電話の転送機能を利用しても着信履歴は残る?残らない場合の対応方法とは

正確な着信履歴を残したい場合に便利な電話転送サービスも紹介

電話の転送機能を利用しても着信履歴は残る?残らない場合の対応方法とは
注意事項
・本コンテンツは一般的な情報の提供を目的としているため、弊社が関与していない取組みを含みます。
・記事内に使用されている写真・画像はイメージです。実際のプロダクトやサービスで提供される内容とは異なる場合があります。
・本ブログの内容については、記事掲載時点での情報に基づく記載となります。そのため製品に関する内容については、バージョンアップなどにより画像や操作手順等が現行のものと異なる場合がございます。

本記事は一般的な取組みについて記載したもので、NECネッツエスアイでの取組みを紹介したものではありません。予めご了承ください。

ボイスワープ®は、NTT東日本・NTT西日本の固定電話・ひかり電話に対する自動着信転送サービスの商標です。

電話転送を利用すると、会社やオフィスなどに設置されたビジネスフォンから別の番号に着信を転送できます。

担当者がオフィス不在でも電話に応答できる可能性があるため、すでに導入している、または導入を検討しているという会社も多いでしょう。

しかし、転送機能を利用したことがない人のなかには、正確な着信履歴は残るのだろうかと不安に思っている人もいるのではないでしょうか。

そこで本記事では、電話の転送機能を利用した場合の着信履歴について解説します。

基本的に電話転送の着信履歴は残る

基本的に電話転送の着信履歴は残る

結論からいうと、電話の転送機能を利用しても着信履歴は残る場合が多いです。

ここでは、NTTが提供している電話転送サービス「ボイスワープ」を例として紹介していきます。

ボイスワープではマイページから着信履歴の確認・折り返しが可能

ボイスワープの場合、マイページから着信履歴を確認できます。マイページはパソコンだけでなく、スマホのブラウザからもアクセスできるため電話をかけて人の電話番号を素早くチェックできるでしょう。

ただし、転送された電話を受ける端末では、最初に電話をかけてきた相手の電話番号を確認できないケースが多いです。

このため、転送先の社員が電話番号を見て、着信の相手を想定することができません。

なお、ボイスワープの場合は、マイページをスマホであれば電話機能にリンクされているためすぐに折り返し電話をかけられます。

他の電話転送サービスのなかにも、同じような機能が搭載されている可能性があるため確認してみましょう。

電話転送サービスによっては、着信履歴に番号が残らない場合もある

冒頭で電話の転送機能を利用した場合でも着信履歴は残ると説明しましたが、あくまでも一般的な話で、電話転送サービスによっては着信履歴が残らないケースもあります。

例えば、無応答転送や選択転送であれば着信履歴が残るものの、フル転送や話中転送では着信履歴が残らないというサービスも存在するため注意が必要です。

転送機能を利用した場合でも、着信履歴を確認できる方法とは?

Canario

転送サービスは大変便利ですが、着信履歴が残らないと電話を折り返す際にどの番号へ連絡すればいいのかわからずに困ってしまうことがあるでしょう。

こうした場合に便利なのが、NECネッツエスアイが提供するテレフォニーDXサービス「Canario(カナリオ)」です。

Canario(カナリオ)は、着信の一次受付を自動化するサービスです。

社員が着信に対応できなかった場合は、相手からの伝言を受け付けます。

自動応答した旨、相手の電話番号、伝言の内容はテキスト化されて共有されるため、着信履歴を確認して折り返したい場合に便利です。

テキスト化された情報はメールだけでなく、ビジネスチャットへの直接送付方法にも対応しています。

料金プランは、利用できる機能に応じて、下記のとおり設定されています。

プラン名 Basic Standard Premium
1人あたりの月額料金(税込) 748円 1,078円 1,628円
名前の取り次ぎ
名前の取り次ぎ+伝言のテキスト化 ×
一斉架電
一斉架電+伝言のテキスト化 ×
IVR ×
無料電話 なし あり 1人10分まで あり 1人30分まで
内線との連携

オフィス電話対応をワンサービスでもっと効率化!

オフィス電話対応をワンサービスでもっと効率化!

転送機能を利用していても、折り返しのための着信履歴を残せる方法がないか探している方は、このCanario(カナリオ)がおすすめです。

また、オフィス電話に関するサービスは世の中にたくさん存在します。

例えばオフィスにかかってきた電話をコールセンターや秘書が対応する代行サービスや、かかってきた電話を担当者に取次してくれる電話転送サービスなどです。

Canario(カナリオ)は上記でそれらを一つですべてこなす上に、これからのワークスタイルに必要な機能をさらにプラスして搭載しています。

社内の一人一人の異なる電話対応への悩みをワンサービスで解決できますので、この機会にぜひCanario(カナリオ)による電話環境の最適化をご検討ください。

まとめ

まとめ

オフィス電話に関するサービスの多くは、着信履歴が残る設定になっています。

ただし、なかには電話番号の情報が一切残らなかったり、着信の大元の電話番号を把握できなかったりする場合もあります。

このあたりの設定は、電話転送サービスを提供する各社によって異なるので、あらかじめ確認しておくと安心です。

転送機能を利用しながらも、最初に電話をかけてきた相手の番号を知りたい場合はNECネッツエスアイが提供するCanario(カナリオ)の導入を検討してみてください。

自動で通話を取り次いでくれるので、業務効率や電話環境の改善につながります。

詳しいサービス内容の確認やご質問は、以下からお願いいたします。

Canario

※記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

symphonict

SymphonictとはNECネッツエスアイが提供する、「共創でお客様のビジネスに新たな価値を提供する」をコンセプトに先端技術やサービスを繋ぎ・束ねることでIT・デジタル変革技術やツール・システムを皆様にお届けするデジタルトランスフォーメーション(DX)サービス。→Symphonictに関してはこちら

※免責事項

本コンテンツは一般的な情報の提供を目的としており、法律的、税務的その他の具体的なアドバイスをするものではありません。個別具体的事案については、必ず弁護士、税理士等の専門家にご相談ください。

本コンテンツの情報は、その情報またはリンク先の情報の正確性、有効性、安全性、合目的性等を
補償したものではありません。

また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。