Zoomウェビナーのアドオンプラン契約の料金は?有料ライセンスの機能を解説

オンラインセミナーやイベントを開催するならZoomウェビナーの契約がおすすめ

Zoomウェビナーのアドオンプラン契約の料金は?有料ライセンスの機能を解説
※ 記事内に使用されている写真・画像はイメージです。実際のプロダクトやサービスで提供される内容とは異なる場合があります。
※本ブログの内容については、記事掲載時点での情報に基づく記載となります。そのため製品に関する内容については、バージョンアップなどにより画像や操作手順等が現行のものと異なる場合がございます。

オンラインセミナーや講演会を開催するためのツールとして人気を集めているのが「Zoomウェビナー」です。

この記事では、Zoomウェビナーを導入するメリットやミーティングツールとの違いを解説しています。

Zoomウェビナーを契約するための手順やライセンスの種類なども紹介しているので、Zoomウェビナーの契約を検討中の企業様はぜひ参考にしてみてください。

Zoomウェビナーを契約するメリット

Zoomウェビナーを契約するメリット

まずは、Zoomウェビナー・Zoomミーティングの機能面の違いと、Zoomウェビナーを契約するメリットについて詳しく見ていきましょう。

Zoomミーティングとの違い

ZoomウェビナーとZoomミーティングの違いは以下の通りです。

Zoomミーティング Zoomウェビナー
カメラ・マイク操作 全参加者 ホスト・パネリスト
視聴のみのユーザー ×
参加者一覧の閲覧 全参加者 ホスト・パネリスト
同時参加の人数上限 100名~1,000名 100名~10,000名
画面共有 ○(ホスト・パネリストのみ)
テキストチャット
質疑応答 ×
ライブ配信 Facebook・Workplace by Facebook・YouTube・Custom Streaming Service Facebook・Workplace by Facebook・YouTube・Custom Streaming Service
録画・録音
ブレイクアウトルーム ×

Zoomミーティングは、全参加者間での“双方向コミュニケーション”を目的としたツールです。

一方Zoomウェビナーは、ホストを中心とした“一方向コミュニケーション”が基本となり、カメラやマイクの操作権限を持たない参加者が含まれるという点が大きな違いとなります。

またZoomミーティングの場合は参加者の最大値が1,000ですが、Zoomウェビナーなら最大10,000人まで同時参加できる点も特徴です。

Zoomウェビナーの特徴的な機能

Zoomウェビナーに搭載されている特徴的な機能として、以下のようなものがあります。

Q&A機能 視聴者・パネリストからの質問の受け付け・ホスト・パネリストからの回答ができる機能。質問の受け付けのみ機能を活用し、回答は口頭で行うという使い方も可能です。
投票機能 最大25個の質問を作成し、視聴者から投票してもらうことができる機能。投票結果はリアルタイムで集計され、その場ですぐに確認・共有することができます。
レポート機能 Q&A機能や投票機能で集計したデータをCSV形式でエクスポートできる機能。マーケティングや営業の資料として流用することができます。

Zoomウェビナーを契約するメリット

数あるウェビナーツールの中でも、Zoomウェビナーを契約するメリットとして以下が挙げられます。

別途専用のデバイスを用意する必要がない

Zoomウェビナーは既存のデバイスから利用できるため、専用の機材を手配する必要がありません。

すでにZoomミーティングの有料ライセンスを契約している企業であれば、ウェビナーアドオンの追加契約を行うだけですぐに準備が整います。

配信環境が十分でない場合はカメラやマイクの購入が必要となりますが、基本的にはZoomミーティングで使っているものをそのままウェビナーでも使用可能です。

様々な配信方法に対応している

Zoomウェビナーは「リアルタイム配信」・「録画配信(オンデマンド)」の2つの配信方法に対応しています。

またリアルタイム配信を録画して、後日アーカイブとして配信するという使い方も可能です。

新商品・サービスの発表会ではリアルタイム配信、繰り返し開催するセミナーや研修用動画などは録画配信というように、用途に合わせた使い分けができるのもZoomウェビナーのメリットです。

Zoomウェビナーを契約する方法

Zoomウェビナーを契約する方法

続いて、Zoomウェビナーの契約に必要な手続きとライセンスの種類について詳しく見ていきましょう。

Zoomミーティングのライセンス契約が必要

Zoomウェビナーは個別のツールではなく、Zoomミーティングのアドオンとして用意されている機能です。

そのためウェビナーを利用するには、先にZoomミーティングのライセンス契約が必要となります。

Zoomミーティングのライセンス契約の種類と、各プランで使える機能・人数上限は以下の通りです。

Proプラス Businessプラン Enterpriseプラン
参加人数 最大100人 最大300人 最大500人
登録可能ID数 1~9人 10~99人 50人~
クラウド録画の容量 最大1GB 最大1GB 無制限
ウェビナー機能 オプション(別料金) オプション(別料金) 標準搭載
管理者向けダッシュボード機能 ×
個社向けサポ-トプラン × ×

※料金はプランのカスタマイズなどによって変動するため、詳しくはNECネッツエスアイまでお問い合わせください。

Zoomミーティングには誰でも登録できる無料プランも用意されていますが、無料プランの場合ウェビナーアドオンの契約を行うことができません。

またグループ通話に時間制限があったり、クラウド録画ができなかったりといった制限があるので、ビジネスシーンで利用する場合は有料ライセンスの契約がおすすめです。

Zoomウェビナーを契約する手順

すでにZoomミーティングライセンス契約が完了している場合は、販売店に連絡し追加アドオンの契約を行います。

Zoomミーティングの導入がまだの場合は、NECネッツエスアイのお問い合わせフォームから申し込み手続きを開始してください。

NECネッツエスアイではZoomミーティング・Zoomウェビナーの無料トライアルを実施しているので、先にミーティングツールの操作性を確認したうえで契約の可否を決めることができます。

オンラインイベントの開催・運営サポートはNECネッツエスアイへご相談ください

NECネッツエスアイでは、Zoomウェビナーの導入だけでなく、その後の運用サポートも実施しています。

ウェビナーの活用方法や操作方法に不安のある方は、こちらの利用もご検討ください。

Zoomオンライン配信サービス

Zoomオンライン配信サービス

「ウェビナー導入が初めてでよく分からない」「オフィスの中でウェビナー配信に使えるスペースがない」といった悩みをお持ちの場合は、Zoomオンライン配信サービスの利用がおすすめです。

こちらでは、ウェビナー配信用のスタジオ貸し出しや出張支援、スタジオ構築支援などを提供しています。

Zoomオンライン配信サービスの主なサポ-ト内容は以下の通りです。

Zoom配信用スタジオ
貸出サービス
日本橋(東京都)スタジオの貸出および専任オペレーターによる配信機器の操作支援を行います。必要機材の揃ったスタジオを2時間からレンタルできる他、要件に合わせたカスタマイズも可能です。
お客様先Webinar配信
支援サービス
指定の場所へ専任オペレーターを派遣し、ウェビナーマーケティングの支援を行います。配信プランの提案・機材の手配・当日の進行などを一括でサポートすることができます。
スタジオ構築サービス 要件に合わせた配信スタジオの構築(レイアウト・什器・配線工事など)を行うサービスです。配信用スタジオ(ハイエンドモデル)・簡易配信用スタジオ(ミドルクラスモデル)・個人配信ブース(エントリーモデル)を基準に、任意のカスタマイズにも対応します。
その他のサポート Zoom製品に関する問い合わせやイベント設定支援、スタジオオペレーター育成などのサポートも実施。また同時通訳サービスやオンライン研修サービスといったプランもあります。

金融DX

金融・証券業界向けDXサービス

以下のような課題を抱える金融・証券業界の企業様には、NECネッツエスアイの「金融DX」がおすすめです。

  • 新型コロナウイルスの感染予防対策を踏まえた働き方改革(リモート対応・脱ハンコ・サテライトなど)
  • 人生100年時代に備えた資産運用や、若年層に向けた資産準備の知識習得支援
  • AIやIoTを活用したDXの強化と顧客層の拡大

金融DXサービスでは、前述したZoomオンライン配信サービスのサポート内容に加え、様々なツールの組み合わせによる以下の支援を提供しています。

ツール サポ-ト内容
slido 双方向のコミュニケーション環境の提供・Q&Aやアンケートの操作支援 など
VIDIZMO 見逃し配信などの視聴環境の提供・動画コンテンツの文字起こし支援 など
eeasy 面談候補日の抽出と送付・オンライン会議のURL通知 など
box 資料や商品パンフレットのデータ送付 など
Zoom Rooms 無人受付システムの設置・ハイブリッド面談の環境整備 など
Neat CO2濃度の計測による感染対策 など
DocuSign 社内稟議や決済の電子申請化・契約電子化 など
FilingStars 書類の電子化・原本保管 など

プランの細かいカスタマイズも可能ですので、詳しい料金や契約方法についてはお問い合わせフォームからご相談ください。

まとめ

まとめ
  • Zoomウェビナーを契約することで、最大10,000人規模のオンラインイベントを開催できる
  • ウェビナー機能を利用するには、Zoomミーティングのライセンス契約が必要
  • ウェビナー導入・運用に不安がある場合はNECネッツエスアイの支援サービスがおすすめ

ウェビナーライセンスは100人・500人・1000人・3000人・5000人・10000人の6種類があり、会社やイベントの規模に応じた契約が可能です。

様々な機能のカスタマイズも可能ですので、ご要望と合わせてまずは一度お問い合わせください。

※本コンテンツに記載されている会社名、サービス名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

symphonict

SymphonictとはNECネッツエスアイが提供する、「共創でお客様のビジネスに新たな価値を提供する」をコンセプトに先端技術やサービスを繋ぎ・束ねることでIT・デジタル変革技術やツール・システムを皆様にお届けするデジタルトランスフォーメーション(DX)サービス。→Symphonictに関してはこちら

※免責事項

本コンテンツは一般的な情報の提供を目的としており、法律的、税務的その他の具体的なアドバイスをするものではありません。個別具体的事案については、必ず弁護士、税理士等の専門家にご相談ください。

本コンテンツの情報は、その情報またはリンク先の情報の正確性、有効性、安全性、合目的性等を
補償したものではありません。

また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。


閉じる