【オンライン接客するなら?】BtoC専用サービスとWEB会議ツールを比較

オンライン接客ツールとWeb会議ツールの機能・使いやすさを比較

【オンライン接客するなら?】BtoC専用サービスとWEB会議ツールを比較
※ 記事内に使用されている写真・画像はイメージです。実際のプロダクトやサービスで提供される内容とは異なる場合があります。
※本ブログの内容については、記事掲載時点での情報に基づく記載となります。そのため製品に関する内容については、バージョンアップなどにより画像や操作手順等が現行のものと異なる場合がございます。

オンライン接客を導入する際に、接客専用のツールを導入するべきか、またはWeb会議ツールを代用するやり方でも問題ないのかと迷う担当者の方は少なくありません。

そこでこの記事では、オンライン接客ツールとWeb会議ツールの比較・違いをまとめるとともに、オンライン接客に専用ツールを用いるメリットを解説していきます。

人気のオンライン接客ツールも紹介しているので、導入するツール選びでお悩みの企業様はぜひ参考にしてみてください。

Web会議ツールとオンライン接客ツールの違いを徹底比較!

Web会議ツールとオンライン接客ツールの違いを徹底比較!

まずは、オンライン接客ツールとWeb会議ツールがそれぞれどういったシステムなのか、その特徴や違いを比較しながら見ていきましょう。

Web会議ツールとは

Web会議ツールは、オンライン上でミーティングやセミナー・講演会などを実施するためのツールです。

代表的なツールとしてZoomやMicrosoft Teams、Google Meetなどが挙げられます。

Web会議ツールのメイン機能はビデオ通話機能で、双方向にコミュニケーションをとれるのが特徴です。

通常は法人同士のやり取り(BtoB)に用いられるツールのため、権限の違いなどはあるものの、通話のホストと参加者の機能を比較しても大きな差はありません。

またWeb会議ツールのもう1つの特徴として、ホスト・参加者のどちらにあたる場合でも、専用アプリのインストールが必要になるという点が挙げられます。

使用するツールによっては事前のアカウント登録が必要となる場合もあるため、オンライン接客に慣れていない顧客にとっては比較的高いハードルになり得ると言えるでしょう。

オンライン接客ツールとは

オンライン接客ツールは、オンライン上で接客サービスや営業活動を実施するためのツールです。

代表的なツールとして、NECネッツエスアイが提供する「LiveCall」などが挙げられます。(詳しい機能は後述)

オンライン接客ツールもビデオ通話機能がメインとなっており、双方向のコミュニケーションが可能です。

こちらは店舗と個人間でのやり取り(BtoC)を想定したツールのため、ホストと参加者のUIや機能に様々な違いがあります。また、年齢層問わず誰でも簡単に利用可能な「シンプルな操作性」が特徴で、web会議ツールとの大きな違いになります。

またオンライン接客ツールは顧客側への負担が最小限で済むよう工夫されており、事前のアプリインストールやアカウント登録を必要としないものも少なくありません。

事前準備なしですぐに接客サービスを利用できるため、ITツールの操作に自信のない方であっても、比較的使いやすい仕組みになっていると言えるでしょう。

オンライン接客ツールとWeb会議ツールの比較・選び方

オンライン接客ツールとWeb会議ツールの比較ポイントをまとめると以下のようになります。

比較ポイント オンライン接客ツール Web会議ツール
代表的なツール Livecall Zoom
ビジネスモデルの比較 BtoC BtoB
顧客側のアプリインストール 不要 必要
事前のアカウント登録 不要 必要な場合もあり
機能の比較 管理者・スタッフ・顧客で異なる 特になし(権限による)
リマインダー機能
ビデオ通話機能
予約機能 ×
決済機能 ×

ビデオ通話やリマインダーの機能が備わっていることから、ZoomなどのWeb会議ツールによるオンライン接客の実施も不可能ではありません。

ただし、予約や決済などの機能を利用するには別ツールとの連携が必要となる他、顧客側にかかる負担のことを踏まえて比較すると、やはりオンライン接客ツールの方が使い勝手が良いと言えるでしょう。

オンライン接客ツールがBtoCサービスに適している理由

オンライン接客ツールがBtoCサービスに適している理由

ここからは、幅広い業界で導入されている人気ツール「LiveCall」を例にして、オンライン接客に専用ツールを用いるメリットをより具体的に解説していきます。

ブラウザベースのシームレスな通話が可能

前章でもお伝えした通り、オンライン接客ツールはアプリインストールやアカウント登録の手間がかからないという点が、Web会議ツールと比較した場合の大きなメリットです。

Livecallの場合は、通話ページにアクセスするためのリンクをECサイトやブランドサイト内に貼り付けるだけでオンライン接客の準備が整います。

また顧客側も、サイト内にあるリンクをクリックするだけで通話を開始できるため、普段使っているデバイス・ブラウザから手軽にサービスを利用できます。

他のサイトやアプリに遷移することなくオンライン接客サービスを受けられるというのは、ITツールの操作に慣れていない方にとって便利な仕組みと言えるでしょう。

予約・通話・購入手続きを一元管理できる

オンライン接客ツールには、接客サービスの提供に伴って必要となる機能がはじめから全て備わっているという点もWeb会議ツールと比較した場合のメリットの1つです。

例えばLivecallの場合、ビデオ通話をはじめ以下のような機能が搭載されています。

通話基本機能 ビデオ通話・音声通話/テキストチャット/ファイル送信/通話自動振り分け/通話メモ保存/リアルタイムステータス/通話モード切替/通話メニュー など
通話オプション機能 録画・録音/優先着信/通話転送/三者間通話/画面共有/位置情報/通話前・通話後アンケート/遠隔操作/免責事項の表示 など
予約機能 予約カレンダー/予約メニュー/事前アンケート/リマインドメール/ユーザー登録/カード決済 など
管理機能 モニタリング/通話履歴/CSVダウンロード/Googleアナリティクス連携 など

予約・通話・購入にいたるまでの各操作を全てLiveCall内で完結できるため、他ツールとの連携や切り替えといった手間をかけずに接客サービスを提供できます。

またスタッフの対応状況などもツール内で管理できるため、人材配置の効率化などにも役立つと言えるでしょう。

事前のアンケート調査でニーズを把握

オンライン接客ツールの場合、事前アンケート機能が備わっているという点もWeb会議ツールと比較した場合のメリットの1つです。

予約を受ける際や接客開始前などにあらかじめ顧客の要望を聞いておくことで、顧客の求める商品や情報を素早く提供できるようになります。

このような機能はWeb会議ツールには搭載されていないため、接客の成功率や顧客満足度の向上を図りたいのであれば、オンライン接客ツールの方が適していると言えるでしょう。

BtoC向けサービスに特化するなら【LiveCall】の導入がおすすめ

LiveCall

ここまで、BtoCサービスにオンライン接客ツールの利用をおすすめする理由を解説してきました。

最後に、前章でも少し紹介した人気のオンライン接客ツール「LiveCall」の特徴や利用方法について、より詳しく紹介していきます。

LiveCallの特徴

LiveCallは、BtoC利用に特化した“ビデオ通話型”のオンライン接客ツールです。

前章でお伝えしたように、ビデオ通話をはじめ予約機能や決済機能、事前アンケート機能など、オンライン接客に必要な機能が一通り揃っています。

また、他のオンライン接客ツールと比較した場合のLiveCallの強みとして以下のような点が挙げられます。

  • 専用アプリを必要とせず、ECサイト内のページからワンクリックで通話を始められる
  • ロゴの設定やカラー変更ができ、ブランディング効果を下げることなくサービスを提供できる
  • 即時通話型・予約通話型・ウィジェット型など、サービス内容に応じた効果的な導線の構築が可能
  • 直感的に操作できるインターフェイスとなっており、ITツールの操作に不安のある方でも比較的使いやすい
  • スタッフのログイン状況や通話履歴を素早く確認でき、管理者にとっても使い勝手が良い

LiveCallを利用した接客システム・流れ

LiveCallを利用したオンライン接客の基本的な流れは以下の通りです。

ステップ1.ワンクリックでオンライン接客を開始

LiveCallのリンクを既存のECサイト・ブランドサイトに貼り付けるだけで接続可能。

アプリインストールやアカウント作成なしで簡単に利用を始められるため、顧客側の負担はほとんどありません。

またブラウザからの即時通話だけでなく、予約通話や会員登録制の導入などにも対応しています。

ステップ2.リアルタイムでの接客で購入を後押し

専門スタッフによるリアルタイムの接客で、商品の購入に関する疑問・不安を素早く解消できるのがメリット。

また実際の商品を画面越しに映したり、機能や操作方法を実演したりすることにより、EC経由であっても店舗と同程度以上の高い購入率が見込めます。

ステップ3.その場で決済完了!

LiveCallなら通話の途中でも商品購入や決済の手続きを行うことが可能です。

会話の流れから顧客の購買意欲が高いタイミングを見計らって購入を促すことで、高い成約率を実現できるでしょう。

接客ツールとWeb会議ツールの比較まとめ

接客ツールとWeb会議ツールの比較まとめ
  • Web会議ツールはBtoB向け、オンライン接客ツールはBtoC向けの利用に特化したシステムのこと
  • Web会議ツールと比較して、オンライン接客ツールは予約・決済・アンケートなど様々な機能が搭載されている点で優れている
  • 新たにオンライン接客ツールを導入する場合は、各業界で高い導入率を誇る「LiveCall」がおすすめ

NECネッツエスアイでは、様々な業界のBtoCサービスに利用されている人気ツール「LiveCall」の導入・運用サポートを実施しています。

Web会議ツールにはない便利機能が豊富に搭載されているので、まだ接客ツールを利用していない企業様はぜひ一度NECネッツエスアイまでご相談ください。

※記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

symphonict

SymphonictとはNECネッツエスアイが提供する、「共創でお客様のビジネスに新たな価値を提供する」をコンセプトに先端技術やサービスを繋ぎ・束ねることでIT・デジタル変革技術やツール・システムを皆様にお届けするデジタルトランスフォーメーション(DX)サービス。→Symphonictに関してはこちら

※免責事項

本コンテンツは一般的な情報の提供を目的としており、法律的、税務的その他の具体的なアドバイスをするものではありません。個別具体的事案については、必ず弁護士、税理士等の専門家にご相談ください。

本コンテンツの情報は、その情報またはリンク先の情報の正確性、有効性、安全性、合目的性等を
補償したものではありません。

また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。