オンライン接客の予約受付方法は?実施の流れや便利なサービスを紹介

予約機能完備のオンライン接客ツールも紹介

オンライン接客の予約受付方法は?実施の流れや便利なサービスを紹介
※ 記事内に使用されている写真・画像はイメージです。実際のプロダクトやサービスで提供される内容とは異なる場合があります。
※本ブログの内容については、記事掲載時点での情報に基づく記載となります。そのため製品に関する内容については、バージョンアップなどにより画像や操作手順等が現行のものと異なる場合がございます。

新しい生活様式の浸透を受け、オンライン接客を導入する企業が増えています。

しかし、オンライン接客ツールを利用したことがない場合「別途予約管理システムを導入する必要があるのだろうか」「リマインダー通知を入れ忘れてしまいそう」など、オンライン接客の予約管理に関する不安を抱えている企業の方も少なくありません。

そこで今回は、オンライン接客の予約受付方法や、オンライン接客実施の流れを紹介していきます。

予約機能も完備されているオンライン接客ツールも紹介していきますので、ツール導入を検討している方は是非参考にしてみて下さい。

新しいショッピングの形を提案する「オンライン接客」とは?

新しいショッピングの形を提案する「オンライン接客」とは?

オンライン接客とは、ビデオ通話サービスを利用してオンライン上で顧客の接客をすることです。オンライン接客は新型コロナウイルスの影響に伴う新しい生活様式の浸透を受けて注目を集めています。

アパレル、家電量販店、旅行、ヘルスケアなど様々な業界で採用が広まっている他、アパレルを中心とした実店舗を持つリテール業界において急速に導入数が増加、ニーズも向上傾向にあります。

中でも注目を集めているのが、BtoCに特化したオンライン接客向けのビデオ通話サービス。

商品やサービスを提供する側と、受ける側、両者の利便性を高めることにより、双方向のコミュニケーションを円滑にすることができます。

予約機能も完備!オンライン接客ツールなら「LiveCall」がおすすめ

LiveCall

「LiveCall」は、BtoCサービスに特化したオンライン接客ツールです。

LiveCallにはワンクリックでスタート可能な即時通話機能と事前予約機能が搭載されており、サービスを受ける側に特化したユーザー導線が、リアルな顧客体験を実現します。

PC・モバイル・タブレットなど全ての端末にも対応しており、アプリのインストールも不要なため、どのようなお客様も利用しやすいのがポイントです。

また、サービス提供側にとっても使用しやすいシステムが構築されています。

例えば、ブランドロゴを入れるなど接客画面をカスタマイズできるため、きめ細やかなブランディングが可能です。予約から通話まで、全てのシーンにおいて自社ブランドの世界観を提供することができます。

LiveCallには主に以下のような機能が搭載されています。

通話基本機能 ビデオ通話・音声通話/テキストチャット/ファイル送信/通話自動振り分け/通話メモ保存/リアルタイムステータス/通話モード切替/通話メニュー など
通話オプション機能 録画・録音/優先着信/通話転送/三者間通話/画面共有/位置情報/通話前・通話後アンケート/遠隔操作/免責事項の表示 など
予約機能 予約カレンダー/予約メニュー/事前アンケート/リマインドメール/ユーザー登録/カード決済 など
管理機能 モニタリング/通話履歴/CSVダウンロード/Googleアナリティクス連携 など

顧客の来店が不要な上にユーザビリティーを損ねることもなく、店舗と同様の顧客体験を提供できる点を見ても、BtoCサービスに最適なオンライン接客ツールである言えるでしょう。

ビデオ通話型オンライン接客の流れ

ビデオ通話型オンライン接客の流れ

LiveCallのオンライン接客は以下のような簡単な3STEPで実施可能です。

  1. オンライン接客日時を予約
  2. 予約時間になったら、ビデオ通話を開始
  3. 必要に応じ、相談料や予約料を管理画面から決済

ウェブ会議ツールを利用したオンライン接客の場合、顧客と直接コンタクトを取って予約日を調整する必要があるのに対し、LiveCallは予約機能と通話機能が一体化しているので、相談者と日程調整の手間を省くことができます。

またLiveCallは、スマホでもPCでもアプリのダウンロード不要、ワンクリックでオンライン接客を開始できるのも特徴的です。アプリのダウンロード方法や操作方法の案内に時間を割く必要もありません。

サービス提供や商品の販売に必須の決済機能も搭載しているので、別途決算サービスを契約したり連携したりすることなく利用できます。

予約機能が実装されているから、別途のシステム契約が不要

予約機能が実装されているから、別途のシステム契約が不要

上記で紹介したように、LiveCallには予約機能が実装されています。

また、あらかじめ予約した時間がユーザーのカレンダーに自動反映され、予約が完了すると通話用URLが自動送信されます。

予約の前日と当日の予約時間10分前に自動でリマインダーメールが顧客のもとに送信されるため、メールを発行したり電話をかけたりして、手動の連絡を入れる必要もありません。

Zoomなどのビデオ通話ツールを利用するのであれば、予約用のサービスも別途契約してビデオ通話ツールと連携させる必要があります。

一方で、BtoC商談に特化したオンライン接客システム、LiveCallであれば、予約の機能も設備されているため、複数のシステムを利用しなくて済みます。

顧客にとってもスタッフにとっても利便性の高いツールであることがわかります。

まとめ

まとめ

今回は、予約機能搭載型のオンライン接客システム、LiveCallの予約受付方法や、オンライン接客実施の流れを紹介しました。

LiveCallにはBtoCの接客サービスに特化した便利な機能が多数搭載されています。商品やサービスを提供する側と、受ける側、両者の利便性を高めることが可能です。

この記事を監修しているNECネッツエスアイでは、LiveCallの販売および導入・運用に関するサポ-トを実施しています。

「オンライン接客ツール導入したい」とお考えの企業様は、ぜひNECネッツエスアイへご相談ください。

※記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

symphonict

SymphonictとはNECネッツエスアイが提供する、「共創でお客様のビジネスに新たな価値を提供する」をコンセプトに先端技術やサービスを繋ぎ・束ねることでIT・デジタル変革技術やツール・システムを皆様にお届けするデジタルトランスフォーメーション(DX)サービス。→Symphonictに関してはこちら

※免責事項

本コンテンツは一般的な情報の提供を目的としており、法律的、税務的その他の具体的なアドバイスをするものではありません。個別具体的事案については、必ず弁護士、税理士等の専門家にご相談ください。

本コンテンツの情報は、その情報またはリンク先の情報の正確性、有効性、安全性、合目的性等を
補償したものではありません。

また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。