チラシでウェビナーに多くの参加者を集めるには?主催者がすべき3つのこと

集客をオンライン化させるメリットやおすすめサービスなども紹介

チラシでウェビナーに多くの参加者を集めるには?主催者がすべき3つのこと
※ 記事内に使用されている写真・画像はイメージです。実際のプロダクトやサービスで提供される内容とは異なる場合があります。
※本ブログの内容については、記事掲載時点での情報に基づく記載となります。そのため製品に関する内容については、バージョンアップなどにより画像や操作手順等が現行のものと異なる場合がございます。

チラシを活用してセミナー・ウェビナー(オンライン開催のセミナー)の集客を行う際は、チラシの構成やデザインが重要なカギとなります。

この記事では、ウェビナー集客用のチラシを作成するうえで、主催者が意識するべきポイントをオフライン集客に詳しいマーケティング会社の方に詳しくお聞きしてきましたので、その内容をご紹介します。

その際に、チラシと組み合わせて活用したい、オンライン集客のサービスやメリットなどもご紹介していきます。

マーケティング会社の考えるウェビナー集客のための効果的なチラシの作り方とは

今回、チラシを使ったマーケティング方法をオフラインの集客に強いアクチュアルプルーフ株式会社に詳しく聞いてきましたので、そちらをご紹介していきます。

まずは、セミナー・ウェビナー集客用のチラシを作成するうえで、主催者が意識しておきたいポイントについてです。

お話をお伺いしました
アクチュアルプルーフ株式会社
東京に本社を構えるマーケティング会社。

ポイント1.ターゲットを明確にする

ウェビナー集客のチラシを作成する際に最も重要となるのが、見出し・キャッチコピーの部分です。

キャッチコピーはチラシの中で最初に目がいく部分であるため、ここで興味を持ってもらえなければチラシを読み進めてもらうことは難しいでしょう。

例えば「新社会人のためのビジネスマナー」であれば若手ビジネスマン、「DX時代のマーケティング講座」であれば企業のマーケティング担当をターゲットにしていることが分かります。

一方、ただ単に「ビジネスウェビナー」というタイトルのチラシを作成した場合、瞬間的にターゲットを理解することができず、ウェビナーへの興味が離れていってしまいます。

どのような層をターゲットにしたウェビナーなのか、どのような悩みを解消できるのかが明確に伝わるタイトルを考えるようにしましょう。

ポイント2.ウェビナーの内容・参加メリットを記載する

ウェビナーに参加することで得られる学び・メリットなどをチラシの中でしっかりと伝えることも大切です。

オフライン・オンラインにかかわらず、ウェビナー参加の際はスケジュール調整が必要となるため「時間をとってでも参加したい」と思えるポイントがあるかどうかが最終的な意思決定を左右します。

チラシには開催日時などの基本情報・大まかな進行の目次・ウェビナー参加によって解消される悩みを記載するようにしましょう。

ポイント3.参加への迷い・不安を取り除く

ウェビナーへの参加を迷っている方は、以下のような不安を抱えているケースが多いです。

  • ウェビナーの参加料金が高く、それに見合うメリットがあるか不安
  • きちんと実績のある講師かどうか分からないと信用できない
  • ウェビナーに参加したあとでしつこく勧誘されるのがイヤ など

こういった不安を解消するために、主催者は以下のポイントをチラシに組み込むよう意識してみると良いでしょう。

  • 参加費の早期割引・参加後の特典・返金保証などを設定する
  • ウェビナー講師の写真やプロフィール・実績を掲載する
  • セールスを行わない旨の表記、またアフターフォローの流れをはっきりと伝える

この他、過去のウェビナーに参加した人の意見・感想を掲載し、人気の高いウェビナーであることを印象付けるといった方法もおすすめです。

ポイント4.具体的な申し込み方法を記載

チラシを見て「参加してみよう」と思ったとしても、申し込み方法が分からなければ意欲が冷めてしまいます。

また電話問い合わせやメールでの資料請求など、申し込みまでにワンクッションがある場合も、面倒に感じて参加をやめてしまう可能性があるでしょう。

ウェビナー集客のチラシを作成する際は、申し込みフォームに遷移できるURLや申し込み専用の電話番号を記載しておくことが大切です。

ポイント5.デザイン・画質などにも配慮を

チラシの内容だけでなく、ターゲットに合わせてデザインや配置を意識することも重要なポイントです。

例えばビジネス向けのチラシであればシンプルでスタイリッシュなデザイン、女性向けのチラシであれば明るいカラーや華やかな雰囲気が好まれます。

またチラシの中に画像を組み込む場合は、画質が高くきれいに表示されるものを選ぶよう注意しましょう。

集客もオンライン化へ!チラシと組み合わせたいおすすめ手法

ここまではチラシを使った、いわば従来のウェビナー集客の方法についてお話してしたが、これはあくまでも会場集客型のセミナーを開催する場合。

ローカルエリアにチラシを配ることで一定の集客効果を見込めますが限定的であると言わざるを得ません。

それらデメリットを解決できるのがオンラインでのウェビナー集客。ウェビナーのようにオンラインで開催されるセミナーの場合、集客についてもオンラインで実施することでより高い集客効果を期待できるでしょう。

ここからは、DX化が進む現代のマーケティング・集客方法についてこの記事を提供しているNECネッツエスアイが解説していきます。

NECネッツエスアイが考えるビジネスにおけるDXの重要性

DXとは、Digital Transformation(Digital X-formation)という言葉の略です。

デジタル技術の活用によってビジネスモデルやライフスタイルを変革させることを意味する言葉で、経済産業省が発表する「デジタルトランスフォーメーションを推進するためのガイドライン(DX推進ガイドライン)」では以下のように定義されています。

企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること

ここ数年でDXが注目されるようになった背景として、新型コロナウイルスの感染拡大が挙げられます。

新型コロナウイルスの感染拡大は人々のライフスタイルを大きく変化させ、New Normal時代へと移行するきっかけとなりました。

この激動の時代の中で企業が生き残っていくためには、DXによる競争優位化が重要なカギをにぎっているのです。

そして会社のDXを推進するうえで欠かせないものが様々なITツールですが、高機能だからといってむやみに導入すればいいというものではありません。

なぜビジネスモデルの変革を行うのか、そのためにどんなITツールが必要なのかを明確にし、会社にとってプラスとなるITツールを選ぶことが大切です。

オンラインでウェビナー集客を行う方法・メリット

セミナーや講演会を実施している企業がDXを進める場合、ウェビナーツールの導入は必須と言えるでしょう。

またウェビナーの場合はチラシを印刷して特定の地域に配るよりも、データ化してSNSやWebサイトなどに掲載する方が広い範囲にリーチをかけられます。

もちろん、地域性の高いウェビナーの場合はチラシも有効ですが、コスト削減なども重視したい場合はやはりオンラインでの集客が便利です。

更に、チラシの場合はURLを入力したり、QRコードをスキャンしたりする手間がかかりますが、メールやWebサイトでの集客であればワンクリックで遷移できます。

このように、チラシのオンライン化には顧客層の拡大や集客コストの削減、参加者の負担軽減といったメリットがあるのです。

オンライン集客・ウェビナー開催はNECネッツエスアイへお任せください

NECネッツエスアイでは、SMSによるオンライン集客やZoomと関連ツールを活用したオンライン配信サービスの提供を行っています。

SMS配信予約サービス

DMやメールでチラシを送っても開封してもらえない・反応が少ない場合は、SMSでの配信がおすすめです。

SMSは開封率が約98%と非常に高く、機会損失の防止効果を見込めるでしょう。

NECネッツエスアイのSMS配信予約サービスでは、以下のような機能が搭載されています。

スケジュール登録 スケジュールを事前登録することで、予約した日時にSMSを一斉配信します。宛先リストはCSV形式での一括登録が可能です。
テンプレート登録 一斉送信用のSMSをテンプレートとして管理・編集することができます。なおお客様の氏名などの情報は個別に設定することができます。
実行履歴閲覧 SMSの送信履歴を確認し、結果をCSV形式でエクスポートすることができます。

SMS配信予約サービスを利用することで、チラシページへのアクセスを増やし、売り上げアップや問い合わせ数の削減といったメリットが期待できます。

Zoomオンライン配信サービス

セミナーをオンライン上で実施する場合は、ウェビナー向けの機能が豊富に搭載されたZoomの活用がおすすめ。

NECネッツエスアイでは「Zoomオンライン配信サービス」として、以下のようなサポートを提供しています。

Zoom配信用スタジオ貸出サービス 日本橋(東京都)スタジオの貸出および専任オペレーターによる配信機器の操作支援を行います。必要機材の揃ったスタジオを2時間からレンタルできる他、要件に合わせたカスタマイズも可能です。
お客様先ウェビナー配信支援サービス 指定の場所へ専任オペレーターを派遣し、ウェビナー配信の支援を行います。配信プランの提案・機材の手配・当日の進行などを一括でサポートすることができます。
スタジオ構築サービス 要件に合わせた配信スタジオの構築(レイアウト・什器・配線工事など)を行うサービスです。配信用スタジオ(ハイエンドモデル)・簡易配信用スタジオ(ミドルクラスモデル)・個人配信ブース(エントリーモデル)を基準に、任意のカスタマイズにも対応します。
その他のサポート Zoom製品に関する問い合わせやイベント設定支援、スタジオオペレーター育成などのサポートも実施。また同時通訳サービスやオンライン研修サービスといったプランもあります。

金融DXサービス

金融・証券業界の方には、オンライン集客・ウェビナー開催に加え、オンラインでの個別面談や契約締結などに対応した「金融DXサービス」の活用がおすすめです。

SMS配信予約サービスと合わせて金融DXを導入すれば、集客から契約締結までを全てオンライン上で完結させることも可能となります。

金融DXでは、Zoomと関連ツールを活用した以下のようなサービスを提供しています。

イベント企画・準備 Zoomオンライン配信サービス(環境提供・出張サポート・配信オペレーター育成)
イベント開催 Zoomオンライン配信サービス(参加登録フォーム構築・運営打ち合わせ・配信代行)+slido(双方向のコミュニケーション環境の提供・Q&Aやアンケートの操作支援)
顧客との面談調整 eeasy(面談候補日の抽出と送付・オンライン会議のURL通知)+box(資料や商品パンフレットのデータ送付)
面談環境の整備 Zoom Rooms(無人受付システムの設置・ハイブリッド面談の環境整備)+neat.(CO2濃度の計測による感染対策)
契約内容の社内検討 商談結果の共有・ハイブリッド環境でのディスカッション支援・ステータスの見える化 ※Coming Soon
契約支援 Zoom Rooms(オンラインでの書類記入サポート・ハイブリッド契約締結)+DocuSign(社内稟議や決済の電子申請化・契約電子化)+FilingStars(書類の電子化・原本保管)
イベント・契約後のフォロー Zoomオンライン配信サービス(メール配信・アンケート構築)+VIDIZMO(見逃し配信などの視聴環境の提供・動画コンテンツの文字起こし支援)

Zoomオンライン配信サービスと金融DXは用途に合わせたカスタマイズも可能です。

集客・セミナー・契約手続きのオンライン化を検討中の企業・団体様はぜひ一度ご相談ください。

まとめ

  • ウェビナーの集客チラシを作成する際は、ターゲット設定や参加メリット・ベネフィットの提示を意識する
  • セミナーだけでなく、集客に関してもオンライン化することでコスト削減などのメリットを期待できる
  • 集客からアフターフォローまでを一括でDX化するなら「Zoomオンライン配信サービス」・「金融DX」がおすすめ

より多くのターゲットへリーチするためには、どちらかの方法に偏るのではなく、オンライン集客とチラシ配布の双方を適宜使い分けられるようにしておくことが大切です。

NECネッツエスアイでは単なるウェビナーツールの使い方だけでなく、オンラインならではの集客・商談スキルなどのサポートも実施しているので、運用でお悩みの企業・団体様はぜひお問い合わせください。

【関連記事】合わせて読みたい

※記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

symphonict

SymphonictとはNECネッツエスアイが提供する、「共創でお客様のビジネスに新たな価値を提供する」をコンセプトに先端技術やサービスを繋ぎ・束ねることでIT・デジタル変革技術やツール・システムを皆様にお届けするデジタルトランスフォーメーション(DX)サービス。→Symphonictに関してはこちら

※免責事項

本コンテンツは一般的な情報の提供を目的としており、法律的、税務的その他の具体的なアドバイスをするものではありません。個別具体的事案については、必ず弁護士、税理士等の専門家にご相談ください。

本コンテンツの情報は、その情報またはリンク先の情報の正確性、有効性、安全性、合目的性等を
補償したものではありません。

また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。



閉じる