バナーやロゴなど!Zoomウェビナーのブランディングのカスタマイズ方法とは

ウェビナー集客には申し込みページのブランディング設定も重要?

バナーやロゴなど!Zoomウェビナーのブランディングのカスタマイズ方法とは
※ 記事内に使用されている写真・画像はイメージです。実際のプロダクトやサービスで提供される内容とは異なる場合があります。
※本ブログの内容については、記事掲載時点での情報に基づく記載となります。そのため製品に関する内容については、バージョンアップなどにより画像や操作手順等が現行のものと異なる場合がございます。

企業でZoomウェビナーを開催する際は、他のウェビナーとの差別化を図るために、申し込みページへロゴやバナーなどのブランディング設定を追加するのがおすすめです。

この記事では、ブランディングの概要と、Zoomウェビナーでのブランディング設定の手順を解説しています。

ウェビナーの申し込みページにも企業の色を出したいとお考えの方はぜひ参考にしてみてください。

Zoomウェビナーは事前登録ページにブランディング設定を行える

Zoomウェビナーは事前登録ページにブランディング設定を行える

まずは、“ブランディング”という言葉の意味と、Zoomウェビナーで利用できるブランディングのカスタマイズ機能の概要について詳しく見ていきましょう。

ブランディングとは?

ブランディングは英語の「Branding」からきており、ブランドをつくる・構築するといった意味を持つ言葉です。

では「ブランド」とは何か?というと、一般財団法人ブランド・マネージャー認定協会では以下のように定義されています。

ブランド ある特定の商品やサービスが、消費者・顧客によって「識別されている」とき、その商品やサービスを「ブランド」と呼ぶ。(一般財団法人ブランド・マネージャー認定協会による 消費者・顧客から見た「ブランド」の定義)
ブランディング ブランド・アイデンティティとブランド・イメージを一致させる活動のこと。
ブランド・アイデンティティ 企業がある製品・サービスが「何ものか」を示すため定める「旗印」のこと。言い換えると「ブランド独自の価値」をひとことで表したもの。
ブランド・イメージ 消費者・顧客が心の中に抱く、ブランドに対する心象のこと。

参照:https://www.brand-mgr.org/knowledge/word/

つまり、消費者や顧客の中で、自社の商品・サービスが他社のものと明らかに区別されている状態を目指すための取り組みを「ブランディング」と呼ぶのです。

例えば、オンライン会議ツールには様々な種類がありますが、一般にオンライン会議ツールといえば「Zoom」をイメージする方が多いはずです。

このように、「○○といえば△△」という段階まで認知を広げることができれば、ブランディングに成功したと言えるでしょう。

ブランドと聞くと高級品・高価なものというイメージを持つかもしれませんが、決して高級品のためだけに用いられている考え方ではないのです。

Zoomウェビナーにおけるブランディング設定の概要

Zoomウェビナーでは、事前登録ページのブランディング設定として、タイトル・バナー・ロゴ・配色・講演者情報などの追加入力・カスタマイズを行えるようになっています。

また講演者情報については、ウェビナーの招待メールおよび参加者の確認メールへの掲載も可能です。

Zoomウェビナーは多くの企業が導入しているウェビナーツールであるため、ブランディング設定を行わないと、どの申し込みページも同じ見た目になってしまうという難点があります。

また企業サイトからウェビナーの申し込みページへ遷移したときに、全く違うサイトに移動してしまったような感覚を顧客に与え、最悪の場合はそのまま離脱されてしまうかもしれません。

こうした課題を解決するためにも、企業サイトのデザインに合わせた配色に変更したり、企業のロゴやバナーを追加したりといったブランディング設定は重要であると言えるでしょう。

Zoomウェビナーのブランディングのカスタマイズ方法

Zoomウェビナーのブランディングのカスタマイズ方法

ここからは、実際にZoomウェビナーのブランディング設定をカスタマイズする手順を解説していきます。

なお、Zoomウェビナーでブランディング設定を行うには、Zoomミーティングの有料ライセンス契約およびウェビナーアドオンの追加契約が必要です。

また事前登録を求める形でスケジュールされたウェビナーがブランディング設定の対象となります。

ブランディング設定へのアクセス方法

特定のウェビナーにブランディング設定を行う場合

  1. ZoomのWebサイト(https://zoom.us/)にアクセスしてサインイン
  2. ナビゲーションメニューから「ウェビナー」をクリック
  3. ブランディング設定を行いたいウェビナーのトピック(タイトル)をクリック
  4. 「ブランディング」タブをクリック
  5. 各項目のブランディング設定をカスタマイズ(詳しくは後述)

アカウントの全ウェビナーにブランディング設定を行う場合

アカウント設定の編集権限を持つユーザー(管理者・オーナー)は、アカウント内で登録された全てのウェビナーに対してブランディング設定を行うことができます。

  1. ZoomのWebサイト(https://zoom.us/)にアクセスしてサインイン
  2. ナビゲーションメニューから「アカウント管理」▶「ウェビナー設定」をクリック
  3. 「ブランディング」タブをクリック
  4. 各項目のブランディング設定をカスタマイズ(詳しくは後述)

タイトル

ウェビナーのタイトル欄は「ウェビナー事前登録」が初期設定となっているため、必要に応じて任意のタイトルに変更しましょう。

  1. タイトルセクションの「編集」をクリック
  2. 任意のタイトルを入力
  3. 「保存」をクリック

バナー

バナー画像を追加すると、事前登録ページの上部に登録したバナーが表示されるようになります。

なお設定できるバナー画像のフォーマット・サイズは以下の通りです。

バナーフォーマット GIF・JPG/JPEG・24-bit PNG(アルファ/透過設定は可能)
バナーサイズ 640px×200px
バナーの最大容量 1024KB
  1. バナーセクションの「アップロード」をクリック
  2. バナーとして設定したい画像を選択

選択後は自動的にアップロードされ、事前登録ページにバナーが表示されます。

バナーが表示されない場合は、画像のフォーマットやサイズに問題がないかどうかを確認してみましょう。

ロゴ

ロゴ画像を追加すると、事前登録ページの右側にロゴが表示されるようになります。

なお設定できるロゴ画像のフォーマット・サイズは以下の通りです。

ロゴフォーマット GIF・JPG/JPEG・24-bit PNG(アルファ/透過設定は可能)
ロゴサイズ 640px×200px(推奨)・600px×600px(最大)
ロゴの最大容量 1024KB
  1. ロゴセクションの「アップロード」をクリック
  2. ロゴとして設定したい画像を選択

こちらもバナーと同様、選択後は自動でアップロード・表示されるので、表示されない場合は仕様が条件を満たしているか確認してみてください。

講演者情報

  1. 講演者セクションの「講演者を追加」をクリック
  2. 「アップロード」をクリック
  3. ポートレート部分の「開く」をクリックして任意の画像をアップロード
  4. 講演者の氏名・役職・組織・経歴(最大400文字)を入力
  5. 「保存」をクリック

ウェビナーの講演者情報は最大で10名分まで登録することができます。

追加の講演者情報を入力する場合は、「別の講演者を追加」をクリックして同様の操作を繰り返しましょう。

テーマ

  1. テーマセクションの「テーマの変更」をクリック
  2. テーマ一覧か選択または「カスタム」をクリックして任意のカラーを指定
  3. 「保存」をクリック

まとめ

まとめ
  • ブランディングとは、企業が定めるブランドイメージと、顧客が認識するブランドイメージを一致させるための取り組みのこと
  • ウェビナーにおいては、ブランドカラーに合わせた配色・ロゴやバナーの設置などで申し込みページのブランディングを行うことができる
  • Zoomウェビナーでは、配色やロゴ・バナーのカスタマイズの他、講演者情報の追加などにも対応している

ブランディング設定は集客効果にも影響する重要なポイントとなるので、Zoomウェビナーをお使いの企業様は積極的に活用してみましょう。

NECネッツエスアイでは、Zoomウェビナーの導入や運用に関する幅広いサポートに対応した「Zoomオンライン配信サービス」を実施しています。

また金融・証券業界の企業様向けに、Zoomウェビナーを活用してオンラインでの個別面談・契約業務などを実現する「金融DX」の提供も行っています。

ブランディングだけでなく、当日の進行やアフターフォローなどもウェビナーの成功に欠かせないポイントとなるので、運用に不安のある方はぜひ一度お問い合わせください。

【関連記事】合わせて読みたい

※記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

symphonict

SymphonictとはNECネッツエスアイが提供する、「共創でお客様のビジネスに新たな価値を提供する」をコンセプトに先端技術やサービスを繋ぎ・束ねることでIT・デジタル変革技術やツール・システムを皆様にお届けするデジタルトランスフォーメーション(DX)サービス。→Symphonictに関してはこちら

※免責事項

本コンテンツは一般的な情報の提供を目的としており、法律的、税務的その他の具体的なアドバイスをするものではありません。個別具体的事案については、必ず弁護士、税理士等の専門家にご相談ください。

本コンテンツの情報は、その情報またはリンク先の情報の正確性、有効性、安全性、合目的性等を
補償したものではありません。

また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。



閉じる