ウェビナー初心者必見!Webセミナー開催のメリットや人気ツール紹介

Webセミナーはこれからの時代必須?ウェビナーについて詳しく知ろう

※ 記事内に使用されている写真・画像はイメージです。実際のプロダクトやサービスで提供される内容とは異なる場合があります。
※本ブログの内容については、記事掲載時点での情報に基づく記載となります。そのため製品に関する内容については、バージョンアップなどにより画像や操作手順等が現行のものと異なる場合がございます。

ウェビナーは企業DXにおいてメリットの多いツールの1つですが、ウェビナーの環境整備や運用方法に不安があり、導入に踏み切れずにいる方も多いのではないでしょうか。

この記事では、DX時代におけるウェビナーの必要性と、ウェビナーを導入するメリットなどを解説していきます。

ウェビナー初心者の方におすすめの導入支援サービスも紹介しているので、ウェビナーの始め方でお悩みの方はぜひ参考にしてみてください。

DXを行ううえでメリットの多い“ウェビナー”とは?

まずはウェビナーの特徴と、ウェビナーの利用が拡大している背景について詳しく見ていきましょう。

ウェビナーの特徴・活用方法

ウェビナー(Webinar)とは、ウェブ(Web)とセミナー(Seminar)を組み合わせた造語で、オンライン上で実施するセミナー全般のことを指しています。

以前からYouTubeなどを活用した個人の動画配信が人気を集めていますが、それをビジネスシーンのマーケティングでも利用できるようにしたものがウェビナーです。

海外ではすでにマーケティング手法の1つとして広く取り入れられており、日本でも少しずつメリットが理解され、導入が進み始めているという状況でした。

そこへ新型コロナウイルスの感染拡大が起こり、テレワークや在宅勤務の普及とともに大きく注目を集めることとなったのです。

ウェビナーでは、主に「リアルタイム配信」と「録画配信」の2種類の配信方法を利用することができます。

リアルタイム配信は指定した日時に動画を生放送することで、リアルタイムでの反応を受け取ったり、チャットなどで双方向のコミュニケーションをとったりできるのがメリット。

一方録画配信は事前に録画した内容をあとから配信する方法で、同じ内容のセミナーを複数回実施する場合や、動画に演出を加えたい場合などに役立ちます。

DXの推進によるウェビナーの需要

ウェビナー配信の活用は、企業のDXという観点からも注目を集めています。

DXとはDigital Transformation(Digital X-formation)の略で、デジタル技術の活用によってビジネスモデルやライフスタイルに変革を起こすことを意味する言葉です。

また経済産業省の「デジタルトランスフォーメーションを推進するためのガイドライン(DX推進ガイドライン)」ではDXについて以下のように定義されています。

企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること

つまりDXとは、ただ単にIT化するということではなく、ITツールを手段として、競争優位に立てるようなビジネスモデルの変革を推し進めることと言えます。

そして様々な業務をオンライン化できるウェビナーは、DX時代において欠かせないツールの1つになりつつあるのです。

オフラインセミナーをオンライン化するメリット

続いて、ウェビナーツールを活用してセミナー配信をオンライン化させるメリットを解説していきます。

メリット1.場所にとらわれずセミナー開催・参加ができる

従来のセミナーは特定の会場で開催されていたため、会場に近い顧客だけが集客のターゲットでした。

一方ウェビナーの場合は、インターネットのつながる環境であれば場所を問わずに参加することができ、より幅広い顧客にリーチをかけられるというメリットがあります。

またウェビナーなら一度に1,000人以上が参加するような大規模なイベントも開催できるため、参加人数の制限を気にしなくて良い点もメリットです。

メリット2.大幅なコストの削減

ウェビナーの最大のメリットは、セミナー開催にかかる費用や手間を大幅に削減できるという点にあります。

会場集客型セミナーの場合は、会場の手配や配布資料の準備、当日の交通費など、様々なコストがかかります。

また参加者も会場まで出向く必要があり、双方にとって負担の大きいイベントでした。

一方のウェビナーは、配信する環境さえ整えれば自宅やオフィスからでも開催することができ、会場の準備や移動に対する費用がかからないというメリットがあります。

参加者も自宅からウェビナー配信を視聴できるため、新型コロナウイルスの感染予防といった観点からもメリットのある仕組みと言えるでしょう。

メリット3.セミナーの質を高められる

ウェビナーツールには、アンケート機能やチャット機能など、スムーズな進行に役立つ機能が搭載されています。

対面式の場合は直接発言する必要があるため心理的なハードルを感じやすいですが、チャットで個別に質問を送れるウェビナーであれば、比較的ストレスなくコミュニケーションを図れます。

その場で疑問を解決できればウェビナーの内容や講師に対する満足度も高まり、顧客獲得のチャンスも広がるでしょう。

また録画配信のウェビナーなら途中で一時停止したり、繰り返し視聴したりすることができ、視聴者自身でも内容の理解を得やすいという点もメリットの1つです。

初心者の方におすすめのツール「Zoomウェビナー」

数あるウェビナー配信ツールの中でも、初心者の方におすすめしたいのが「Zoomウェビナー」です。

ここからは、Zoomウェビナーの特徴と、ウェビナーの環境構築・運用などのサポートを受けられるおすすめの支援サービスについて解説していきます。

Zoomウェビナーの特徴

Zoomウェビナーは、同じくZoom社から提供されているオンライン会議ツール「Zoomミーティング」のオプションとして「Zoomウェビナーライセンス」を購入することで利用できるサービスです。

基本的な操作方法は同じですが、ZoomウェビナーではQ&Aや投票といったウェビナー向けの機能が追加され、よりセミナー開催に特化したツールとして最適化されています。

Zoomウェビナーの特徴として、以下のようなポイントが挙げられます。

  • 最大100人~10,000人規模のウェビナー開催が可能
  • 参加者の分析・レポートの取得が可能
  • FacebookやYouTubeとの連携によるライブ配信が可能
  • 参加者をパネリストまたは視聴者に切り替えられる
  • など

Zoomウェビナーは上記をはじめとする様々な機能・特徴を持ちながら、初心者でも扱いやすいシンプルなUIが魅力のツールです。

またミーティングツールとしての知名度も高いため、ウェビナーへ参加するにあたって抵抗を感じにくい点もZoomウェビナーのメリットと言えるでしょう。

導入に不安のある方はNECネッツエスアイの支援サービスがおすすめ

NECネッツエスアイでは、Zoomウェビナーの導入・環境構築・運用などをトータルでサポートするための支援サービス「Zoomオンライン配信サービス」を提供しています。

ウェビナー開催が初めてでよく分からない・ウェビナーツールの操作に不安があるといった方は、こちらの利用も検討してみると良いでしょう。

Zoomオンライン配信サービス

「Zoomオンライン配信サービス」では、Zoomウェビナーの導入に不安のある方のために、環境構築や専任オペレーターの派遣、またスタジオレンタルなどのサービスを実施しています。

ウェビナー配信を行うオペレーターの育成なども行っているので、機材の使い方や進行方法が分からないという初心者の方におすすめです。

以下のようなオンラインイベントの開催を予定している方は、ぜひ一度NECネッツエスアイへご相談ください。

外部向け情報発信 記者会見・株主総会/決算発表会・お客様向けセミナー・製品説明会/発表会・学会/シンポジウム など
内部向けイベント トップメッセージ発信・キックオフ・社員/職員教育・内部向け勉強会 など
採用活動 会社説明会・個人面談・集団面接・インターンシップ対応 など

また2021年5月より、Zoomを使用した同時翻訳サービスがリリースされています。

国際会議やシンポジウム、海外支店との会議・商談・研修といったイベントへのウェビナー活用が可能ですので、グローバル視点でのDXをお考えの方もぜひご相談ください。

金融・証券業界向けのパッケージも登場

金融・証券業界向けDXサービス

金融・証券業界においては、セミナーや説明会と合わせて面談・契約締結といった業務のDXも急務です。

NECネッツエスアイでは、Zoomオンライン配信サービスとslido・VIDIZMO・eeasy・box・neat.・DocuSigun・FilingStarsなどを組み合わせた金融向けDXサービスを提供しています。

これにより、サービス案内から契約締結までの一連の流れをフルリモート化し、New Normal時代のビジネスモデル構築を実現します。

どこからオンライン化をはじめれば良いのか分からない・既存システムと連携しながらDXを進めたいといった場合は、こちらの金融DXサービスがおすすめです。

要件に合わせたプランのカスタマイズなども対応しているので、DXのやり方でお悩みの方は一度お問い合わせください。

まとめ

  • 様々な業種・業界におけるDXのツールとしてウェビナー配信ツールが注目を集めている
  • ウェビナーを導入することで、顧客拡大・コスト削減・満足度向上といったメリットが期待できる
  • ウェビナー初心者の方は、UIがシンプルで操作性の良いZoomウェビナーの利用がおすすめ

業務効率化やコスト削減、また企業のDXという観点からも、ウェビナーはメリットの多いツールと言えます。

新たにウェビナー配信の導入をお考えの方、ウェビナー導入にあたって支援を受けたいという方は、一度NECネッツエスアイへご相談ください。

【関連記事】合わせて読みたい

※記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

symphonict

SymphonictとはNECネッツエスアイが提供する、「共創でお客様のビジネスに新たな価値を提供する」をコンセプトに先端技術やサービスを繋ぎ・束ねることでIT・デジタル変革技術やツール・システムを皆様にお届けするデジタルトランスフォーメーション(DX)サービス。→Symphonictに関してはこちら

※免責事項

本コンテンツは一般的な情報の提供を目的としており、法律的、税務的その他の具体的なアドバイスをするものではありません。個別具体的事案については、必ず弁護士、税理士等の専門家にご相談ください。

本コンテンツの情報は、その情報またはリンク先の情報の正確性、有効性、安全性、合目的性等を
補償したものではありません。

また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。



閉じる