【管理者向け】ウェビナー参加者の出席状況を確認する方法を解説

Zoomウェビナーに搭載されている管理者向けの機能を紹介

【管理者向け】ウェビナー参加者の出席状況を確認する方法を解説
※ 記事内に使用されている写真・画像はイメージです。実際のプロダクトやサービスで提供される内容とは異なる場合があります。
※本ブログの内容については、記事掲載時点での情報に基づく記載となります。そのため製品に関する内容については、バージョンアップなどにより画像や操作手順等が現行のものと異なる場合がございます。

Zoomウェビナーのホストは、参加者・パネリストに対しての設定を変更する権限を持っています。

この記事では、ウェビナー参加者の一覧を確認したり、パネリストに昇格させたりする手順を解説していきます。

ウェビナー後のレポート作成・確認方法もまとめているので、管理者の方はぜひ参考にしてみてください。

ウェビナー参加者の出席状況を確認する方法

ウェビナー参加者の出席状況を確認する方法

まずはZoomウェビナーで参加者の一覧を確認する方法と、参加者に対する設定変更の手順を解説します。

前提条件

参加者の確認・設定変更を行うために必要となる前提条件は以下の通りです。

  • ウェビナーアドオンを契約していること
  • ウェビナーのホスト権限を持つユーザーであること

参加者の一覧を確認する

ウェビナーの参加者一覧を表示する手順は以下の通りです。(PC版デスクトップクライアント)

  1. Zoomアプリを起動してウェビナーを開始
  2. ウェビナーコントロールの「参加者」をクリック

参加者一覧の画面は、視聴者を確認できる「視聴者」タブと、ホスト・共同ホスト・パネリストを確認できる「パネリスト」タブに分かれています。

視聴者が7名以上いる場合はリスト上部に検索バーが表示され、名前による検索が可能となります。

また、参加者一覧の表示順は以下の通りです。

  1. 発言が許可されている参加者
  2. 挙手している参加者(最初に挙手した参加者が一番上に表示されます)
  3. 挙手していない参加者

参加者に対して設定できる項目

参加者の設定を変更する場合は、管理したい参加者の名前にカーソルを合わせて「詳細」をクリックします。

詳細オプションで変更可能な項目は以下の通りです。

機能 概要
発言を許可 参加者によるミュート解除・発言を許可する機能です。また許可後もミュートを維持する参加者に対して、ミュート解除を要求することもできます。
手を下げる 参加者の手を下げます。この操作を受けたユーザーは、参加者一覧の中で挙手しているユーザーの下部に移動します。
チャット チャット画面を起動し、参加者にメッセージを送信します。
パネリストに昇格 パネリストに昇格します。
名前の変更 他の参加者に表示される名前を変更します。
削除 ウェビナーから参加者を削除します。削除されたユーザーはホストの許可を得ない限り、再度参加し直すことはできません。

ウェビナー参加者をパネリストとして管理するには

ウェビナー参加者をパネリストとして管理するには

続いて、出席者をパネリストに昇格させる方法と、パネリストに対する設定変更の手順を見ていきましょう。

参加者をパネリストに昇格する

出席者としてウェビナーに参加しているユーザーをパネリストに昇格させる手順は以下の通りです。

  1. Zoomアプリを起動してウェビナーを開始
  2. ウェビナーコントロールの「参加者」をクリック
  3. 「出席者」タブをクリック
  4. 昇格させたいユーザーの名前にカーソルを合わせ「詳細」をクリック
  5. 「パネリストに昇格」をクリック

パネリストに対して追加設定できる項目

パネリストの詳細オプションで変更可能な項目は以下の通りです。

機能 概要
ミュート/ミュート解除 パネリストをミュートしたり、ミュートを解除したりします。
チャット チャット画面を起動し、パネリストにメッセージを送信します。
ホストにする ホストに昇格します。ただしホストとして存在できるのは1人だけです。
共同ホストを作成/ホスト権限を削除 共同ホストに昇格します。共同ホストの人数制限はありません。共同ホストの権限を削除することもできます。
役割を視聴者に変更 視聴者に降格します。
名前の変更 他の参加者に表示される名前を変更します。
ホールド状態にする パネリストを待機室に移動します。
削除 ウェビナーからパネリストを削除します。削除されたユーザーはホストの許可を得ない限り、再度参加し直すことはできません。

追加のコントロール

ウェビナーの参加者が出席者・パネリストに分かれた場合、ホストの画面には以下のコントロールが追加されま

機能 概要
招待 他のユーザーをミーティングに招待します。
すべてミュート 全パネリストおよび発言の権限が与えられている出席者をミュートにします。
全員にミュートを解除するよう依頼 全パネリストおよび発言の権限が与えられている出席者に対し、ミュートの解除を依頼します。
開始時にパネリストをミュートに設定 新たにパネリストとなるユーザーをミュートにします。ただし、パネリストは自分でミュートを解除することができます。
パネリストに自分のミュート解除を許可 パネリストが自分でミュートを解除することができるようにします。
パネリストが自分の名前を変更するのを許可 パネリストが自分の名前を変更できるようにします。
誰かが参加するときまたは退出するときに音声を再生 新しいパネリスト・出席者がウェビナーに入退室する際にチャイムを鳴らします。
ウェビナーをロック 新しいパネリスト・出席者がウェビナーに参加できないようにロックします。
パネリストのビデオの開始を許可 自分のミュート解除・名前の変更・ビデオの開始をパネリストに対して許可します。

配信終了後のレポート作成・確認方法

配信終了後のレポート作成・確認方法

ウェビナーの配信を終えたあとは、ウェビナーに関するレポートの作成・確認を行うことができます。

ウェビナーレポートの種類

ウェビナーで作成可能なレポートの種類は以下の通りです。(※今月分および過去6ヶ月分まで確認可能)

登録レポート 登録者のリストと詳細を確認します。
参加者レポート 参加者の詳細を確認します。
パフォーマンスレポート 登録・参加・フィードバックのエンゲージメント統計を確認します。
Q&Aレポート ウェビナーからの質問と回答を確認します。
投票レポート 参加者ごとの投票レポートを確認します。

レポートの作成手順

ウェビナーレポートを作成する手順は以下の通りです。

  1. ZoomのWebサイト(https://zoom.us/)にアクセスしてサインイン
  2. ナビゲーションメニューから「レポート」をクリック
  3. 「ウェビナー」をクリック
  4. 確認するレポートの種類を選択
  5. 開催日を設定して「フィルター」をクリックまたはID番号を入力して「検索」をクリック
  6. 確認したいウェビナーを選択して「CSVレポートを生成」をクリック

レポートが生成されると、自動でローカルにダウンロードされます。

ダウンロードデータはExcel・メモ帳・CSV形式と互換性のあるアプリから確認できます。

まとめ

まとめ
  • Zoomウェビナーの管理者は参加者一覧の確認や権限変更などの設定を行うことができる
  • 参加者の役割には「視聴者」と「パネリスト」の2種類があり、役割によって設定できる項目も異なる
  • ウェビナー終了後、管理者はWebポータルからレポートを生成・確認することができる

NECネッツエスアイでは、今回ご紹介したZoomウェビナーを用いたウェビナー運営代行・配信支援・DX支援などのサービスを提供しています。

Zoomウェビナーの操作指導をはじめ、配信スタジオのレンタル・出張サポート・環境構築など幅広いサポートが可能ですので、ウェビナー導入をお考えの企業様はぜひ一度ご相談ください。

※本コンテンツに記載されている会社名、サービス名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

symphonict

SymphonictとはNECネッツエスアイが提供する、「共創でお客様のビジネスに新たな価値を提供する」をコンセプトに先端技術やサービスを繋ぎ・束ねることでIT・デジタル変革技術やツール・システムを皆様にお届けするデジタルトランスフォーメーション(DX)サービス。→Symphonictに関してはこちら

※免責事項

本コンテンツは一般的な情報の提供を目的としており、法律的、税務的その他の具体的なアドバイスをするものではありません。個別具体的事案については、必ず弁護士、税理士等の専門家にご相談ください。

本コンテンツの情報は、その情報またはリンク先の情報の正確性、有効性、安全性、合目的性等を
補償したものではありません。

また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。


閉じる