NeatシリーズとZoom Roomsが実現する新しい5つのこと

新登場のNeatシリーズを徹底解説

※ 記事内に使用されている写真・画像はイメージです。実際のプロダクトやサービスで提供される内容とは異なる場合があります。
※本ブログの内容については、記事掲載時点での情報に基づく記載となります。そのため製品に関する内容については、バージョンアップなどにより画像や操作手順等が現行のものと異なる場合がございます。

世界的新型コロナウイルスの拡大により、世界中の働き方やコミュニケーションの在り方が問われることとなりました。

そんなアフターコロナ、NEW NORMALとも呼ばれる中にあって大きな働きを果たしているのがZoomなのは皆さんもご存知のはず。

Zoomがあることにより世界中の人々が自宅の書斎やときには台所から友人と話したり、会社の同僚と共同作業を行えるようになったわけです。

Zoomによるコミュニケーションが当たり前となったことで、ビジネスは場所に囚われる必要がないことが証明されたとも言えるでしょう。

そんなZoomの専用アプライアンス(特定の機能や用途に特化した専用機器のこと)として新しく登場したのが「Neatシリーズ」です。

このカメラ、マイク、スピーカーなどのハードウェアが一体化され、Zoomに最適化されたNeatシリーズによりリモート会議と対面会議の間に新たな革新が起きそうです。

今回はこの新しく登場した「Neat シリーズ」について詳しく解説していきます。

Zoom Roomsに最適化されたNeatシリーズとは

Neatシリーズはノルウェーのオスロに本社を置くNeatframe Ltd.(本社:ノルウエー オスロ、CEO:Simen Teigre 以下 Neat社)がZoomのために開発したタッチディスプレイ、カメラ、マイク、スピーカーなどのハードウェアが一体化された専用機器のこと。

Zoomのオプションの一つであるZoom Rooms(ズーム ルームズ)機能と組み合わさることで、シンプルで洗練された会議空間と高品質なミーティング環境が実現されます。

その優れた性能と共に、Neatシリーズが注目されるべきは北欧ならではの洗練されたデザイン。

オフィスだけでなく、教室やホテルなどにもNeatシリーズはマッチするはずです。

Neatシリーズの5つの特長

  1. Zoom Roomsに必要な機能は全てNeatに搭載。PC不要ですぐに導入が可能
  2. 簡単に移動や再設置が可能なので、設備投資が無駄になりにくい
  3. Zoom”専用に設計されているので、操作がしやすく、管理者ページ上でデバイス管理、運用可能
  4. 人感センサで会議参加者の入退室を検知、ワンタッチで予定の会議を開始可能。
  5. 様々なセンサーによって会議室内の空気環境(光、温度、湿度、揮発性有機化合物)を見える化※、会議環境の把握と対策を検討可能

※Zoom管理者ページの対応後

Zoom Rooms(ズーム ルームズ)とは

Zoom Roomsとは従来のTV会議システムのような、常設型のZoom端末構成のこと。

Zoom Roomsが設定されている会議室に複数人が集まり、タブレットなど常設端末をコントローラーとしてWeb会議やミーティングをセットアップし、スタートさせます。

会議に複数人が集まり、外部の方とのミーティングを行うなどの使い方に向いています。

基本である、Zoom ミーティングの違いは別々の場所からPCやスマホなどを使用し、それぞれオンライン上に集まる(ミーティング)か、1グループが常設された場所から対多数のコミュニケーションをとる(Rooms)かです。

Zoom ミーティング Zoom Rooms
種類 Web会議ツール TV会議ツール
使い方 PC、スマホ、タブレットそれぞれから個人で会議に参加 会議室に複数人が集まって、遠隔地にいる人と会議を行う。タブレットなどをコントローラーとしてログイン
価格 無料・有料(プロ・ビジネス・エンタープライズプラン等)
ライセンス数量により料金は変動/要問い合わせ
会議端末の数量により料金は変動/要問い合わせ
ライセンス 個人単位 会議室単位
(※オプションライセンスのため、ご利用には主契約となるZoomミーティングライセンスが必要となります。)
端末 パソコン・スマートフォン・タブレット パソコン+タッチ操作コントローラー(タブレットなど)
構成 端末(マイク・スピーカー・Webカメラなど内蔵されていなければ必要) 端末、ディスプレイ、マイク、スピーカー、Webカメラ
人数の目安 2人〜 4名〜

Zoom Roomsであれば、カメラ、マイク、スピーカーなどのハードウェアが常設されているので、以下のようなメリットを挙げることができます。

  • 安定した高品質コミュニケーションができる
  • カメラに複数人が映るので会議の雰囲気などが伝わりやすい
  • マイクやスピーカーが固定なのでハウリングが起きない
  • 有料ライセンスが必要だが、会議室単位でのライセンス契約なので、利用スタイルに応じてコスト効率よく導入できる

Neatシリーズであれば、Zoom Roomsに必要なハードウェア環境をすぐに構築可能

NeatシリーズはZoom Roomsに必要なハードウェア環境(カメラ、マイク、スピーカー)に加え、Zoom Roomsが最初からインストールされたオールインワン機器。

そのため、Neatシリーズ製品を箱から取り出して電源とネットワークに接続し、アクティベーションを行えば、すぐにZoom Roomsを使用開始ができるのが大きなメリット。

テレビやモニターに接続する際にも必要なものは全て箱の中に用意されているので、ITツールなどに不慣れな方でもすぐにセットアップできます。

ラインナップと特徴をご紹介

Neatシリーズのラインナップは以下の3種類です。

  • Neat Bar
  • Neat Board
  • Neat Pad

それぞれの特徴を見ていきましょう。

Neat Bar(ニート バー)

Neat Barはカメラ、マイク、スピーカー、Zoom Rooms機能が一体化され、ディスプレイと接続するだけでZoom Roomsが使用可能な製品で、ディスプレイの上下、壁への取り付け、テーブルに置いて使用など様々な取り付け方法が可能。

ウォールマウント、ディスプレイマウントなどは全て取り付け金具が初期から付属しているので別途、用意する必要はありません。

Neat Bar(ニート バー)のパッケージ内容

  • Neat Bar:一体型音声・動画装置
  • HDMIケーブル(2m)
  • イーサネットケーブル(3m)
  • 電源コード(3m)
  • ウォールブラケット
  • ディスプレイマウント
  • テーブルスタンド
  • 汎用アダプター
  • VESAマウント用M6ネジ×4:30mm
  • VESAマウント用M8ネジ×4:30mm
  • テレビを平行に固定するためのスペーサー×2

Neat Bar(ニート バー)の詳細はこちら

Neat Board(ニート ボード)

Neat Boardは、カメラ、マイク、スピーカー、Zoom Rooms機能に加え、65インチのタッチディスプレイも一体となったオールインワンモデルであることが特徴。

場所を選ばず設置でき、移動も容易なので会議室だけでなく、教室やフィットネスジムなどにも容易にZoomビデオコミュニケーション環境を構築できます。

Neat Board(ニート ボード)のパッケージ内容

  • Neat Board:All-in-oneコラボレーションシステム
  • イーサネットケーブル(5m)
  • 電源コード(3m)
  • マーカーホルダー
  • マーカー×2
  • M6ネジ×2:60mm
  • 5mm六角レンチ
  • 2.5mm六角レンチ
  • Neat Boardテーブルスタンド

以下、マウントオプションです。

  • Neat Boardフロアスタンド(オプション)
  • M6ネジ×2:75mm(3インチ)
  • M4ネジ×12:8mm(0.3インチ)
  • タイヤ×4 (※)※タイヤを取り外して設置することも可能です
  • Neat Boardマウント(オプション)
  • VESAマウント用M6ネジ×2:20mm
  • 5mm六角レンチ

Neat Board(ニート ボード)の詳細はこちら

Neat Pad(ニート パッド)

Neat Barやその他Zoom Roomsのタッチ操作コントローラーとして機能すると共に、会議室外のスケジューリングディスプレイとして使用できるシンプルでエレガントなタッチスクリーンです。

イーサネットケーブルによるり給電されるのでNeat Padは電池切れの心配は不要です。

Neat Pad(ニート パッド)のパッケージ内容

  • Neat Pad:8インチ・タッチスクリーン
  • イーサネットケーブル×2(3m 、5m)×2
  • PoE電源インジェクター
  • サイドマウントブラケット
  • ウォールブラケット
  • アダプター
  • アダプター接続用M4ネジ×4:10mm
  • サイドマウントブラケットにウォールブラケットを接続する用M4ネジ×3:6.7mm

Neat Pad(ニート パッド)の詳細はこちら

おすすめの利用シーンとは

Neatシリーズは企業のオフィスに設置するだけではなく、学校の授業やレクリエーション活動、フィットネスクラブのレッスン目的と様々なシーンで活躍します。

人と人、空間と空間を様々な目的でつなぐNeatシリーズを是非体感してください。

Neatシリーズのおすすめ設置場所の例

  • 会議室
  • 学校や幼稚園など教育現場
  • 工場内やラボなど
  • フィットネスクラブ
  • パーソナルオフィスや在宅ワーク環境

Neatシリーズの料金について

Neatシリーズ3製品に関してはいずれもオープン価格となっております。Neatシリーズの使用にはZoomの有料ライセンスであるZoom Rooms(ズーム ルームズ)契約が必要です。

人数や使用用途により最適な価格やライセンスをご提案いたしますので、まずは料金や詳細などについても全てお問い合わせください。

導入をご検討なら豊富なZoom導入実績を誇る、NECネッツエスアイ

もしNeatシリーズやZoom Rooms導入をご検討中でしたら、この記事を掲載しているNECネッツエスアイへお問い合わせください。

NECネッツエスアイは国内Zoom販売店第1号、導入実績10,000社以上(※)の豊富なZoom導入実績を誇り、今回ご紹介したNeatシリーズを開発したNeatframe社と国内初のリセラー契約を締結しております。

(※)2017年9月から2020年11月までの実績累計

御社の環境や使用人数に合わせたライセンスのご案内や導入のお手伝いをさせていただきます。

Neatシリーズの詳細はこちら

※本コンテンツに記載されている会社名、サービス名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

symphonict

SymphonictとはNECネッツエスアイが提供する、「共創でお客様のビジネスに新たな価値を提供する」をコンセプトに先端技術やサービスを繋ぎ・束ねることでIT・デジタル変革技術やツール・システムを皆様にお届けするデジタルトランスフォーメーション(DX)サービス。→Symphonictに関してはこちら

※免責事項

本コンテンツは一般的な情報の提供を目的としており、法律的、税務的その他の具体的なアドバイスをするものではありません。個別具体的事案については、必ず弁護士、税理士等の専門家にご相談ください。

本コンテンツの情報は、その情報またはリンク先の情報の正確性、有効性、安全性、合目的性等を
補償したものではありません。

また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。