アパレルブランドのオンライン接客導入のメリットや事例まとめ【小売DX】

オンライン接客サービスの概要とアパレルブランド業界における導入メリットをご紹介

アパレルブランドのオンライン接客導入のメリットや事例まとめ【小売DX】
※ 記事内に使用されている写真・画像はイメージです。実際のプロダクトやサービスで提供される内容とは異なる場合があります。
※本ブログの内容については、記事掲載時点での情報に基づく記載となります。そのため製品に関する内容については、バージョンアップなどにより画像や操作手順等が現行のものと異なる場合がございます。

通販などのオンライン需要が高まる中、アパレルブランド業界においては「オンライン接客サービス」を利用した新たな接客の仕組みづくりが活発に行われています。

この記事では、オンライン接客サービスの概要と、アパレルブランド業界への導入メリット・事例などを解説しています。

国内で高いシェア率を誇るオンライン接客サービス「LiveCall」の機能などもまとめているので、アパレルブランドを展開中の企業様はぜひ参考にしてみてください。

アパレルブランド業界におけるDX推進の風潮

アパレルブランド業界におけるDX推進の風潮

まずは、オンライン接客サービスの概要と、オンライン接客サービスの導入拡大の背景にある“DX推進”について詳しく見ていきましょう。

オンライン接客サービスの概要

オンライン接客とは、インターネットやITツールを用いて、オンライン上で接客を行う仕組みのことです。

チャット機能で問い合わせの受け答えを行うタイプのものや、ビデオ通話でスタッフと画面越しにやり取りを行うタイプのものなどがあります。

アパレルブランド業界においては、実際に店舗で接客を受けているのと同じような環境を提供できるビデオ通話型のオンライン接客サービスが広く採用されています。

急速なオンライン化の背景にある“DX推進”とは

オンライン接客サービスの導入急拡大の背景には、国を挙げて推進している“DX”の影響があると言えるでしょう。

DXとはDigital Transformation(Digital X-formation)の略で、“デジタル技術の活用によってビジネスの形やライフスタイルが変化すること”を意味する言葉です。

経済産業省が発表している「デジタルトランスフォーメーションを推進するためのガイドライン(DX推進ガイドライン)」の中では、DXについて以下のように定義されています。

企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること

つまり、単にITツールを導入することではなく、導入によって競争優位に立てるようなビジネスモデルの構築を目指すことが“DX”なのです。

オンライン接客サービス(デジタル技術)を活用して、アフターコロナの新しい生活様式に適応したビジネスモデルへ移行する動きは、まさにDXと言えます。

アパレルブランド業界におけるオンライン接客導入のメリット

アパレルブランド業界におけるオンライン接客導入のメリット

アパレルブランド業界におけるオンライン接客サービスの導入メリットとして、主に以下の3つが挙げられます。

成約率・顧客単価アップ

アパレルブランドの場合は見た目や価格といった基本情報に加え、肌色との相性や素材の質感、着心地なども購入を左右するポイントの1つです。

ECサイトの写真・文章からこれらの情報を伝えるのは難しいかもしれませんが、オンライン接客サービスを活用すれば、スタッフから直接商品の説明を行うことができます。

他の商品との組み合わせや、自宅にある衣服とのコーディネートなども提案できるため、問い合わせ商品の成約率はもちろん、クロスセルによる客単価アップも期待できるでしょう。

新規顧客の獲得

アパレルブランドの中には、都心部など一部のエリアにしか店舗を構えていないところも少なくありません。

そのため、近隣エリアに店舗がない地方の顧客などは、基本的にECサイトの情報や口コミから商品を判断する必要がありました。

オンライン接客サービスを導入すれば、こうした顧客に対しても実店舗と同じ品質の接客を提供できるため、アパレルブランドの新たなファンを獲得する可能性を広げられます。

人材配置の効率化

オンライン接客サービスの導入は、顧客だけでなくスタッフにとってもメリットのあるシステムです。

例えばショッピングセンターのセールなどで混雑が見込まれる店舗がある場合、これまでは臨時にスタッフを追加して対応するのが基本でした。

しかしオンライン接客サービスを利用すれば、他店のスタッフにその場で接客対応を依頼できるため、余分な人件費を削減する効果が見込めます。

オンライン接客サービスなら【LiveCall】がおすすめ!

LiveCall

アパレルブランド業界でオンライン接客サービスを導入するなら、ビデオ通話型のオンライン接客サービス「LiveCall」がおすすめです。

ここからは、LiveCallの特徴や機能、アパレルブランド業界における導入事例などをご紹介していきます。

LiveCallの特徴・機能

LiveCallはBtoC向けの機能に特化したオンライン接客サービスで、以下のような機能が搭載されています。

通話基本機能 ビデオ通話・音声通話/テキストチャット/ファイル送信/通話自動振り分け/通話メモ保存/リアルタイムステータス/通話モード切替/通話メニュー など
通話オプション機能 録画・録音/優先着信/通話転送/三者間通話/画面共有/位置情報/通話前・通話後アンケート/遠隔操作/免責事項の表示 など
予約機能 予約カレンダー/予約メニュー/事前アンケート/リマインドメール/ユーザー登録/カード決済 など
管理機能 モニタリング/通話履歴/CSVダウンロード/Googleアナリティクス連携 など

ビデオ通話やテキストチャット、接客予約などの基本機能に加え、通話の録音や各種データのダウンロードなど管理者向けの機能が充実しているのが特徴です。

またアパレルブランド業界でLiveCallを導入するメリットとして、以下のような点が挙げられます。

  • 既存のECサイトやアパレルブランドサイトとシームレスに連携できる
  • アパレルブランドのロゴ追加やカラー変更に対応しており、サイトの雰囲気に合わせたデザインが可能
  • 店舗スタッフへの問い合わせ・予約によるカウンセリングなど、サービスに合わせた導線を構築できる など

アパレル業界におけるLiveCallの導入事例

アパレルブランド業界では、多くの企業がLiveCallを通じて商品紹介やコーディネート提案を行っています

以下はとあるアパレルブランド企業が実際に行っているオンライン接客サービスのフローです。

  1. 予約サイトから希望のスタイリストを選択
  2. 予約可能日時を選択
  3. 予約完了のメッセージを受け取るためのメールアドレスを入力
  4. メールアドレス宛に届く事前アンケートを記入
  5. 予約完了のメッセージを受信して予約完了

予約当日は、指定されたビデオ通話のURLにアクセスすることでオンライン接客サービスを受けられます。

このシステムを導入したことにより、アパレルブランドの実店舗がないエリアの顧客獲得やECサイトの売上アップを実現しました。

DX推進に役立つその他のツール

NECネッツエスアイでは、前述したLiveCallを含む店舗向けソリューション「小売DX」も展開しています。

小売DXサービスに含まれるツールは以下の通りです。

PictLess センサーによって店舗内外の通行量・滞留を可視化する顧客動態可視化サービス。店舗内の混雑度や動線などを分析することで、商品のレイアウト変更に活用できるのが特徴。
モバイルオーダーサービス LINEと連動し、トーク画面から商品の注文を受け取れるサービス。店頭で並ばずに注文を行えるため、コロナ感染対策の観点からもおすすめ。

またNECネッツエスアイではこの他にも、ウェビナーや電子署名といったDXに欠かせないツールの導入・運用サポートを幅広く展開しています。

複数サービスの組み合わせやカスタマイズも可能ですので、接客を中心とする業務のDXをお考えの企業様はぜひ一度ご相談ください。

まとめ

まとめ
  • アパレルブランド業界では、非対面でサービスを提供するためのツールとして“オンライン接客サービス”の導入が広がっている
  • オンライン接客サービスを導入することで、成約率アップや新規顧客の開拓といったメリットを期待できる
  • アパレルブランド業界でオンライン接客サービスを利用するなら、ビデオ通話型サービスの「LiveCall」がおすすめ

いまだコロナ収束の目途が立たない現在、非対面で接客を実施できるオンライン接客サービスは必要不可欠なツールとなりつつあります。

LiveCallは機能性の高さと使いやすさが評価される人気のオンライン接客サービスですので、システム選びでお悩みの企業様はぜひ一度NECネッツエスアイへお問い合わせください。

※記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

symphonict

SymphonictとはNECネッツエスアイが提供する、「共創でお客様のビジネスに新たな価値を提供する」をコンセプトに先端技術やサービスを繋ぎ・束ねることでIT・デジタル変革技術やツール・システムを皆様にお届けするデジタルトランスフォーメーション(DX)サービス。→Symphonictに関してはこちら

※免責事項

本コンテンツは一般的な情報の提供を目的としており、法律的、税務的その他の具体的なアドバイスをするものではありません。個別具体的事案については、必ず弁護士、税理士等の専門家にご相談ください。

本コンテンツの情報は、その情報またはリンク先の情報の正確性、有効性、安全性、合目的性等を
補償したものではありません。

また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。