【Zoom】ホストキーとは?操作手順と活用シーンを解説

【Zoom】ホストキーとは?操作手順と活用シーンを解説

※ 記事内に使用されている写真・画像はイメージです。実際のプロダクトやサービスで提供される内容とは異なる場合があります。
※本ブログの内容については、記事掲載時点での情報に基づく記載となります。そのため製品に関する内容については、バージョンアップなどにより画像や操作手順等が現行のものと異なる場合がございます。

※Zoom及びZoom名称を含むサービスはZoom Video Communications, Inc.が提供するサービスです。

2022年7月15日よりzoomは無料ラインス契約の場合、参加者2名のミーティングの場合であっても40分制限がかかるようになります。(従来は3人以上のミーティングの場合のみ)
ビジネスにZoomをご利用いただいている企業・団体様はこの機会に有料ライセンスへの切り替えをご検討ください。→お問い合わせはこちら

Zoomミーティングには、会議を立ち上げたユーザー(ホスト)が不在の場合に、別のユーザーをホストとして設定するための機能が備わっています。

この記事では、ホスト権限を付与するために用いられる「ホストキー」の概要と詳しい使い方をご紹介。

ミーティング時にホストが不在となる場合でもスムーズに対応できるよう、ホストキーの付与に必要な操作を一通り確認しておきましょう。

Zoomのホストキーとは?

Zoomミーティングにおけるホストキーとは、ミーティングのホストコントロールを付与するために必要となる6桁のPIN(暗証番号)のことです。

まずは、ホストキーが必要となるシーンや使用の前提条件について詳しく見ていきましょう。

ホストキーの概要・活用シーン

通常、Zoomミーティングのホストには、ミーティングを立ち上げた(スケジュールした)ユーザーが配置されます。

しかし何らかの事情でホストを務められない場合には、別のユーザーにホスト権限を付与することが可能です。

ホストキーが使用されるシーンには以下のようなものが挙げられます。

  • 「ホストの前に参加」の設定が有効な会議に参加した場合(Zoomデスクトップクライアントを使用)
  • 電話でミーティングに参加した後
  • SIP/H.323デバイスからミーティングを開始、あるいはミーティング中にホストオプションを使用するとき
  • Zoom Roomsでスケジュールされたミーティングに参加した後(Zoom Room ControllersでミーティングIDまたはパーソナルミーティングURLを入力して参加)
  • Zoom Roomsでミーティングリストを使用してミーティングに参加した後(複数のZoom Roomsが加わっている場合は、最初に加わったZoom Roomsがホストに設定される)

なお、Zoomライセンスの管理者については、高度なセキュリティの設定によってユーザーがホストキーを任意に変更できないようロックすることができます。

またホスト以外の参加者がホストキーを使用したあとで、本来のホストがミーティングに参加し「ホストの再要求」を行った場合、ホスト権限が元のホストに移動し、代替ホストは一般の参加者に降格される点に注意しましょう。

ホストキーを使用するための前提条件

Zoomミーティングのホストキーを発行するためには、Zoomの有料ライセンス(Professional・Business・Enterprise)を持つアカウントである必要があります。

またホストキーの要求に必要な各ツールのバージョンは以下の通りです。

Zoomデスクトップクライアント Windows:4.6.0以降・mac OS:4.6.0以降・Linux:3.5.33016601202以降
Zoomモバイルアプリ Android:4.6.0以降・iOS:4.6.0以降
カンファレンスルーム向けZoom Rooms PC:4.6.0以降・mac OS:4.6.0以降

Zoomでのホストキーの使い方

続いて、実際にホストキーを発行・編集したり、ホストキーの付与を要求したりするときの操作手順について詳しく見ていきましょう。

ホストキーの編集

任意の6桁のホストキーを編集する手順は以下の通りです。

  1. Zoomウェブポータル(https://zoom.us/)にサインイン
  2. ナビゲーションパネルから「プロフィール」をクリック
  3. 「ホストキー」セクションまでスクロールし、「表示」をクリックして現在のPIN設定を確認
  4. 「編集」をクリックして任意の6桁のホストキーを入力
  5. 「保存」をクリック

デスクトップクライアントからホスト権限を要求する

「ホストの前に参加」の設定が有効となっている場合、必要に応じてホスト権限を要求することができます。

デスクトップクライアントからホスト権限を要求するときの操作手順は以下の通りです。

  1. Zoomデスクトップクライアントからミーティングに参加
  2. 画面下部のメニューから「参加者」をクリック
  3. リスト下部にある「ホストを申請」をクリック
  4. 付与されたホストキーを入力し「ホストの要求」をクリック

ホストキーの承認後、ホストコントロールの利用が可能となります。

H.323/SIPデバイスからホスト権限を要求する

ダイヤル文字列にホストキーを入力することで、H.323またはSIPデバイスからのホスト参加が可能です。

「ホストの前に参加」の設定が有効となっている場合、ミーティング内のホストメニューにアクセスするとホストキーの入力を促されます。

ホストとして参加する場合は以下のいずれかのダイヤル文字列を使用します。

パスコード ダイヤル文字列
H.323デバイス なし [IPアドレス]##[ミーティングID]##[ホストキー] 192.168.1.25##123456789###123456
あり [IPアドレス]##[ミーティングID]#[パスワード]#[レイアウト]#[ホストキー] 192.168.1.25##123456789#12345#11#123456
SIPデバイス なし [ミーティングID]…[ホストキー]@[IPアドレス] 123456789…123456@zoomcrc.com
あり [ミーティングID]…[パスワード]..[ホストキー]@[IPアドレス] 123456789.12345..123456@zoomcrc.com

クラウド録画開始時にホスト権限を要求する

ミーティングへ参加するタイミングでホストキーを入力していない場合(ミーティング中にホスト権限を移動させた場合)、クラウドレコーディングの開始時にホストキーの入力を求められます。

クラウドレコーディングを使用する予定がある場合は注意しましょう。

まとめ

  • ホスト不在のミーティングを実施する場合は、事前に代替ホストへホストキーを共有しておく必要がある
  • ホストキーの機能を利用するには、Zoomの有料ライセンスを契約していることが前提条件となる
  • ホストキーは通常のミーティングだけでなく、H.323/SIPデバイス・電話でのミーティング参加時でも利用可能

Zoomミーティングは必ずいずれかのユーザーがホストとして操作を制御することになるため、ミーティング中に抜けたり再入室したりする可能性がある場合にはホストキーを利用できるようにしておきましょう。

NECネッツエスアイでは、ホストキー利用の前提条件であるZoom有料ライセンスの導入・運用サポートを実施しています。

ウェビナーやDocuSignといった様々なDXツールとの組み合わせも可能ですので、業務のデジタル化をご検討中の企業様はぜひ一度ご相談ください。

※記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

symphonict

SymphonictとはNECネッツエスアイが提供する、「共創でお客様のビジネスに新たな価値を提供する」をコンセプトに先端技術やサービスを繋ぎ・束ねることでIT・デジタル変革技術やツール・システムを皆様にお届けするデジタルトランスフォーメーション(DX)サービス。→Symphonictに関してはこちら

※免責事項

本コンテンツは一般的な情報の提供を目的としており、法律的、税務的その他の具体的なアドバイスをするものではありません。個別具体的事案については、必ず弁護士、税理士等の専門家にご相談ください。

本コンテンツの情報は、その情報またはリンク先の情報の正確性、有効性、安全性、合目的性等を
補償したものではありません。

また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。