Zoomからのホリデープレゼント!期間限定でミーティングの時間制限が解放

Zoomからのホリデープレゼント!期間限定でミーティングの時間制限が解放

※ 記事内に使用されている写真・画像はイメージです。実際のプロダクトやサービスで提供される内容とは異なる場合があります。
※本ブログの内容については、記事掲載時点での情報に基づく記載となります。そのため製品に関する内容については、バージョンアップなどにより画像や操作手順等が現行のものと異なる場合がございます。

誰でも簡単に使えるオンラインミーティングツールとして人気のZoom。

多機能ながらシンプルで使いやすい点が魅力ですが、無料版では3人以上の参加者がいるとミーティングが40分で切断されてしまうため、大事な議論が遮られてしまったりして物足りない思いをすることも。

そんなZoomには、プレゼントとして時間制限が解放されることがあるのをご存知でしょうか。

ここでは、Zoomからのクリスマスプレゼントとして、特別に時間制限が解放されるという情報について触れていますので、Zoomの導入を予定している方はぜひチェックしてみてくださいね。

Zoomの時間制限は、特別に開放されることがある

Zoomの無償版ではもともと、ランダムで時間制限が解放されることがまれにあります。

その場合はミーティング画面にプレゼントとして会議時間を延長できる旨のメッセージが表示されますが、このタイミングは完全にランダムのため、大事な会議であっても雑談であっても発生する確率は常に一定と言われています。

アメリカのホリデーに合わせて、特別に期間指定で解放される

今回、Zoomからユーザーへのプレゼントということで、下記ホリデー中は無償版のユーザーの時間制限が解除されるとのアナウンスがありました。

米国時間

  1. 10 a.m. ET Thursday, Dec. 17, to 6 a.m. ET Saturday, Dec. 19
  2. 10 a.m. ET Wednesday, Dec. 23, to 6 a.m. ET Saturday, Dec. 26
  3. 10 a.m. ET on Wednesday, Dec. 30, to 6 a.m. ET on Saturday, Jan. 2

日本時間

  1. 12月18日(金)0時 ― 12月20日(日)20時
  2. 12月24日(木)0時 ― 12月27日(日)20時
  3. 12月31日(木)0時 ― 1月3日(日)20時

クリスマスや年越し、お正月の時期にあたりますのでプライベートでの利用がメインになるかと思いますが、コロナ禍でなかなか外出が難しい中、大事な人とクリスマスを祝ったり、帰省や年始の団らん、友人とのオンライン飲みに活用したりすることができるでしょう。

まとめ

  • Zoomの時間制限は、特別に開放されることがある
  • アメリカのホリデーに合わせて、特別に期間指定で解放される
  • 日本でもクリスマスや年末年始にあたりプライベートで活用できる

Zoomは仕事でもプライベートでも活用できる便利なWeb会議ツールです。

せっかくのプレゼントなので、まずはプライベートでこの機会に時間制限のないミーティングを体験してみるのも良いでしょう。

※本コンテンツに記載されている会社名、サービス名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

symphonict

SymphonictとはNECネッツエスアイが提供する、「共創でお客様のビジネスに新たな価値を提供する」をコンセプトに先端技術やサービスを繋ぎ・束ねることでIT・デジタル変革技術やツール・システムを皆様にお届けするデジタルトランスフォーメーション(DX)サービス。→Symphonictに関してはこちら

※免責事項

本コンテンツは一般的な情報の提供を目的としており、法律的、税務的その他の具体的なアドバイスをするものではありません。個別具体的事案については、必ず弁護士、税理士等の専門家にご相談ください。

本コンテンツの情報は、その情報またはリンク先の情報の正確性、有効性、安全性、合目的性等を
補償したものではありません。

また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。