発信元の電話番号を表示させる方法はある?転送サービス利用前にチェック

電話転送サービスを検討中の方に向けて、発信元の番号を確認する方法を紹介

発信元の電話番号を表示させる方法はある?転送サービス利用前にチェック
※ 記事内に使用されている写真・画像はイメージです。実際のプロダクトやサービスで提供される内容とは異なる場合があります。
※本ブログの内容については、記事掲載時点での情報に基づく記載となります。そのため製品に関する内容については、バージョンアップなどにより画像や操作手順等が現行のものと異なる場合がございます。
ボイスワープ®は、NTT東日本・NTT西日本の固定電話・ひかり電話に対する自動着信転送サービスの商標です。

電話転送は、特定の電話番号にかかってきた電話を他の電話番号で受けるサービスですが、その場合、着信履歴に残る番号はどの番号になるのでしょうか。

転送している電話機の番号が表示されたのでは、着信がすべて同じ電話番号からとなってしまい、かけてきた相手もわからなければ、着信を見て折り返すこともできませんね。

転送サービスを検討されている方に向けて、発信元の番号を確認する方法や、会社の番号で発信できるかなど、気になる点をまとめました。

電話転送で発信元の番号を表示するメリット

電話転送で発信元の番号を表示するメリット

自分の携帯電話に電話がかかってきたらまず、発信者の番号を見るのではないでしょうか。

もしも非通知だった場合にはちょっと構えてしまうこともありますし、非通知には一切応答しないという人もいるかもしれませんね。

転送された電話の場合も、出る前に番号がわかるに越したことはありません。

相手がわかれば必要な準備ができる

表示されている番号が知っている番号だったり、電話帳に登録されている知り合いだった場合には、電話に出る前にどんな用件かだいたい想像がついてしまうこともあるのではないでしょうか。

また、お客様や取引先からなら、今進行中のあの案件のことかな、と予測をしたり、応答前にさっとファイルから書類を取り出しておくことができるかもしれませんね。

誰からかわからない電話に出ていきなり話を始めるよりも、発信元を見てどんな電話なのかが推測できれば心の準備ができ、落ち着いて電話に応答できます

折り返しの連絡先がわかる

電話に出られなくて相手に折り返す場合、着信履歴からダイヤルすることが多いのではないでしょうか。

これは、着信履歴に相手の電話番号が残っているからできることです。

着信履歴に番号が表示されていなかったり、残っている番号が転送設定した電話の番号だったりすると、折り返すことができないので相手から再度かかってくるのを待つしかありません。

出たくない電話をシャットアウトできる

発信元の電話番号が表示されていない場合、誰からかわからないので電話に出て確かめるしかありません。

結果、迷惑電話や出たくない相手からの電話に当たってしまうこともありえます。

番号が表示されていれば、心当たりのない電話番号や非通知の場合は「電話に出ない」という選択ができ安心ですね。

ボイスワープで発信元を確認する方法

ボイスワープで発信元を確認する方法

NTTの電話転送サービス「ボイスワープ」で転送を行った場合、発信元の電話番号が表示できるかどうかを確認してみましょう。

携帯へ転送:何もしなくても表示できる

今ではすっかり当たり前となってしまっていますが、携帯電話には発信者電話番号通知機能が搭載されていますので、何もしなくても番号表示ができます。

ボイスワープで転送した電話の場合も、きちんと発信元の番号が表示されるようになっています。

固定電話へ転送:ナンバー・ディスプレイで表示する

携帯電話と異なり、実は固定電話では、オプションを付けなければ発信元の電話番号を表示することはできません

「ナンバー・ディスプレイ」は、かけてきた相手の電話番号を電話機に表示するNTTのサービスです。

ボイスワープで固定電話に番号表示するためには、転送を受ける電話で「ナンバー・ディスプレイ」を契約すれば、発信元の電話番号を表示することが可能になります。

ボイスワープの番号表示の注意点

ボイスワープの番号表示の注意点

電話の転送を行うと、通常の発着信とはいろいろと勝手が違うことに気がつきます。

ボイスワープで転送を行う場合は、以下の点に注意してください。

自分の番号にかかってきた電話とは区別がつかない

ボイスワープで転送されてきた着信でも発信元の電話番号が表示されることがわかりましたが、ここでもう一つ注意しなければならないことがあります。

確かに相手の電話番号が表示されているのですが、着信時の表示や履歴を見ても、自分の番号にかかってきた電話と転送された電話を見分けるものがないのです。

自分が対応すべきか・折り返しは必要かどうかといったことは、かかってきた相手などから判断するしかありません。

折り返すと自分の番号が通知される

会社の固定電話にかかってきた電話を携帯電話に転送した場合、着信履歴から折り返しても、固定電話の番号からの発信にはなりません。

相手の電話にはこちらの携帯電話の番号が表示されてしまいますので、相手に携帯の番号を知らせたくない場合や、プライベート携帯を使っている場合には特に注意しなければなりません。

電話転送サービス「Canario(カナリオ)」には秘匿発信機能も!

Canario

「携帯電話からでも固定電話と同じように電話対応したい」とお悩みでしたら、NECネッツエスアイの電話転送サービス「Canario(カナリオ)」はいかがでしょうか。

「Canario(カナリオ)」では、会社にかかってきた電話にAIが対応。

相手の声を音声認識して電話を担当者の携帯につなぎますので、自分あての電話をもれなく拾うことができます。

出られなかった電話はメッセージをテキスト化してくれるので、折り返しの要否や連絡先で迷う必要もありません。

こちらから折り返すときは、あらかじめ登録した番号を発信元として表示することができますので、相手に携帯番号を知られる心配もありません。

記事まとめ

記事まとめ
  • 携帯電話は標準で発信元の番号表示機能が搭載されている
  • 固定電話で発信元の番号を表示するには、「ナンバー・ディスプレイ」の契約が必要
  • ボイスワープでは、自分にかかってきた電話と転送されてきた電話を区別できない
  • 折り返しで相手に携帯電話番号を知らせたくないなら、番号秘匿発信機能つきのサービスがおすすめ

「電話転送サービスを使いこなすのは難しそう」という方にもおすすめ、設定するだけ・対応はAIにお任せの「Canario(カナリオ)」をぜひお試しください。

※記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

symphonict

SymphonictとはNECネッツエスアイが提供する、「共創でお客様のビジネスに新たな価値を提供する」をコンセプトに先端技術やサービスを繋ぎ・束ねることでIT・デジタル変革技術やツール・システムを皆様にお届けするデジタルトランスフォーメーション(DX)サービス。→Symphonictに関してはこちら

※免責事項

本コンテンツは一般的な情報の提供を目的としており、法律的、税務的その他の具体的なアドバイスをするものではありません。個別具体的事案については、必ず弁護士、税理士等の専門家にご相談ください。

本コンテンツの情報は、その情報またはリンク先の情報の正確性、有効性、安全性、合目的性等を
補償したものではありません。

また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。



閉じる

月額748円(税込)〜 テレワーク転換・電話出社ゼロを実現