Zoomウェビナーの3つの有料プランの違いは?機能や参加人数、使い方を解説

Zoomウェビナーの各有料ライセンスの違いとは?

Zoomウェビナーの3つの有料プランの違いは?機能や参加人数、使い方を解説
※ 記事内に使用されている写真・画像はイメージです。実際のプロダクトやサービスで提供される内容とは異なる場合があります。
※本ブログの内容については、記事掲載時点での情報に基づく記載となります。そのため製品に関する内容については、バージョンアップなどにより画像や操作手順等が現行のものと異なる場合がございます。

Zoomウェビナーを利用してオンラインセミナー・講演会などを開催する場合は、事前のZoomミーティングの有料ライセンス契約が必要です。

この記事では、Zoomウェビナーとミーティングの違い、またZoomミーティングの有料ライセンスの種類について解説していきます。

アドオンの契約方法も紹介しているので、Zoom導入をご検討中の企業様はもちろん、すでにZoomミーティングを契約中の企業様もぜひ参考にしてみてください。

Zoomウェビナーとミーティングの違い

Zoomウェビナーとミーティングの違い

まずは、Zoomウェビナーとミーティングの利用シーン・機能面などの違いを詳しく見ていきましょう。

概要・利用シーン

Zoomウェビナーとミーティングの概要と主な用途はそれぞれ以下の通りです。

Zoomミーティング Zoomウェビナー
概要 全ての参加者が画面を共有し、双方向のセッションを開催するためのツール。出席者の積極的な参加を求める場合や、グループ分け操作などを行いたい場合に適しています。 バーチャルな講義ホール・講堂として活用するツール。視聴者の多いイベントや一般公開されるイベントに適しています。
主な用途 顧客対応会議・営業会議・研修会など、小規模~中規模のグループ会議 対話集会・教育講演会などの大規模なイベントや公共放送
主な利用者 一般社員・研修グループなど イベントの主催者

利用できる機能・参加可能人数

Zoomウェビナーとミーティングで利用できる主要機能と、利用人数の上限の違いは以下の通りです。

Zoomミーティング Zoomウェビナー
カメラ・マイク操作 全参加者 ホスト・パネリスト
視聴のみのユーザー ×
参加者一覧の閲覧 全参加者 ホスト・パネリスト
利用人数の上限 100~1,000人 100~10,000人
画面共有
テキストチャット
質疑応答 ×
ライブ配信 Facebook・Workplace by Facebook・YouTube・Custom Streaming Service Facebook・Workplace by Facebook・YouTube・Custom Streaming Service
レコーディング
ブレイクアウトルーム ×

Zoomミーティングと比較して、ウェビナーは利用人数の上限が大きい点や、質疑応答をはじめとするウェビナー向け機能が搭載されている点が特徴です。

またウェビナーの場合は参加者に対して視聴者またはパネリスト権限の使い分けができるため、より幅広いシーン・イベントに対応できると言えるでしょう。

ウェビナーの利用にはZoom有料ライセンスおよびアドオンの契約が必要

ウェビナーの利用にはZoom有料ライセンスおよびアドオンの契約が必要

Zoomウェビナーは個別のツールではなく、Zoomミーティングのアドオンとして用意されている機能です。

そのためウェビナーを利用するにはZoomミーティングの有料ライセンスの契約が必要となります。

続いて、Zoomミーティングに用意されている3つの有料ライセンスの特徴と機能を詳しく見ていきましょう。

またウェビナーアドオンのプランの種類と、アドオン契約を行う手順についてもまとめています。

Zoom有料ライセンスの種類

Zoomミーティングの有料ライセンスは全部で3種類あり、それぞれの概要は以下の通りです。

Proプラン Businessプラン Enterpriseプラン
参加人数 最大100人 最大300人 最大500人
登録可能ID数 1~9人 10~99人 50人~
クラウド録画の容量 最大1GB 最大1GB 無制限
ウェビナー機能 オプション(別料金) オプション(別料金) 標準搭載
管理者向けダッシュボード機能 ×
個社向けサポ-トプラン × ×

各有料ライセンスで利用できる機能

利用人数の上限や容量の他、利用できる機能についても有料ライセンスの種類ごとに違いがあります。

各有料ライセンスで新たに利用できるようになる機能の一覧は以下の通りです。

プラン 追加される機能
Proプラン 無制限のグループ通話/各ユーザーへ役割の割り当て/録画・録音記録の設定・暗号化などの高度なミーティング機能/ミーティング数や実施日、参加人数などのレポーティング/パーソナルミーティングIDのカスタマイズ/クラウドレコーディング/Skype For Businessとの相互運用性 など
Businessプラン 電話サポート(英語のみ)/管理用ダッシュボード/URLのカスタマイズ/プライベートクラウドへのデータ保存/ドメインからアカウントを追加/企業の認証情報を使ったログイン など
Enterpriseプラン エグゼクティブ事業レビュー/ウェビナーやZoom Roomの割引 など

ウェビナーアドオンのプラン

ウェビナーのアドオンについては、Zoomミーティングの契約後(もしくは同時)に追加で契約を行います。

Zoomウェビナーのアドオンは100人・500人・1000人・3000人・5000人・10000人の6種類から選択できるので、利用規模に合わせて適切なプランを検討しましょう。

Zoomミーティングの有料ライセンスおよびウェビナーアドオンの料金は組み合わせによって細かく分かれるため、詳しい料金はNECネッツエスアイまでお問い合わせください。

Zoomウェビナーを契約する手順

すでにZoomミーティングの有料ライセンスを契約している場合は、Zoomのウェブポータルにサインインしたうえで「請求」ページからアドオンの追加契約を行います。

またはNECネッツエスアイまで直接お問い合わせいただくことでも対応可能です。

Zoomミーティングの導入がお済みでない場合は、NECネッツエスアイのお問い合わせフォームから有料ライセンスの申し込み手続きを開始してください。

なおNECネッツエスアイではZoomミーティングの無料トライアルを実施しているので、先に有料ライセンスの機能性を確認したうえで契約の可否を決めることも可能です。

有料ライセンスの導入ならNECネッツエスアイへお任せください

有料ライセンスの導入ならNECネッツエスアイへお任せください
  • Zoomウェビナーとミーティングでは、利用人数の上限・権限の種類・機能などに様々な違いがある
  • ウェビナー機能を利用するには、Zoomミーティングの有料ライセンス契約が必要
  • 有料ライセンスにはProfessional・Business・Enterpriseの3種類があり、こちらもライセンスによって機能などに違いがある

NECネッツエスアイでは、Zoomミーティングの有料ライセンス契約をはじめ、オンライン配信の環境構築・スタジオレンタル・出張支援などのサポートを提供しています。

また金融・証券業界の企業様向けのDXサービスも展開しているので、ウェビナー導入や業務のデジタル化にご興味のある企業様はぜひ一度ご相談ください。

※記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

symphonict

SymphonictとはNECネッツエスアイが提供する、「共創でお客様のビジネスに新たな価値を提供する」をコンセプトに先端技術やサービスを繋ぎ・束ねることでIT・デジタル変革技術やツール・システムを皆様にお届けするデジタルトランスフォーメーション(DX)サービス。→Symphonictに関してはこちら

※免責事項

本コンテンツは一般的な情報の提供を目的としており、法律的、税務的その他の具体的なアドバイスをするものではありません。個別具体的事案については、必ず弁護士、税理士等の専門家にご相談ください。

本コンテンツの情報は、その情報またはリンク先の情報の正確性、有効性、安全性、合目的性等を
補償したものではありません。

また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。



閉じる