【オンライン接客】賃貸物件の内見や顧客対応のIT化が注目される理由

賃貸仲介業者や不動産会社においてオンライン接客が注目されている理由や導入のメリットとは

【オンライン接客】賃貸物件の内見や顧客対応のIT化が注目される理由
※ 記事内に使用されている写真・画像はイメージです。実際のプロダクトやサービスで提供される内容とは異なる場合があります。
※本ブログの内容については、記事掲載時点での情報に基づく記載となります。そのため製品に関する内容については、バージョンアップなどにより画像や操作手順等が現行のものと異なる場合がございます。

新型コロナウイルスの影響を受け、賃貸仲介業者や不動産会社においてオンライン接客サービスを導入する事例が増えてきています。

顧客が賃貸物件に足を運んでお部屋探しをすることが難しい状態になってきているからです。

更に、オンライン接客サービスを活用した業務のIT化により、顧客対応をリモートで行うことができるようになったことで、賃貸仲介業者や不動産会社側にも様々なメリットが現れました。

また社会のデジタル化が加速している現代においては、新型コロナウイルスが終息した後も、オンライン接客サービスの導入など不動産業界における業務のIT化は必要不可欠になると言えます。

別の言い方をすると、オンライン接客サービスなどの業務のIT化を上手く取り入れることができれば顧客のニーズに合ったサービスを展開しやすくなるということです。

そこで本記事では賃貸仲介業者や不動産会社においてオンライン接客サービスが注目されている理由や導入のメリットを詳しく解説します。

不動産業界でオンライン接客サービスが注目されている理由(コロナやDX推進など)

不動産業界でオンライン接客サービスが注目されている理由(コロナやDX推進など)

現在、新型コロナウイルスの影響を受けた不動産業界でオンライン接客サービスがとても注目されています。

オンライン接客サービスを導入することにより、店舗スタッフがお客様に対応せずにオンラインで対応することができます。

それにより、新型コロナウイルスの感染対策を行いながら営業を継続することが出来るからです。

オンライン接客サービスは、ビデオ通話などを利用することで店舗のスタッフが顧客対応を行い、オンラインで内見や重説、商談などから契約までのサービスを提供することがことができます。

また、契約書などの重要な書類や契約した賃貸物件の鍵も郵送で送ることができるため、お客様の負担の軽減や感染対策として効果的です。

賃貸仲介業者・不動産会社がオンライン接客サービスを利用することで、お客様のニーズに応えやすくなり業務の効率化にも繋がります。

賃貸物件の内見・重説・商談などにオンライン接客サービスを利用するメリット

賃貸物件の内見・重説・商談などにオンライン接客サービスを利用するメリット

先程紹介したとおり、不動産業界でオンライン接客サービスが注目されるようになった大きな理由は新型コロナウイルス感染症の流行です。

不動産業界において、感染症対策を行いながら営業を継続できるオンライン接客サービスは、お部屋探しを始め賃貸物件の内見・重説・商談などに活用されています。

ここでは、賃貸仲介業者・不動産会社がオンライン接客サービスを導入する

お部屋探しを始め、賃貸物件の内見・重説・商談などにオンライン接客サービスが利用されている大きな理由は以下の4つです。

  1. お客様が現地に足を運ばなくても賃貸物件の内見を実施することができる
  2. 顧客を店舗に来店させずに重説や商談などの対応を行うことができ、顧客の負担が少ない
  3. お客様が気軽に問い合わせできる

それぞれ解説していきます。

メリット1:お客様が現地に足を運ばなくても賃貸物件の内見を実施することができる

オンライン接客サービスを利用することで、お客様が現地に足を運べない場合でも、賃貸物件の内見を実施することができます。

従来の内見の場合は、店舗のスタッフとお客様が賃貸物件の部屋に直接足を運んで内見をしていました。

内見したい賃貸物件が多い場合でも、一日に内見できるエリアや部屋数に限りがありました。

一方、オンライン接客の場合は、お客様が内見を希望する部屋へ店舗のスタッフが足を運び、タブレットやスマートフォンからビデオ通話機能を利用して部屋の内見を実施することができます。

従来と比べ、より多くの賃貸物件の内見が可能となったことはもちろん、「足を運ぶのが面倒」「内見したい部屋がある賃貸物件のエリアが遠い」という思いから不動産会社へ相談ができなかったお客様に対しても物件案内を実施することができるため、顧客の増加にも繋がります。

メリット2:顧客を店舗に来店させずに重説や商談などの対応を行うことができ、顧客の負担が少ない

オンライン接客サービスを利用することで、顧客を店舗に来店させずに重説や商談などの対応を行うことができます。

従来は、店舗にお客様が足を運ぶことで、賃貸物件を契約する際の重説や商談などを行っていました。実際に「店舗に足を運ぶのが面倒」と思っている顧客も少なくありません。

一方、オンライン接客サービスを利用することでお客様が店舗に足を運ばずに賃貸物件の重説や商談をすることが可能になります。

重要な書類や鍵のやりとりも郵送で行うことができるため、お客様の負担が少なくなり、顧客満足度の向上に繋がります。

また対面での商談ではないので、お客様がスタッフに気軽に相談ができるようにもなります。

メリット3:お客様が気軽に問い合わせできる

賃貸物件の内県・重説・商談などにオンライン接客サービスが利用される3つ目の理由は「お客様が気軽に安心して問い合わせができる」ことです。

従来はお客様に店舗に来てもらい相談を受け説明をしていましたが、オンライン接客を利用することでインターネットから簡単に相談などの問い合わせができるようになりました。

つまり、従来はお客様が店舗に足を運んでもらいやっと賃貸物件の契約してもらえる可能性が出てきていましたが、インターネットからも賃貸物件の契約できるようになったことにより、成功率も向上します。

また意外とスタッフと対面すると緊張してしまい、見たい賃貸物件の部屋などの相談ができなくなってしまう顧客もいますが、インターネットから気軽に問い合わせができることで、お客様も見たい希望の部屋の相談を店舗のスタッフにしやすくなります。

不動産業界の賃貸物件の内見などをit化して業務を効率的に!「LiveCall」を紹介!

LiveCall

「LiveCall」はBtoCに特化しているオンライン接客サービスにおすすめなツールです。

パソコン作業に不慣れなスタッフでも利用方法が分かりやすく直感的に操作でき、使いやすいと好評です。

またインターネットからワンクリックでビデオ通話機能へのアクセスが可能。簡単にオンライン接客サービスが利用できるため、お客様の利便性も高いです。

賃貸仲介業者や不動産会社がLiveCallを利用することで、賃貸物件の部屋の内見や重説や商談などを店舗にお客様が足を運ばなくても可能になり、お客様の負担が少なくなることはもちろん、業務のIT化に繋がります。

賃貸物件の契約などをオンラインで可能になると人手不足などの解消や人件費の削減にも効果的でしょう。

LiveCallを導入することで業務のIT化を進めることにより、お客様のニーズにも応えやすくなります。

賃貸物件の部屋の内見や相談!不動産業界での「LiveCall」の導入事例を紹介

賃貸物件の部屋の内見や相談!不動産業界での「LiveCall」の導入事例を紹介

ここでは、LiveCallでオンライン接客サービスを行った不動産業界の事例を紹介します。

LiveCallを利用したオンライン接客サービスにより賃貸物件の内見や契約の際の重説や商談などから重要な書類や鍵の郵送などをオンラインで簡単に行えるようになりました。

結果としてお客様の負担が少なくなり、顧客満足度が向上しました。

またオンライン接客サービスを利用することで、不動産の企業側も賃貸物件の内見や契約の際の重説、商談、お客様からの相談への対応などに多くのスタッフを配置する必要がなくなりました。

業務が効率良く行えるようになり、人手不足の解消や人件費の削減に繋がっています。

まとめ

まとめ

今回は、賃貸仲介業者や不動産会社においてオンライン接客サービスが注目されている理由や導入のメリットを紹介しました。

現在は、新型コロナウイルスの影響によって対面でお客様に接客することが困難になっている状況です。

そこでオンライン接客サービスを利用することにより、お客様のニーズに応えやすくなることはもちろん、企業の業務効率も良くなるというメリットも見つかりました。

ぜひ、オンライン接客サービスのLiveCallを利用してみてください。

※記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

symphonict

SymphonictとはNECネッツエスアイが提供する、「共創でお客様のビジネスに新たな価値を提供する」をコンセプトに先端技術やサービスを繋ぎ・束ねることでIT・デジタル変革技術やツール・システムを皆様にお届けするデジタルトランスフォーメーション(DX)サービス。→Symphonictに関してはこちら

※免責事項

本コンテンツは一般的な情報の提供を目的としており、法律的、税務的その他の具体的なアドバイスをするものではありません。個別具体的事案については、必ず弁護士、税理士等の専門家にご相談ください。

本コンテンツの情報は、その情報またはリンク先の情報の正確性、有効性、安全性、合目的性等を
補償したものではありません。

また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。