ウェビナー運営代行でできること。DXを推進するおすすめサービスも紹介!

新たにウェビナーの仕組みを導入する場合は、運営代行会社の利用がおすすめ

ウェビナー運営代行でできること。DXを推進するおすすめサービスも紹介!
※ 記事内に使用されている写真・画像はイメージです。実際のプロダクトやサービスで提供される内容とは異なる場合があります。
※本ブログの内容については、記事掲載時点での情報に基づく記載となります。そのため製品に関する内容については、バージョンアップなどにより画像や操作手順等が現行のものと異なる場合がございます。

従来のセミナーをオンライン開催に移行することで業務効率化やコスト削減などを期待できますが、その方法や手段が分からずに困っているという企業様はまだ多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、ウェビナーの導入や配信のサポートを提供する“運営代行会社”についてご紹介します。

運営代行会社で受けられる具体的なサポ-ト内容や、業者選びのポイントなどを解説しているので、ウェビナー導入をお考えの企業様はぜひ参考にしてみてください。

ウェビナー配信の運営代行とは?選び方のポイント

ウェビナー配信の運営代行とは?選び方のポイント

まずは、ウェビナー配信の運営代行会社が実施している主なサポ-ト内容と、運営代行会社を選ぶときの比較ポイントについて詳しく見ていきましょう。

ウェビナーの運営代行会社で受けられるサポート内容

ウェビナー運営代行会社とは、ウェビナーツールの導入や運用・集客などのサポ-トを提供する業者のことです。

コロナ禍で急速にウェビナーツールの普及が進みましたが、これまでに配信経験のない企業様の場合、知識や経験不足によって正しい効果を得られない可能性があります。

こうした場合には、ウェビナー配信のノウハウを持つ運営代行会社へ依頼して、少しずつ配信実績を積んでいくことが大切です。

ウェビナーの運営代行会社では、主に以下のようなサポートを提供しています。

事前準備 配信設備の準備・参加申込フォームの作成・配信プランの提案・リハーサル実施 など
当日 配信環境の構築・配信サポ-ト・配信代行・問い合わせ対応 など
配信後 アーカイブ配信の準備・アンケート作成・レポート作成 など

ウェビナー配信の一部または全部を運営代行会社に依頼することで、企業様側には以下のようなメリットを期待できます。

  • 社内リソース(設備・スタッフ)が不十分な状態でもウェビナーを開催できる
  • 運営代行会社から総合的な支援を受けることで、ウェビナー初開催でも結果を残せる
  • 運営代行会社への委託によって、社内スタッフの業務負担を軽減できる
  • 経験豊富な運営代行会社へ依頼すれば、高い集客率・収益率を見込める
  • 運営代行会社主催の研修・講習会への参加で社内にもノウハウを蓄積できる など

ウェビナー運営代行会社を選ぶときのポイント

ウェビナー運営代行会社を利用する場合は、以下のようなポイントで業者を比較してみましょう。

必要なサポ-トを受けられるか

先ほど運営代行会社の主なサポート内容を紹介しましたが、全ての運営代行会社で同じサービスを受けられるわけではありません。

例えば、1度きりのウェビナー配信であれば、スタジオのレンタルや進行補助を受けられる業者がおすすめです。

一方で、これから定期的にウェビナー配信を行う予定がある場合は、最終的に社内スタッフのみで実施できるよう、オペレーター育成に対応した業者を選ぶのが良いでしょう。

ウェビナーツールの種類

運営代行会社が提供しているウェビナーツールもチェックポイントの1つです。

ウェビナーの配信方法には、リアルタイムのライブ配信と録画配信の大きく2種類があり、ツールによって対応する配信方法が異なる場合があります。

運営代行会社へ依頼する際は、双方の配信方法に対応したツールを導入している業者を選ぶのがおすすめです。

これまでの代行実績

ウェビナーの運営代行会社を選ぶときは、過去のサポート実績や評判なども確認しておきましょう。

せっかく代行会社を利用するのであれば、単にウェビナー導入のサポートを受けるだけでなく、ウェビナーを活用した顧客獲得・マーケティングのアドバイスも受けられる業者がおすすめです。

運営代行・支援をご希望の企業様にはNECネッツエスアイのサービスがおすすめ

運営代行・支援をご希望の企業様にはNECネッツエスアイのサービスがおすすめ

Zoomサービスを販売するNECネッツエスアイでは、その豊富な導入経験と知識を活かした運営代行サービス「Zoomオンライン配信サービス」の提供も行っています。

Zoomオンライン配信サービスで受けられる主なサポ-ト内容は以下の通り。

Zoom配信用スタジオ貸出サービス 日本橋(東京都)スタジオの貸出および専任オペレーターによる配信機器の操作支援を行います。必要機材の揃ったスタジオを2時間からレンタルできる他、要件に合わせたカスタマイズも可能です。
お客様先Webinar配信支援サービス 指定の場所へ専任オペレーターを派遣し、ウェビナーマーケティングの支援を行います。配信プランの提案・機材の手配・当日の進行などを一括でサポートすることができます。
スタジオ構築サービス 要件に合わせた配信スタジオの構築(レイアウト・什器・配線工事など)を行うサービスです。配信用スタジオ(ハイエンドモデル)・簡易配信用スタジオ(ミドルクラスモデル)・個人配信ブース(エントリーモデル)を基準に、任意のカスタマイズにも対応します。
その他のサポート Zoom製品に関する問い合わせやイベント設定支援、スタジオオペレーター育成などのサポートも実施。また同時通訳サービスやオンライン研修サービスといったプランもあります。

NECネッツエスアイはZoomウェビナーの配信スタジオを所有しており、必要な機材が全て揃った状態でのウェビナー開催を実現できます。

オペレーター育成にも対応しているので、まずはスタジオレンタルでウェビナー配信の経験を積み、その後自社スタジオの構築・社内スタッフでの運用を目指していくのがおすすめです。

またZoomウェビナーはライブ配信・録画配信の双方に対応した機能性の高いウェビナー配信ツールです。

以下のようなオンラインイベントの開催を予定している企業様は、ぜひ一度NECネッツエスアイへご相談ください。

外部向け情報発信 記者会見・株主総会/決算発表会・お客様向けセミナー・製品説明会/発表会・学会/シンポジウム など
内部向けイベント トップメッセージ発信・キックオフ・社員/職員教育・内部向け勉強会 など
採用活動 会社説明会・個人面談・集団面接・インターンシップ対応 など

Zoomウェビナーのおすすめ活用シーン

Zoomウェビナーのおすすめ活用シーン

コロナ禍の現在、各業界ではデジタル技術を活用した新たなビジネスモデルの構築(DX)が急務となっています。

ここからは、DXの入り口としておすすめしたいZoomウェビナーの活用方法をご紹介していきます。

またNECネッツエスアイが提供するDXサービスについてもまとめているので、合わせてチェックしてみてくださいね。

オンラインイベントを契機とした顧客獲得

これまでは、会場を手配して参加者を一か所に集約するオフライン型のセミナーが主流でしたが、コロナ禍以降は会場開催が難しくなり、オンライン開催に移行する企業が増えています。

Zoomウェビナーはオンラインでのセミナー・講演会を手軽に実現できる便利なツールです。

時間や場所の制約を受けずにセミナーへ参加してもらえるため、会場開催では集客できなかった層からも顧客を獲得するチャンスをつくることができます。

非対面での面談・契約締結

金融・証券業界のように、顧客との個別面談や契約締結といった業務を必要とする業界でもZoomが役立ちます。

Zoomを導入することで、例えば同席が必要な家族が遠方にいる場合でもスムーズな契約締結が可能です。

また電子契約サービスなどを組み合わせれば、契約者本人とのやり取りもオンライン上で完結できるようになります。

大幅な業務効率化を図るなら【金融DX】

NECネッツエスアイでは、特に金融・証券業界の企業様に向けて「金融DX」サービスの提供を実施しています。

金融DXサービスはZoomウェビナーと各種ITツールを組み合わせた支援サービスで、Webセミナーでの顧客獲得から面談・契約までを一括でデジタル化。

本格的なDXを後押しする取り組みとして、多くの企業様にご利用いただいています。

金融DXサービスで取り扱っている主なITツールとサポ-ト内容は以下の通りです。

ツール サポ-ト内容
slido 双方向のコミュニケーション環境の提供・Q&Aやアンケートの操作支援 など
VIDIZMO 見逃し配信などの視聴環境の提供・動画コンテンツの文字起こし支援 など
eeasy 面談候補日の抽出と送付・オンライン会議のURL通知 など
box 資料や商品パンフレットのデータ送付 など
Zoom Rooms 無人受付システムの設置・ハイブリッド面談の環境整備 など
neat. CO2濃度の計測による感染対策 など
DocuSign 社内稟議や決済の電子申請化・契約電子化 など
FilingStars 書類の電子化・原本保管 など

NECネッツエスアイはいち早くDXを実践した企業として、様々な課題解決のサポート・ご提案が可能です。

プランのカスタマイズなども対応可能ですので、詳しいプランや料金については、一度NECネッツエスアイまでお問い合わせください。

まとめ

  • ウェビナーの運営代行会社では、配信環境の手配や当日の進行補助、オペレーター育成といったサポートを受けられる
  • 運営代行会社によって対応している内容が異なるため、利用しているツールや過去の実践などを踏まえて比較することが大切
  • Zoomウェビナーを活用したDX推進なら、豊富な実績を持つNECネッツエスアイが提供する支援サービスがおすすめ

NECネッツエスアイは自社でもDX推進に取り組んでおり、経験に基づく的確なアドバイス・ご提案が可能です。

業務のデジタルシフトは今後ますます加速していくことが予想されるので、他社と差を付けるためにも早期の導入をご検討ください。

※記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

symphonict

SymphonictとはNECネッツエスアイが提供する、「共創でお客様のビジネスに新たな価値を提供する」をコンセプトに先端技術やサービスを繋ぎ・束ねることでIT・デジタル変革技術やツール・システムを皆様にお届けするデジタルトランスフォーメーション(DX)サービス。→Symphonictに関してはこちら

※免責事項

本コンテンツは一般的な情報の提供を目的としており、法律的、税務的その他の具体的なアドバイスをするものではありません。個別具体的事案については、必ず弁護士、税理士等の専門家にご相談ください。

本コンテンツの情報は、その情報またはリンク先の情報の正確性、有効性、安全性、合目的性等を
補償したものではありません。

また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。



閉じる