Zoom Whiteboard(ホワイトボード)登場!2022年4月に新機能としてリリース

ホワイトボード機能に保存しておくだけで簡単にZoom会議で使うことができる!新機能の中身とは

※ 記事内に使用されている写真・画像はイメージです。実際のプロダクトやサービスで提供される内容とは異なる場合があります。
※本ブログの内容については、記事掲載時点での情報に基づく記載となります。そのため製品に関する内容については、バージョンアップなどにより画像や操作手順等が現行のものと異なる場合がございます。

※Zoom及びZoom名称を含むサービスはZoom Video Communications, Inc.が提供するサービスです。

2022年7月15日よりzoomは無料ラインス契約の場合、参加者2名のミーティングの場合であっても40分制限がかかるようになります。(従来は3人以上のミーティングの場合のみ)
ビジネスにZoomをご利用いただいている企業・団体様はこの機会に有料ライセンスへの切り替えをご検討ください。→お問い合わせはこちら

社内教育や会社紹介、営業などでサービス紹介をする際にpptxファイルやpdfファイルをZoomで画面共有している方は非常に多いと思います。

ただ、毎回資料を探しておくのは面倒ですし、もっとスマートに資料共有や紹介をしたいはず。

そんな方に朗報があります。それが新機能として2022年4月にリリースされ、実装されたZoom Whiteboard(ズーム ホワイトボード)

詳細は本文内で詳しくご紹介しますが、これまでZoomはWeb会議中にマウスやデジタルペンを使用し文字や図を書いて画面共有するホワイトボード機能に加え、付箋やコメントなどをつけることができるようになりました。

さらに作成した図やイメージを参加者に共有したり一緒に編集ができるように。

新機能は非常に便利です。ぜひこの記事を読んで新しい使い方や利用方法をマスターしてください。

2022年新機能登場!Zoom Whiteboard(ズーム ホワイトボード)

新機能のZoom Whiteboard(ズーム ホワイトボード)はZoomにログインさえすれば、ミーティング中でもミーティング外でも保存しておいた図や文字などを呼び出して利用・編集することができます。

新機能のホワイトボードは前のホワイトボードと違い、永続的に保存されますので、ミーティングのたびに新しいものを作り直したり、画面共有のための資料を用意しておく必要はありません。

ちなみに人気であった、旧機能のホワイトボードも2022年5月現在、従来と変わらず使用することができます。

新機能と旧機能を比較

新機能(Zoom Whiteboard) 旧機能(画面共有機能内のホワイトボード)
データの保存 永続的 一時的
使用のタイミング ミーティング中、ミーティング前後 ミーティング中のみ
他者との共有 可能 不可能

利用条件・環境

Zoom Whiteboard(ズーム ホワイトボード)の利用のための条件、環境は以下のようになっており、無料で利用可能。

  • バージョン Zoom 5.10.3
  • デスクトップ(Windows/Mac/Linux)
  • モバイル(iOS/Android)

Zoom Whiteboard(ズーム ホワイトボード)の使い方

Zoom Whiteboard(ズーム ホワイトボード)はあらゆる場所からアクセスできます。

WebサイトからZoom Whiteboardにアクセスする場合

  1. ZoomのWebサイトにアクセス
  2. サインイン後、左側メニュー「ホワイトボード」をクリック
  3. 「+New」ボタン、もしくは「New Whiteboard」ボタンをクリック

Zoomのデスクトップ・スマホアプリからアクセスする場合

  1. Zoomのアプリをデスクトップ、もしくはスマホから立ち上げる
  2. サインイン後、上部のメニューバーから”ホワイトボード”を選択
  3. 「+New」ボタン、もしくは「New Whiteboard」ボタンをクリック

Zoomを使用したWeb会議・ミーティング中にアクセスする場合

  1. Zoomミーティング中、ホームバー内”ホワイトボード”をクリック
  2. 新しいホワイトボード、もしくは保存済みの資料を選択
  3. 下部にある「開いてコラボレーションする」をクリック

Zoom Roomsからアクセスする場合

  1. Zoom RoosのタッチデバイスからZoomを立ち上げる
  2. 上部のメニューバーから”ホワイトボード”を選択
  3. 「+New」ボタン、もしくは「New Whiteboard」ボタンをクリック

【追加された新機能】付箋やメモ、コメント機能・ユーザー間共有について

新機能Zoom Whiteboard(ズーム ホワイトボード)で新しくできるようになったことをご紹介します。

付箋 ブレインストーミングやアイディア出しなど
コメント ホワイトボードを共有、編集可能状態でコメントをつける
バージョン管理 情報の追加の流れなどを把握する
ユーザー間共有 共同編集者を設定することで同時編集を可能にする

新しいZoom体験で更なるDX体験を

いかがだったでしょうか、今回は2022年4月にリリースされたZoom Whiteboard(ズーム ホワイトボード)をご紹介しました。

これまでオンラインミーティング中でしか利用できなかったホワイトボード機能がさらに使いやすく、またミーティングや会議の前後に利用できるようになったことで、新しいZoom体験が可能になりました。

今やビジネス会議だけでなく授業や接客、オンライン配信にも利用されるようになっているZoomですが、このような新機能により更なるDXが進んでいきそうです。

※記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

symphonict

SymphonictとはNECネッツエスアイが提供する、「共創でお客様のビジネスに新たな価値を提供する」をコンセプトに先端技術やサービスを繋ぎ・束ねることでIT・デジタル変革技術やツール・システムを皆様にお届けするデジタルトランスフォーメーション(DX)サービス。→Symphonictに関してはこちら

※免責事項

本コンテンツは一般的な情報の提供を目的としており、法律的、税務的その他の具体的なアドバイスをするものではありません。個別具体的事案については、必ず弁護士、税理士等の専門家にご相談ください。

本コンテンツの情報は、その情報またはリンク先の情報の正確性、有効性、安全性、合目的性等を
補償したものではありません。

また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。