NECネッツエスアイ
NECネッツエスアイ

お問い合わせ 資料ダウンロード

汎用サーバを活用してローカル5G環境を容易に構築できるソフトウェア基地局の提供を開始 ~東京大学産学協創ベンチャー創出プログラムの成果を実用化~

NECネッツエスアイ株式会社株式会社はFLARE SYSTEMS(フレアシステムズ)と共同開発した、ソフトウェア基地局「FW-L5G-1」の提供を本日より開始します。

2022年2月28日 NECネッツエスアイ株式会社

 

 NECネッツエスアイ株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役執行役員社長:牛島祐之、東証:1973 NESIC、以下 NECネッツエスアイ)はこのたび、東京大学産学協創ベンチャー創出プログラム(第四期)に基づき、株式会社FLARE SYSTEMS(フレアシステムズ)(本社:東京都文京区、代表取締役:松浦晋之介、以下FLARE SYSTEMS社)と共同開発した、ソフトウェア基地局「FW-L5G-1」の提供を本日より開始します。

 このたび共同開発したソフトウェア基地局は、国立大学法人東京大学大学院工学系研究科(システム創成学専攻教授:中尾彰宏、以下東京大学)との共同研究「ソフトウェア基地局によるカスタマイズ可能なローカル5G技術の研究」の成果を基に、本成果の実用化のためにNECネッツエスアイと東京大学が共同で設立したベンチャー企業FLARE SYSTEMS社が製造するものです。

 現在、ローカル5Gは、個別のニーズに応じて柔軟にネットワークを構築できることから、社会実装を見据えた実証実験が活発化し、事業本格化に向けた準備が加速しています。その流れのなかで、企業や自治体がローカル5Gの活用を検討していますが、導入の手間やコストがかかるため、簡単に導入に踏み切れないという課題があります。

 今回提供を開始するソフトウェア基地局「FW-L5G-1」は、こうした課題を解決し、ローカル5G導入を容易にするもので、特長は以下の通りです。

(1)汎用サーバで基地局の機能を実現

汎用サーバでコアネットワークを含めた基地局の機能を実現するため、専用ハードウェアを必要とする一般的なローカル5G構築に比べコストが抑えられます。また、汎用サーバを活用するため、常設の電源設備がない場所でも市販のポータブル電源を使っての長時間稼働が可能です。

(2)簡易な手続きで無線局免許申請が可能

同基地局は、TELEC(注1)による、技術基準適合証明・工事設計認証を取得済みであるため、簡易な手続きで無線局免許申請手続きを行うことができます。その結果、お客さまの実環境での稼働までのリードタイムが短縮できます。

(3)「準同期TDD」(注2)にいち早く対応

ソフト基地局から端末への上りと下りの通信速度を柔軟に制御可能となり大容量で高画質な映像の伝送が容易になります。例えば、カメラからの高画質な映像を遅延なくリアルタイムで共有でき、漁業での水中ドローンの映像配信、林業での現場状況の配信、防災での現場での危険予知等NECネッツエスアイが参画の実証で活用しました。

ソフトウェア基地局「FW-L5G-1」
 NECネッツエスアイは、FLARE SYSTEMS社のソフトウェア基地局と当社のソリューションや免許取得・設計・SI・保守運用までワンストップで手掛けるSIを組み合わせ、お客様に最適なローカル5G環境を提供します。 また、FLARE SYSTEMS社や東京大学との共創を通じて、今後Beyond5Gを含めた次世代ネットワークおよびDXサービスの進化の最先端をリードしていきます。
 
【株式会社FLARE SYSTEMSについて】 登記日:2021年7月9日 住  所:東京都文京区本郷5丁目25番16号 石川ビル7階 代  表:松浦 晋之介 事  業:ソフトウェア基地局の開発、事業展開、新規技術・製品の開発 URL :http://flare-systems.co.jp/
以上
 
注1:TELEC 一般財団法人テレコムエンジニアリングセンター。無線設備の認証·試験機関注2:準同期TDD 映像送信などに利用する上り通信速度を拡大する技術。また、令和3年度総務省課題解決型ローカル5G等の実現に向けた開発実証で基地局仕様に求められている。※ 記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。
 

NECネッツエスアイのマテリアリティ

当社は、社会の持続的発展への貢献と自社の持続的な成長の実現のために重要な6つの取り組みを マテリアリティとして特定し、「コミュニケーションで創る包括的で持続可能な社会」の実現を目指しています。

関連URL

マテリアリティ

SDGs(持続可能な開発目標)への貢献

SDGsとは、「誰一人取り残さない」持続可能で多様性と包摂性のある社会の実現のため、国連で採択された2030年を年限とした17の国際目標です。 NECネッツエスアイグループでは、「コミュニケーションの創出による価値提供」を通じて、世界中の人々が安心・安全で豊かに暮らせる社会の実現をめざし、SDGsの目標達成に貢献してまいります。

本件の貢献項目

関連URL

NECネッツエスアイ SDGsへの取組み

国際連合広報センター 

関連するサービス

ローカル5G

ローカル5G

高速・低遅延・同時多接続を可能とする次世代ネットワークである5G。様々な課題に対し、最適なご提案をします。

関連するお知らせ

NECネッツエスアイのLGWAN-ASPサービスにパブリッククラウドサービスを拡充

NECネッツエスアイのLGWAN-ASPサービスにパブリッククラウドサービスを拡充

NECネッツエスアイ、社会実装に向けたローカル5G戦略を発表 ~次年度以降の事業拡大を見据えてターゲット領域に最適な製品群を展開~

NECネッツエスアイ、社会実装に向けたローカル5G戦略を発表 ~次年度以降の事業拡大を見据えてターゲット領域に最適な製品群を展開~

韓国HFR社との業務提携契約および販売店契約締結に合意 ~ローカル5G関連製品の国内独占販売権を獲得~

韓国HFR社との業務提携契約および販売店契約締結に合意 ~ローカル5G関連製品の国内独占販売権を獲得~

南極域で初! 昭和基地でローカル5G実証実験を実施

南極域で初! 昭和基地でローカル5G実証実験を実施

NECネッツエスアイ、自治体のデジタル化を支援する「自治体DXコーディネートサービス」の提供を開始

NECネッツエスアイ、自治体のデジタル化を支援する「自治体DXコーディネートサービス」の提供を開始

NECネッツエスアイ、コミュニケーションサービスブランドとして「Canario(カナリオ)」を立ち上げ

NECネッツエスアイ、コミュニケーションサービスブランドとして「Canario(カナリオ)」を立ち上げ