使いやすさNo.1!ビデオ型オンライン接客サービス「LiveCall」の機能を紹介

「LiveCall」の機能や導入事例も紹介

LiveCall
※ 記事内に使用されている写真・画像はイメージです。実際のプロダクトやサービスで提供される内容とは異なる場合があります。
※本ブログの内容については、記事掲載時点での情報に基づく記載となります。そのため製品に関する内容については、バージョンアップなどにより画像や操作手順等が現行のものと異なる場合がございます。

新型コロナウイルスの感染対策として、非対面でのサービス提供が急務となっている中、オンライン上で接客を実施できる「オンライン接客サービス」が注目を集めています。

この記事では、中でもビデオ通話型のオンライン接客サービスに着目し、概要や導入メリットをご紹介します。

また使いやすさの面でNo.1に選ばれたビデオ型オンライン接客サービス「LiveCall」の特徴・導入事例などもまとめているので、サービス選びでお悩みの企業様はぜひ参考にしてみてください。

ビデオ型オンライン接客サービスとは

ビデオ型オンライン接客サービスとは

ビデオ型オンライン接客サービスとは、ビデオ通話の機能を用いて画面越しに接客を提供する仕組みのことです。

まずは、従来のビデオ通話サービスとの違いと、各業界でビデオ型オンライン接客サービスの導入が加速している背景について詳しく見ていきましょう。

ビデオ通話サービスとの違い

ビデオ型オンライン接客サービスとよく似たツールとして、「Web会議ツール」「ビデオ通話機能付きチャットツール」などがあります。

これらのツールの特徴と、オンライン接客サービスとの比較は以下の通りです。

Web会議ツール(例:Zoom)

Web会議ツールは主に法人同士(BtoB)での会議や打ち合わせに用いられるツールです。

主催者側と参加者側で権限などに多少の違いがありますが、利用できる機能は基本的に同じものとなっています。

またZoomなどのWeb会議ツールを利用する際の特徴として、専用アプリのインストールや、会議ごとのルームURLの発行・通知といった作業が必要になる点が挙げられます。

一方オンライン接客サービスは、企業と顧客(BtoC)の間でやり取りするためのツールで、管理者・スタッフ・ユーザー(顧客)でそれぞれUIや機能が大きく異なるのが特徴です。

顧客側がアプリをインストールする必要もなく、既存のECサイトなどからワンクリックでオンライン接客サービスに遷移できます。

また、ユーザー(顧客)側の画面もとてもシンプルになっており、PC操作に不慣れな方でも簡単に利用できる設計となっています。使いやすさの面でメリットのあるツールと言えます。

ビデオ通話機能付きチャットツール(例:Skype)

チャット機能をメインとしつつ、ビデオ通話でのコミュニケーションも可能としているのが、Skypeをはじめとするビデオ通話機能付きチャットツールです。

こちらもビデオ通話を利用したオンライン接客が可能ではあるものの、Skypeでやり取りを行うには、あらかじめお互いのIDを交換しておく必要があります。

友達同士であれば特に問題のない操作ですが、企業や店舗のスタッフに個人のIDを教えるとなると抵抗を感じる方も多いでしょう。

一方のオンライン接客サービスであれば、ID交換やアカウント登録を必要とせず、匿名で問い合わせや接客予約を行うことが可能です。

顧客側の心理的ハードルを下げるという点でも、オンライン接客サービスはメリットのあるサービスと言えます。

オンライン接客サービスの利用が注目されている理由

オンライン接客サービスの導入が広がっている背景には、新型コロナウイルスの感染拡大と、政府発信のDX推進が大きく影響していると考えられます。

新型コロナウイルスの感染拡大

オンライン接客サービスが急速に普及した要因の1つが“新型コロナウイルスの感染拡大”です。

新型コロナウイルスの感染が広まって以降、不要不急の外出自粛やソーシャルディスタンスの確保といった生活様式が浸透し、実店舗へ足を運ぶお客さまが減少する事態となりました。

その結果、多くの企業が売上ダウンや販売機会の損失などの課題に直面し、この課題を解決するために注目を集めることとなったのがオンライン接客サービスなのです。

DX推進

オンライン接客サービスは、現在国を挙げて取り組んでいる“DX”の推進にも役立ちます。

DXとはDigital Transformation(Digital X-formation)を略したもので、“デジタル技術の活用によってビジネスの形やライフスタイルが変化すること”を意味する言葉です。

オンライン接客サービスというデジタル技術を活用し、接客業務をオンライン化させることで新しい生活様式に対応しようとする取り組みは、まさにDXと言えます。

今後はDXができているかどうかによって企業間の格差が大きく広がることが予想されているため、競争優位を保つためにも、一刻も早いサービス導入が求められています。

使いやすさNo.1に選ばれたビデオ型オンライン接客サービス【LiveCall】

使いやすさNo.1に選ばれたビデオ型オンライン接客サービス【LiveCall】

現在は様々なオンライン接客サービスが登場していますが、中でも“使いやすさ”の面で高い評価を得ているのがビデオ型オンライン接客サービス「LiveCall」です。

ここからは、ビデオ型オンライン接客サービス「LiveCall」の特徴や機能について詳しく見ていきましょう。

LiveCallの特徴

「LiveCall(ライブコール)」は、BtoC向けに特化したビデオ通話型のオンライン接客サービスです。

ユーザー(顧客)・スタッフ・管理者という3つの役割に応じたUI・機能が用意されており、各種データを一元管理できる使いやすさが高く評価されています。

類似サービスと比較した場合の、LiveCallのメリット・特徴は以下の通りです。

  • 専用アプリを必要とせず、パソコン・スマホのブラウザからワンクリックで通話を始められる
  • ロゴの設定やカラー変更ができ、ブランドイメージを崩すことなくサービスを提供できる
  • 即時通話型・予約通話型・ウィジェット型など、サービスに適した導線の構築が可能
  • 直感的に操作できるインターフェイスとなっており、ITツールの操作に不安のある方でも使いやすい
  • スタッフのログイン状況や通話履歴を素早く確認でき、管理者にとっても使い勝手が良い

またLiveCallの導入後はECサイト・企業サイトに専用のリンクを貼るだけで運用を開始できます。

別途デバイスを購入したり、オンライン接客用のページを構築したりする手間がかからず、顧客にとってはもちろん、企業側にとっても使いやすいサービスと言えるでしょう。

LiveCallの主要機能

LiveCallで利用できる主な機能は以下の通りです。

通話基本機能 ビデオ通話・音声通話/テキストチャット/ファイル送信/通話自動振り分け/通話メモ保存/リアルタイムステータス/通話モード切替/通話メニュー など
通話オプション機能 録画・録音/優先着信/通話転送/三者間通話/画面共有/位置情報/通話前・通話後アンケート/遠隔操作/免責事項の表示 など
予約機能 予約カレンダー/予約メニュー/事前アンケート/リマインドメール/ユーザー登録/カード決済 など
管理機能 モニタリング/通話履歴/CSVダウンロード/Googleアナリティクス連携 など

LiveCallなら、ビデオ通話・テキストチャットといった基本的な機能に加え、予約機能やアンケート機能、また管理者向けのモニタリング・分析機能も揃っています。

またiOSアプリ版のLiveCallもリリースされているため、店舗で使用中のiPad・iPhoneを簡単に連携させられる点も魅力です。

LiveCallの導入事例を【業界別】に紹介!

LiveCallの導入事例を【業界別】に紹介!

最後に、LiveCallの導入事例を業界別にご紹介していきます。

アパレル業界での事例

アパレル業界からは、ビデオ型オンライン接客サービス「LiveCall」を利用したファッション・コーディネート提案サービスの取り組み事例をご紹介。

こちらではショップのスタイリストとビデオ通話で直接やり取りを行い、セットアップでの商品提案や所有アイテムとの組み合わせ・着回し相談などを実施しています。

LiveCallの導入によって実店舗がないエリアの顧客獲得に成功し、高い集客率を実現しました。

ジュエリー業界での事例

ジュエリー業界では、ビデオ型オンライン接客サービス「LiveCall」の導入によって、顧客単価を5倍以上に向上させたケースがあります。

こちらの企業は2020年10月からLiveCallを導入し、個別での商品説明・ギフト提案などを行ってきました。

顧客のニーズに寄り添った接客を行うことで、80%を超える高い顧客満足度、また購入率を実現しています。

飲食業界での事例

飲食業界でもビデオ型オンライン接客サービス「LiveCall」の導入が広がっています。

食品販売を行うある企業では、ECサイトにLiveCallを設置し、購入前にスタッフからの説明を受けられる仕組みを構築しました。

このシステムは「店舗へ行かなくても詳しい説明を受けられるから使いやすい」と好評を集め、現在までに対応店舗を30店舗以上へと拡大しています。

不動産業界での事例

不動産業界では、ビデオ型オンライン接客サービス「LiveCall」を活用して、分譲マンションの居住者向け管理サービスを導入した事例があります。

管理人の代わりにデジタルサイネージを設置し、ビデオ通話で管理会社へ問合せを行えるようシステム化。

人員コストの削減や物件管理の円滑化を実現し、居住者により良い住環境を提供できるようになりました。

まとめ

まとめ
  • コロナ禍やDX推進といった世の中の動きに伴い、非対面で接客できる“オンライン接客サービス”が話題に
  • 「LiveCall」はビデオ通話型のオンライン接客サービスで、機能性と使い勝手の良さが高く評価されている
  • 一般的な接客サービスをはじめ、コーディネート相談やマンションの管理など、幅広い業界で導入されている

ビデオ型オンライン接客サービス「LiveCall」は、業界を問わず幅広い企業で導入される使いやすさNo.1のシステムです。

NECネッツエスアイではLiveCallの導入をはじめ、環境構築や運用サポートなどをワンストップで対応しています。

ビデオ型オンライン接客サービスの導入をお考えの企業様、また活用方法でお悩みの企業様はぜひ一度NECネッツエスアイまでご相談ください。

※記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

symphonict

SymphonictとはNECネッツエスアイが提供する、「共創でお客様のビジネスに新たな価値を提供する」をコンセプトに先端技術やサービスを繋ぎ・束ねることでIT・デジタル変革技術やツール・システムを皆様にお届けするデジタルトランスフォーメーション(DX)サービス。→Symphonictに関してはこちら

※免責事項

本コンテンツは一般的な情報の提供を目的としており、法律的、税務的その他の具体的なアドバイスをするものではありません。個別具体的事案については、必ず弁護士、税理士等の専門家にご相談ください。

本コンテンツの情報は、その情報またはリンク先の情報の正確性、有効性、安全性、合目的性等を
補償したものではありません。

また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。