家具・インテリア販売にオンライン接客サービスを利用するメリットとは

家具・インテリアを扱う小売業界でのオンライン接客導入メリットなどを解説

家具・インテリア販売にオンライン接客サービスを利用するメリットとは
※ 記事内に使用されている写真・画像はイメージです。実際のプロダクトやサービスで提供される内容とは異なる場合があります。
※本ブログの内容については、記事掲載時点での情報に基づく記載となります。そのため製品に関する内容については、バージョンアップなどにより画像や操作手順等が現行のものと異なる場合がございます。

コロナ禍以降、非対面でのサービス提供を実現するために、各業界でオンライン接客の導入が進んでいます。

家具・インテリア商品を販売する小売業界でも同様の動きが起きており、今や接客業務のオンライン化は必須の取り組みになっていると言えるでしょう。

この記事では、家具・インテリア販売店におけるオンライン接客サービスの必要性と導入メリット、またおすすめの接客ツールについてご紹介していきます。

オンライン接客サービスを導入する家具・インテリア販売店が急増中

オンライン接客サービスを導入する家具・インテリア販売店が急増中

まずは、オンライン接客サービスの概要と、家具・インテリア販売店におけるオンライン接客サービスの必要性について詳しく見ていきましょう。

オンライン接客サービスとは

オンライン接客サービスとは、ITツールを活用してオンライン上での接客提供を可能とした仕組みのことです。

テキストメッセージで問い合わせ対応やカウンセリングを行うチャット型ツールや、画面越しにスタッフと会話できるビデオ通話型ツールなどの種類があります。

家具・インテリア販売店においては、商品のデザインやサイズ感などを映像を使って詳細に伝えられるビデオ通話型のオンライン接客サービスを選択するケースが一般的です。

家具・インテリア販売店でオンライン接客の導入が注目される理由

家具・インテリア販売店でオンライン接客サービスの導入が広がっている背景として、新型コロナウイルス感染拡大による生活様式の変化が挙げられます。

コロナ禍で不要不急の外出や対面での接客提供を控える動きが大きくなり、店舗への客足減少とともに、多くの企業が売上ダウンや販売機会の損失といった課題に直面しました。

しかしその一方で、“おうち時間”が増えたことによって家具購入の需要自体は高まりを見せています。

特に、自宅からZoom会議を実施する機会が多い方などは、画面に移り込む家具・インテリア商品を意識するようになったことをきっかけに、家具を買い替えたというケースも少なくありません。

こうした需要を持つ顧客をいち早く取り込むには、オンライン接客サービスの導入によるECサイトの差別化が欠かせないと言えるでしょう。

また、新しい生活様式に適応するために、デジタル技術などを用いてビジネスモデルを変革する“DX(Digital X-formation)”の流れが加速している点も、オンライン接客が注目を集める理由の1つです。

今後はDX化ができているかどうかによって大きな企業格差が生まれるという予測も出ており、家具・インテリア販売店に限らず、業務のデジタル化は免れない状況にあると言えます。

家具・インテリア販売にオンライン接客サービスを活用するメリット

家具・インテリア販売にオンライン接客サービスを活用するメリット

家具・インテリア販売店でオンライン接客サービスを導入するメリットとして、主に以下の3点が挙げられます。

家具商品の購入率UP

家具・インテリア商品は日用品などと異なり、1つ1つの商品がやや高額であるため、購入に対して慎重な姿勢をとる顧客も少なくありません。

特に実店舗ではなくECサイトで購入する場合、商品ページに掲載されている説明文や写真だけで判断しなければならないため、成約率はあまり高くないと考えられます。

しかし、ECサイトにオンライン接客サービスを導入すれば、店舗スタッフによる商品説明を直接受けることができるため、購入するか否かを判断しやすくなります。

商品に精通した専門オペレーターを配置することで、高い成約率の実現も期待できるでしょう。

新規顧客の獲得

コロナ禍で“おうち時間”が増えたことにより、これまで家具・インテリアにあまり関心のなかった方が、デザインやレイアウトなどにこだわりを持つようになりました。

またZoom会議・飲み会の際に部屋の様子が映っても恥ずかしくないよう、慌てて家具・インテリアを買い替える方なども増えています。

オンライン接客サービスを導入すれば、こうした顧客に対して丁寧な商品説明・提案を行うことができ、新規顧客やリピーターを獲得できるチャンスを広げられます。

新型コロナウイルスの感染症対策

新型コロナウイルスの感染対策という面でも、オンライン接客サービスの導入はおすすめです。

特にビデオ通話型のオンライン接客サービスであれば、非対面でありながらも、対面で接客を受けているような環境を構築できるため、接客の品質を落とさずに感染対策を行えます。

また、感染対策を意識している店舗というイメージを与えられることで、家具・インテリアの購入先で迷っている顧客を取り込める可能性もあるでしょう。

予約・決済などの機能が充実!人気のビデオ型接客ツール【LiveCall】の特徴

LiveCall

家具・インテリアを販売する店舗でオンライン接客サービスを導入するなら、ビデオ通話型のオンライン接客サービス「LiveCall」がおすすめです。

ここからは、LiveCallでできることや、家具・インテリア販売店における導入事例などをご紹介していきます。

LiveCallでできること

「LiveCall(ライブコール)」は、BtoC向けにつくられたビデオ通話型のオンライン接客サービスです。

ビデオ通話・テキストチャットなどの基本機能をはじめ、以下のような機能が搭載されています。

通話基本機能 ビデオ通話・音声通話/テキストチャット/ファイル送信/通話自動振り分け/通話メモ保存/リアルタイムステータス/通話モード切替/通話メニュー など
通話オプション機能 録画・録音/優先着信/通話転送/三者間通話/画面共有/位置情報/通話前・通話後アンケート/遠隔操作/免責事項の表示 など
予約機能 予約カレンダー/予約メニュー/事前アンケート/リマインドメール/ユーザー登録/カード決済 など
管理機能 モニタリング/通話履歴/CSVダウンロード/Googleアナリティクス連携 など

顧客向けの機能はもちろん、通話の録音やモニタリング、各種データのダウンロードといった管理者向けの機能が充実している点もLiveCallの特徴です。

また家具・インテリア販売店でLiveCallを導入するメリットとして、以下のような点が挙げられます。

  • 既存のECサイトやコーポレートサイトとシームレスに連携できる
  • 家具・インテリア販売店のロゴ追加やカラー変更に対応しており、サイトの雰囲気に合わせたデザインが可能
  • 店舗スタッフへの問い合わせ・予約によるシミュレーションの実施など、サービスに合わせた導線を構築できる など

家具・インテリア販売店におけるLiveCallの導入事例

家具・インテリア販売店におけるLiveCallの導入事例

家具・インテリア販売店では、主に商品説明やレイアウト提案のためのシステムとして、オンライン接客サービスが活用されています。

家具・インテリアの販売およびリフォーム・リノベーション事業を展開する大手家具メーカーでは、オンライン接客サービスを経由して全国のショールームを見学できる仕組みを構築。

また自宅の様子を画面に映してもらうことで、詳しい家具・インテリアの提案を行えるサービスも実施しています。

このサービスにより、顧客が何度もショールームへ足を運ぶといった手間をなくし、問い合わせから契約までのステップを簡略化することに成功しました。

LiveCallの導入申し込み・運用相談はNECネッツエスアイまで

LiveCallの導入申し込み・運用相談はNECネッツエスアイまで
  • 家具・インテリアを扱う小売業界では、非対面で接客を行う手段として“オンライン接客サービス”を導入する企業が増えている
  • オンライン接客サービスを導入することで、成約率アップや感染症対策などのメリットを得られる
  • 家具・インテリア販売店へオンライン接客サービスを導入するなら、ビデオ通話型サービスの「LiveCall」がおすすめ

NECネッツエスアイでは、LiveCallの導入申し込みや、その後の運用サポートなどを実施しています。

オンライン接客サービスはこれからの時代に欠かせないITツールの1つであるため、まだ導入がお済みでない企業様はぜひ一度NECネッツエスアイへご相談ください。

※記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

symphonict

SymphonictとはNECネッツエスアイが提供する、「共創でお客様のビジネスに新たな価値を提供する」をコンセプトに先端技術やサービスを繋ぎ・束ねることでIT・デジタル変革技術やツール・システムを皆様にお届けするデジタルトランスフォーメーション(DX)サービス。→Symphonictに関してはこちら

※免責事項

本コンテンツは一般的な情報の提供を目的としており、法律的、税務的その他の具体的なアドバイスをするものではありません。個別具体的事案については、必ず弁護士、税理士等の専門家にご相談ください。

本コンテンツの情報は、その情報またはリンク先の情報の正確性、有効性、安全性、合目的性等を
補償したものではありません。

また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。