有料転送サービスの利用料が高額に!着信した電話に通話料が発生する理由

有料電話転送サービスの利用料金が高くなる理由

有料転送サービスの利用料が高額に!着信した電話に通話料が発生する理由
注意事項
・本コンテンツは一般的な情報の提供を目的としているため、弊社が関与していない取組みを含みます。
・記事内に使用されている写真・画像はイメージです。実際のプロダクトやサービスで提供される内容とは異なる場合があります。
・本ブログの内容については、記事掲載時点での情報に基づく記載となります。そのため製品に関する内容については、バージョンアップなどにより画像や操作手順等が現行のものと異なる場合がございます。

ボイスワープ®は、NTT東日本・NTT西日本の固定電話・ひかり電話に対する自動着信転送サービスの商標です。

リモートワークが新しい働き方として浸透してきた今日、電話転送サービスはなくてはならないものとなりました。

有料の電話転送サービスは比較的安価で導入しやすいものですが、実は従量制課金の部分があるため、料金システムをきちんと把握していないと高額の請求書を受け取ることになってしまいます。

この記事では、有料の電話転送サービスの料金が高額になる理由を解説します。

転送料金を抑えたい場合は、ぜひ参考にしてみてください。

回線キャリアの有料電話転送サービスが高い理由とは

回線キャリアの有料電話転送サービスが高い理由とは

固定電話の回線キャリアが提供する電話転送サービスは、簡単な申し込み手続きだけで利用でき、設定方法もわかりやすいので人気のあるサービスです。

しかし、電話転送サービスの利用を開始したら、通話料金が予想以上に高額になってしまった企業も多いようです。

電話転送サービスの利用で通話料が高くなる原因を考えてみましょう。

月額基本料は高くない

月額基本料は高くない

各キャリアが提供する電話転送サービスの月額基本料は下表の通りです。

キャリア サービス名 月額基本料(1番号あたり)
NTT東日本・西日本 ボイスワープ 光回線 550円/アナログ・ISDN回線 880円
ソフトバンク 多機能転送サービス 880円
KDDI光ダイレクト(au) 着信転送サービス 無料

KDDIのサービスはなんと、基本料が無料です。

NTTとソフトバンクは有料ですが、月額1,000円以内で収まっています。

これを見て「この金額で電話を転送できるなら安い」と思って契約を決めた方もいるかもしれません。

しかし、電話転送サービスの利用料金には、月額基本料の他にもう一つ考慮しなければならないものがあるのです。

転送中は着信にも通話料負担が発生

転送中は着信にも通話料負担が発生

会社の固定電話から社員の携帯に転送した場合、1本の電話に対して2つの通話が行われています。

  1. 発信元(相手)から転送元(会社)への通話
  2. 転送元(会社)から転送先(社員の携帯)への通話

通常は、通話料は発信者が負担するため、着信した電話に対して通話料はかかりません。

ところが、電話を転送することによって、上記「2」に示した「転送元(会社)から転送先(社員の携帯)への発信」が発生しているのです。

この場合、発信元は会社ですから、会社の固定電話から社員の携帯にかけたのと同じ通話料がかかります。

会社の電話を常時転送状態にしていれば、従来は通話料がかからなかったはずの「着信した電話」に対しても料金が発生することになるのです。

転送サービス導入前は会社から発信した分の通話料しか課金されていませんでしたが、電話の転送を始めたことによって着信分の料金が上乗せになったため、電話料金がいきなり予想外の高額になるといったことが起こってしまうのです。

参考:固定電話から携帯電話への通話料

下表は固定電話から携帯電話へ発信した場合の通話料一覧です。

若干のばらつきはありますが、平均して1分あたり約17円の通話料がかかっています。

NTTドコモ携帯 ソフトバンク携帯 au携帯
NTT東日本・西日本 17.6円/分 17.6円/分 17.6円/分
ソフトバンク 17.6円/分 17.05円/分 17.6円/分
KDDI光ダイレクト(au) 17.6円/分 17.6円/分 17.05円/分

※2022年11月現在、料金は税込み

コスパ抜群の電話転送サービス「Canario(カナリオ)」

コスパ抜群の電話転送サービス「Canario(カナリオ)」

テレワークのため電話転送は外せないけれど、料金が高くて困っている場合におすすめしたいサービスが、NECネッツエスアイの「Canario(カナリオ)」です。

Basic Standard Premium
月額(税込)/1ユーザ 748円 1,078円 1,628円
名前取次
BYOD発信
伝言テキスト化
内線連携

「Canario(カナリオ)」は、電話転送とAIによる自動応答を組み合わせた有料電話転送サービスです。

電話の転送や携帯電話からの発信には050番号を利用しているので、費用を大幅に抑えることができています。

全プラン共通の通話料金は、100分毎に2,640円。1分あたり2.6円~とかなりリーズナブルです。

さらに、すべてのプランにおいてAIが名前取次を行ってくれるので、担当者が名指しされた場合は直接転送が可能に。

Standard以上のプランでは、不在時の伝言をテキスト化するサービスも搭載しています。

電話を転送するだけではなく、対応を自動化できるので、電話取次業務のコストも大幅に削減できますよ。

記事まとめ

記事まとめ

キャリアの有料電話転送サービスで料金が高くなってしまうのは、転送時に会社から転送先への通話料が発生しているのが原因です。

電話対応をテレワーク化して、費用も抑えたいなら、NECネッツエスアイの「Canario(カナリオ)」がおすすめ。

050番号を使用するから、転送も発信も低コストです。

1カ月間のトライアルを実施していますので、AIが対応する新時代の電話転送サービスをぜひ体感してみてください。

コスト削減に最適な電話転送サービス
Canarioの詳細をチェック!

※記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

symphonict

SymphonictとはNECネッツエスアイが提供する、「共創でお客様のビジネスに新たな価値を提供する」をコンセプトに先端技術やサービスを繋ぎ・束ねることでIT・デジタル変革技術やツール・システムを皆様にお届けするデジタルトランスフォーメーション(DX)サービス。→Symphonictに関してはこちら

※免責事項

本コンテンツは一般的な情報の提供を目的としており、法律的、税務的その他の具体的なアドバイスをするものではありません。個別具体的事案については、必ず弁護士、税理士等の専門家にご相談ください。

本コンテンツの情報は、その情報またはリンク先の情報の正確性、有効性、安全性、合目的性等を
補償したものではありません。

また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。