供中のZoomサービスのご紹介

お客様のご利用シーンに合わせて、基本とオプションのライセンスを組み合わせてお使い頂くことをお奨めしております。
各ライセンスの機能比較をご覧頂き、用途に合わせてご検討ください。

サービスラインナップ

Zoomサービスのご提供内容について

Zoomサービスは、 基本ライセンスオプションライセンスの、2種類のライセンスで構成されます。
まず基本ライセンスにはプロ、ビジネスなど複数のプランがあり、主にご契約のライセンス数および必要な機能に応じてご選択いただきます。
その上で、ご利用シーンなどの必要に応じてオプションライセンスを追加でご契約いただく形となります。
  • プロ : 個人事業者の方、またはプレ導入時の評価検証におすすめのライセンス。標準で1会議あたり最大100端末まで参加可能。
  • ビジネス : ビジネス向けの管理機能を備えた、Zoomの標準的なライセンス。標準で1会議あたり最大300端末まで参加可能。
  • エンタープライズ : 大規模導入向けライセンス。無制限の録画容量に加え、1会議あたりの接続数が最大500端末、かつウェビナーも開催可能。
  • アクティブホスト : 全従業員様が無制限に会議を開催できるようにするためのライセンス。最大接続数はビジネスと同様。
  • エデュケーション : 学校様や大学様など、文教のお客様向けライセンス。最大接続数はビジネスと同様。
ビデオ会議では、PCやスマートフォン等を利用して個人でミーティングに参加するだけでなく、会議室にメンバーが集合して会議を行うシーンも多く存在します。
Zoom のオプションである”Zoom Rooms(ズームルームズ)”を活用すると、必ずしも個人でライセンスを持たずとも、Rooms端末が設置されている場所に行きさえすれば、誰でも簡単にZoomミーティングを開催することが可能です。

基本ライセンス

e465475a-meeting_logo.png

スマホ・タブレットで手軽に利用するなら

  • Zoomを利用する個人にライセンスを付与します。
  • パソコン、スマートデバイスからミーティングが利用できます。
  • ビデオ、オーディオ、スクリーンシェアなどの必要な機能がすべて標準で利用可能です。
  • ミーティング環境に合わせて、カメラやマイクスピーカーを自由に選択できます。
  • チャット、プレゼンス、コンタクトリストなど、コミュニケーション機能も有しています。
  • Office365、Slack、Boxなどの外部サービスとの連携ができます。
  • 管理者にて利用状況や品質確認が行えるダッシュボード機能が利用できます。(Business、Enterpriseライセンス)

オプションライセンス

9172bc4a-rooms_logo.png

会議室・ミーティングルームに常設するなら

  • ライセンスはZoomRoomsのハードウェアに付与します。
  • 会議室やミーティングスペースに設置すれば、誰でも利用することができます。
  • 操作はすべてタッチコントローラーから行え、スムーズな会議の進行に役立ちます。
  • 最大3台のモニターを接続して、ギャラリービュー、アクティブスピーカー、コンテンツ共有の映像を同時表示できます。
  • Microsoft ExchangeやGoogleカレンダーと連携することで、会議スケジュールを画面に表示することが可能です。
  • 利用しないときはサイネージとして画像や動画を投影することができ、利用シーンがひろがります。

ライセンスによる機能比較

基本ライセンス
Zoom Meeting
オプションライセンス
Zoom Rooms
ライセンス割当先 個人(人)※1 会議室(端末)※2
端末 パソコン、スマートデバイス パソコン+タッチ操作コントローラー
構成 端末、イヤホンマイク、マイクスピーカー等 端末、ディスプレイ(1~3台)、マイクスピーカー、ウェブカメラ
会議人数目安 中小規模(1名~) 中大規模(4名~)
映像 シングル/デュアルディスプレイ シングル/デュアル/トリプルディスプレイ
会議開催
ビデオ通話
会議スケジューリング
(OutlookやGoogleカレンダー連携要)
画面共有
(投影したい端末へのZoomアプリインストールもしくは別途インテグレーションが必要 )
※1)登録時は、個人のメールアドレスを登録致します。
※2)会議室もしくはフリースペースに設置してご利用頂きます。ライセンスを保持していない人でも、その場に行けばすぐにご利用いただけるものです。