Zoomミーティングへの招待用URLを発行する方法を解説

パソコン・スマホで招待用URLを発行する手順とは

※ 記事内に使用されている写真・画像はイメージです。実際のプロダクトやサービスで提供される内容とは異なる場合があります。
※本ブログの内容については、記事掲載時点での情報に基づく記載となります。そのため製品に関する内容については、バージョンアップなどにより画像や操作手順等が現行のものと異なる場合がございます。

※Zoom及びZoom名称を含むサービスはZoom Video Communications, Inc.が提供するサービスです。

2022年7月15日よりzoomは無料ラインス契約の場合、参加者2名のミーティングの場合であっても40分制限がかかるようになります。(従来は3人以上のミーティングの場合のみ)
ビジネスにZoomをご利用いただいている企業・団体様はこの機会に有料ライセンスへの切り替えをご検討ください。→お問い合わせはこちら

Zoomでミーティングを行う際は、ルームへアクセスするための専用URLを発行する方法が便利です。

ミーティングIDとパスワードを入力して参加する方法よりも手間が少なく、参加者の負担を減らせるのがメリットです。

ここでは、Zoomミーティングの招待用URLを発行する方法について、パソコンとスマホ・タブレットそれぞれの手順を解説しています。

URLを発行してミーティングへ招待する際の注意点もまとめているので、会社の会議や打ち合わせでZoomを利用している方はぜひ参考にしてみてくださいね。

Zoomの招待用URLの発行・通知方法(PC)

Zoomを使ってミーティングを行う場合、ホストとなるユーザーから参加者に対して招待を行う必要があります。

招待用のリンクを作成する方法は3通りあるので、まずはそれぞれのURL発行手順を確認していきましょう。

なお、ここで解説するのはパソコン(Windows・Mac)のデスクトップアプリを使った操作方法です。

URL発行方法①:ミーティング画面から招待を行う場合

Zoomミーティングを即時開催する場合は、ミーティングルームを立ち上げてから招待を行う方法がスムーズ。

ミーティング画面から招待用URLを発行する手順は以下の通りです。

  1. Zoomを起動して「新規ミーティング」をクリック
  2. 画面下部のメニューから「参加者」をクリック
  3. 画面右側の下部にある「招待」をクリック
  4. 「連絡先」または「メール」を選択してメッセージを送信

招待メールはテンプレート化しているので、何も編集せずそのまま送ることができます。

また画面左上にある「ミーティング情報」をクリックすることでも、招待URLの確認が可能。

メールではなくSNSなどを経由して招待したい場合は、こちらで招待URLをコピーして使用すると良いでしょう。

URL発行方法②:マイ個人ミーティングIDを使う場合

マイ個人ミーティングIDとは、ユーザー単位で設定されている専用のミーティングIDのことです。

このIDは基本的に固定となるため、定期的にミーティングを行う相手との間で使うことで、何度も招待を行う手間が省略でき便利です。

マイ個人ミーティングIDを使った招待方法は以下の通り。

  1. Zoomを起動して「ミーティング」タブをクリック
  2. マイ個人ミーティングIDの下部にある「招待をコピー」をクリック
  3. コピーした内容をメールやSNSのメッセージに貼り付けて送信

マイ個人ミーティングIDで作成されたURLは、IDを変更しない限りいつでも利用できます。

URL発行方法③:ミーティングをスケジュールしたうえで招待する場合

Zoomでは、後日開催のミーティングをスケジュールに登録して、事前に通知することも可能です。

ミーティングをスケジュールに登録し、その後URLを発行する場合の手順は以下の通り。

  1. Zoomを起動して「スケジュール」をクリック
  2. ミーティングのタイトル・日程・ID・パスワードなどを設定
  3. 「保存」をクリック
  4. 「ミーティング」タブをクリック
  5. スケジュールされたミーティングをクリック
  6. 「招待をコピー」をクリック
  7. コピーした内容をメールやSNSのメッセージに貼り付けて送信

招待URLを発行したあとでも、ミーティングのスケジュール設定を変更することができます。

Zoomの招待用URLの発行・通知方法(スマホ・タブレット)

続いて、iPad・iPhone・Android端末対応のモバイルアプリを使ったURL発行手順を見ていきましょう。

URL発行方法①:ミーティング画面から招待を行う場合

モバイルアプリの場合も、Zoomミーティングを即時開催するときは、ミーティングルームを立ち上げてから招待用URLを発行します。

ミーティング中の画面から招待用URLを発行する手順は以下の通りです。

  1. Zoomを起動して「新規ミーティング」をタップ
  2. 「ミーティングの開始」をタップ
  3. 画面下部のメニューから「参加者」をタップ
  4. 画面下部にある「招待」をタップ
  5. 招待用URLの送信方法を選択してメッセージを送信

URL発行方法②:マイ個人ミーティングIDを使う場合

モバイルアプリからマイ個人ミーティングIDを使った招待を行う場合の手順は以下の通りです。

  1. Zoomを起動して「ミーティング」タブをタップ
  2. 個人ミーティングIDの下部にある「招待の送信」をタップ
  3. 招待用URLの送信方法を選択してメッセージを送信

このとき、「クリップボードにコピー」を選択すると、SNSなどに貼り付けるためのメッセージがコピーできます。

URL発行方法③:ミーティングをスケジュールしたうえで招待する場合

モバイルアプリからミーティングをスケジュールに登録し、その後URLを発行する場合の手順は以下の通りです。

  1. Zoomを起動して「スケジュール」タブをタップ
  2. ミーティングのタイトル・日程・ID・パスワードなどを設定
  3. 「保存」をタップ
  4. 「ミーティング」タブをタップ
  5. スケジュールされたミーティングをタップ
  6. 「招待者の追加」をタップ
  7. 招待用URLの送信方法を選択してメッセージを送信

ミーティングを行う際の注意点

招待用URLを発行してミーティングへの参加を促す場合は、次の2点に注意が必要です。

招待用のリンクが間違っていると会議に参加できない

招待用URLに間違いがあると、参加者がリンクをクリックしてもルームへアクセスすることができません。

メッセージを編集する際に誤ってリンク部分を変えてしまったり、過去の招待メールを再送したりといったことがないよう注意しましょう。

特にマイ個人ミーティングIDを使用したURLの場合、ミーティングIDを変更すると当然ながらURLも変わります。

ミーティングIDを変更した際は新たなURLを発行して、再度通知するようにしましょう。

迷惑メールに入っていないか確認

招待メールを送ったはずが、相手に届いていないというトラブルが起こるケースもあります。

これは、送信した招待メールが迷惑メールに振り分けられていることが原因である場合がほとんどです。

招待メールを送ったあとは、迷惑メールも合わせて確認してもらうよう促すと良いでしょう。

またメールでトラブルが頻発するようであれば、SNSのメッセージなどを使って招待用URLを知らせるのも1つ。

グループメッセージを作成できるアプリなら、一括で招待を送れるため効率的です。

参加者全員がZoomアカウントを持っている場合はZoom内のチャット、そうでない場合はSNSを活用することも検討してみてください。

まとめ

  • Zoomミーティングの招待用URLを発行する方法は3通りある
  • 即時開催の場合はルームから、定期開催の場合はマイ個人ミーティングIDから、後日開催の場合はスケジュールからの作成がおすすめ
  • 招待用URLを発行する際は、リンクエラーや迷惑メールへの振り分けトラブルに注意

ミーティングのタイミングや種類に合わせて、適切な方法で招待用URLを発行することで、より便利にZoomを活用できるようになるでしょう。

また3人以上のグループでミーティングを行う場合は、通話時間が無制限になるZoomの有料ライセンスがおすすめです。

会社の会議ツールやセミナーツールとしてZoomの導入をお考えの場合は、ぜひ一度ご相談ください。

※記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

symphonict

SymphonictとはNECネッツエスアイが提供する、「共創でお客様のビジネスに新たな価値を提供する」をコンセプトに先端技術やサービスを繋ぎ・束ねることでIT・デジタル変革技術やツール・システムを皆様にお届けするデジタルトランスフォーメーション(DX)サービス。→Symphonictに関してはこちら

※免責事項

本コンテンツは一般的な情報の提供を目的としており、法律的、税務的その他の具体的なアドバイスをするものではありません。個別具体的事案については、必ず弁護士、税理士等の専門家にご相談ください。

本コンテンツの情報は、その情報またはリンク先の情報の正確性、有効性、安全性、合目的性等を
補償したものではありません。

また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。