【無効なミーティングIDです】とZoomに参加する際に表示された場合の原因

【無効なミーティングIDです】とZoomに参加する際に表示された場合の原因

※ 記事内に使用されている写真・画像はイメージです。実際のプロダクトやサービスで提供される内容とは異なる場合があります。
※本ブログの内容については、記事掲載時点での情報に基づく記載となります。そのため製品に関する内容については、バージョンアップなどにより画像や操作手順等が現行のものと異なる場合がございます。

※Zoom及びZoom名称を含むサービスはZoom Video Communications, Inc.が提供するサービスです。

2022年7月15日よりzoomは無料ラインス契約の場合、参加者2名のミーティングの場合であっても40分制限がかかるようになります。(従来は3人以上のミーティングの場合のみ)
ビジネスにZoomをご利用いただいている企業・団体様はこの機会に有料ライセンスへの切り替えをご検討ください。→お問い合わせはこちら

Zoomミーティングに参加しようとしたら「無効なミーティングIDです」というエラー表示が出て入室できなかったことはないでしょうか。「無効なミーティングIDです」と表示された場合の原因・対処方法を解説します。

Zoom「無効なミーティングID」エラーの意味

Zoomミーティングのルームには、固有の「ミーティングID」が割り振られています。参加者はミーティングIDを使って、どのミーティングルームに入るかを指定するのです。

Zoomで「無効なミーティングIDです」というエラーが表示されてミーティングに入室できない時は、入力したミーティングIDが何らかの理由で既に存在していないことを表しています。

メッセージはZoomのバージョンや利用環境によって異なります。「無効なミーティングIDです」以外にも、「このミーティングIDは無効です。確認して、やり直してください」と 表示される場合もあるようですが、基本的には同じ対処方法と考えてください。

ミーティングIDを入力していなくても「無効なミーティングID」と表示された

Zoomの招待方法には、ミーティングIDのほかに「招待URL」のリンクをクリックして参加する方法もあります。招待URLから参加しようとした場合、自分でミーティングIDを入力していないのに「無効なミーティングIDです」と表示されることがあるのはなぜでしょうか。

ホストから送られてきた招待状に記載されている招待URLとミーティングIDをよく見てみてください。招待URLの一部にミーティングIDが含まれているのが分かると思います。

招待URLもミーティングIDを利用してアクセスしているのと同じなので、無効なミーティングIDと表示されるのです。

無効なミーティングIDの原因、多くはミーティングIDの入力間違い

無効なミーティングIDの原因、多くはミーティングIDの入力間違い

Zoomミーティング参加時に「無効なミーティングID」と表示された時にまず確認したいのが、入力間違いがないかどうかです。ホストから送られてきた招待状を見て、再度入力し直してみましょう。パスワードが設定されている場合は、パスワードの入力間違いがないかも確認してみてください。

入力ミスによる無効なミーティングIDを防ぐには

ミーティングIDを入力する時のミスを防ぐためには、以下の方法を試してみてください。

招待状のミーティングIDをコピー&ペーストする

手入力するよりも、招待状に記載のミーティングIDをコピー&ペーストすれば、見間違いや打ち間違いを防ぐことができます。

招待URLから参加する

招待リンクを受け取っている場合はURLをクリックしてアクセスすれば、打ち間違いが起こらないためおすすめです。

ミーティングIDのケタ数を確認する

現在のZoomミーティングIDの桁数は10ケタまたは11ケタで、ミーティングの種類によって決まっています。

  • 10ケタ……パーソナルミーティングのミーティングID
  • 11ケタ……インスタントミーティング、スケジュールされたミーティング、定期的なミーティングのミーティングID

入力したIDのケタ数が違っている場合は、入力ミスをしているか、ZoomミーティングIDではない別の番号を入力してしまっている可能性もあります。

間違ったミーティングIDや招待URLを受け取った場合も「無効なミーティングID」と表示される

ホストから送られてきた招待状の通りに入力している場合や、招待URLをクリックしても「無効なミーティングID」エラーとなる場合は、ホストが送った内容が間違っている可能性があります。ホストに問い合わせてミーティングIDを聞くか、招待状を再送してもらいましょう。

開催中のミーティングIDを確認する方法

開催中のZoomミーティングに既に参加している人がいれば、ホスト以外でもミーティングIDを確認できます。

パソコンで確認する方法

Zoomデスクトップクライアント・ウェブポータル共通の方法です。

  1. Zoomミーティングに参加します。
  2. ミーティング画面左上の「ミーティング情報」(チェックマーク)をクリックするとミーティング概要が表示され、ミーティングIDを確認できます。

スマホ・iPhone・iPadで確認する方法

  1. Zoomミーティングに参加します。
  2. 画面上のチェックマークをタップするとミーティング概要が表示され、ミーティングIDを確認できます。

Zoomでは有効期限が切れるとミーティングIDが無効になる

Zoomでは有効期限が切れるとミーティングIDが無効になる

ミーティングIDには有効期限があり、一定の条件を満たすと使用できなくなるのをご存じでしょうか。期限切れのミーティングIDを使用した場合も「無効なミーティングID」エラーとなります。

Zoomミーティングの種類とIDの有効期限は以下をご参照ください。

パーソナルミーティング

ユーザー個別の「マイ個人ミーティングID」を使用して開催するミーティングの場合、同じミーティングIDをずっと使用できます。ただし、アカウント設定でマイ個人ミーティングIDを無効化した場合は、「無効なミーティングID」エラーとなります。

インスタントミーティング

すぐにミーティングを作成できるのが特徴のインスタントミーティングでは、ミーティング開始時にミーティングIDが発行され、終了すると有効期限切れになります。

スケジュールされたミーティング

ZoomでスケジュールされたミーティングのIDは、開催しなかった場合はスケジュールされた日付の30日後に期限切れになります。

ミーティングを開催した場合は開催した日付から30日間有効となり、有効期間中に同じIDで再度ミーティングを開催するとさらに30日間延長されます。

なお、スケジュールされた開始時間前やホストの入室前に参加しようとした時は、「開始するまでお待ちください」といったメッセージが表示されて待機となることがありますが、時間前でも「無効なミーティングID」になることはありません。

定期的なミーティング

定期的なミーティングは、開催せずに放置しておくと365日間で有効期限切れになります。

開催した場合は、最終開催日から365日間延長されます。

ホストがミーティングを削除するとIDが無効化される

ホストがミーティングを削除すると、ミーティングIDも無効になります。誤って削除した場合は削除後1週間以内であれば復元することができ、ミーティングIDも復活します。

Zoomアプリの不具合やサービス障害の可能性も

Zoomアプリの不具合やサービス障害の可能性も

ミーティングIDや招待URLに問題がないにもかかわらず「無効なミーティングID」というメッセージが表示される場合は、アプリの不具合の可能性もあります。また、複数の参加者がミーティングに入れない場合は、Zoomに障害が発生しているかもしれません。

「無効なミーティングIDです」が消えない場合

「OK」をクリックして「無効なミーティングIDです」のメッセージが消えるか確認しましょう。OKを押しても メッセージが画面に残っている場合は、アプリがフリーズしているかもしれません。

アプリの再起動・アップデート

アプリを一度終了させて再起動をしてみましょう。

アプリのバージョンが古い場合は最新版にアップデートします。

端末再起動・キャッシュの削除

パソコンやスマホを再起動してみます。

パソコンのブラウザからZoomを使っている場合は、キャッシュの削除も試してみてください。

例:Google Chromeでキャッシュを削除する手順

  1. ブラウザ右上の点3つのアイコンをクリックします。
  2. 「履歴」をクリックします。
  3. 「閲覧履歴データの削除」をクリックします。
  4. 期間やオプションを選択して、「データの削除」をクリックします。

Zoomの障害情報を確認する

Zoomサービスの障害情報はZoom Service Status(https://status.zoom.us/)で確認できます。

「無効なミーティングIDです」エラーの原因まとめ

Zoomで「無効なミーティングID」と表示される原因は、以下が考えられます。

  • 参加者がミーティングIDの入力を間違えた
  • ホストが間違ったミーティングIDや招待URLを送ってしまった
  • ミーティングIDの有効期限が切れた
  • ミーティングが削除された
  • 端末、アプリの不具合やZoomの障害

「無効なミーティングIDです」というエラーが出てZoomミーティングに参加できない場合、慌てずにひとつずつ原因を確認してみましょう。

※記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

symphonict

SymphonictとはNECネッツエスアイが提供する、「共創でお客様のビジネスに新たな価値を提供する」をコンセプトに先端技術やサービスを繋ぎ・束ねることでIT・デジタル変革技術やツール・システムを皆様にお届けするデジタルトランスフォーメーション(DX)サービス。→Symphonictに関してはこちら

※免責事項

本コンテンツは一般的な情報の提供を目的としており、法律的、税務的その他の具体的なアドバイスをするものではありません。個別具体的事案については、必ず弁護士、税理士等の専門家にご相談ください。

本コンテンツの情報は、その情報またはリンク先の情報の正確性、有効性、安全性、合目的性等を
補償したものではありません。

また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。