電話転送Canario(カナリオ)の申込方法・機能と料金を紹介

NECネッツエスアイの電話転送サービス、Canario(カナリオ)とは?

※ 記事内に使用されている写真・画像はイメージです。実際のプロダクトやサービスで提供される内容とは異なる場合があります。
※本ブログの内容については、記事掲載時点での情報に基づく記載となります。そのため製品に関する内容については、バージョンアップなどにより画像や操作手順等が現行のものと異なる場合がございます。

テレワークを実施する企業増えていますね。

因みに東京都庁の発表によると、2021年5月、都内企業(従業員30人以上)のテレワーク実施率は64.8%。4月の前回調査(56.6%)に比べて8.2ポイント上昇し、過去最高の数値となりました。

そこで課題となってくるのが、「テレワーク下の電話取次」や「電話転送」です。

家庭におけるテレワークを推奨していて、会社や事務所の固定電話(代表番号)への着信に対応する人がおらず「大事な電話を取り損ねてしまった」「転送や伝言が上手くいかず、取引先とトラブルが発生した」ということを防ぐのが、電話転送サービスである『Canario(カナリオ)』。

今回は、家庭や出先にいながら携帯・スマホでも電話取次・電話転送ができるサービス、『Canario(カナリオ)』の機能・料金から利用申込方法・やり方を紹介します。

「電話転送サービスを利用したい!」「電話転送によって着信の取りこぼしをなくしたい」という会社や企業の方は是非参考にしてくださいね。

電話転送Canario(カナリオ)の概要

電話転送サービス Canario カナリオ

『Canario(カナリオ)』は、NECネッツエスアイの電話転送システムです。

代表番号への発信者(取引先や顧客など)が、音声ガイダンスに従って担当者の名前を伝えると、AIがその名前を認識し、担当者のスマホや携帯・スマホ希望の転送番号へ自動転送するという機能です。

会社や事務所に人がおらず電話番がいないという場合でも、Canario(カナリオ)を利用することで電話取次と転送を自動で行うことが出来ます。

また、Canario(カナリオ)の機能は取次と転送だけではありません。

着信者がその場で電話に応答できない場合は、メールやビジネスチャットツールと連携させておくことで、録音データ、文字起こしデータとして後追い確認をすることが可能となっています。

会社の固定電話から携帯への転送だけじゃない?!Canario(カナリオ)の主要4機能

Canario(カナリオ)には電話取次・転送をスムーズかつ確実にする便利な4つの機能があります。

  1. 名前取次
  2. 伝言テキスト化
  3. 一斉架電
  4. 営業時間設定

それぞれ紹介していきます。

名前取次

電話番をAIが代行することで、人を介した取次を不要にするのがこの「名前取次」システム。

AIが担当者の名前を認識し、担当者へ自動転送します。

電話番が社内にいなくても、会社の固定電話にかかってきた外線着信に対応できるようになります。

伝言テキスト化

担当者が電話に出られない場合に、伝言を自動で受付するのが「伝言テキスト化」という機能。

担当者が電話に出られなかった場合、AIが発信者からの伝言をテキスト化してお知らせします。

一斉架電

担当者不明の問い合わせにも対応できるシステムが「一斉架電」。

一般のお問い合わせなど、特に担当者がいない入電や、担当者不明でかかってくる電話もあるかと思います。

そのような場合、Canario(カナリオ)の一斉架電機能を利用することで、組織全員の複数の番号を一斉に呼び出すことが可能です。

留守番電話に繋がってしまうことを減らし、着信の取りこぼしを無くすことが出来ます。

営業時間設定

「営業時間設定」システムを利用することで、営業時間外はAIが電話番を代行してくれます。

そのため、就業時間外に電話をとる必要がなくなり、社員のワークライフバランスを守ることができますし、営業時間外の電話にも自身の携帯・スマホで後追いで対応することが可能です。

以上4つがCanario(カナリオ)の電話転送以外の機能です。

それでは、このCanario(カナリオ)を利用することによるメリットを確認していきます。

Canario(カナリオ)を利用するメリット

Canario(カナリオ)の利用は、会社・社員・取引先や顧客の3者みんなにそれぞれメリットがあります。

  • 社員(担当者・受信者)は社内にいなくても自分宛ての着信を私有の携帯・スマホで受信可能
  • 取次がスピーディーに行えるため、電話をかける側(取引先や顧客など発信者)にもストレスを与えない
  • 電話番で社員を出社させる必要がなくなるため、従業員の通勤の負担を軽減できる

また、Canario(カナリオ)の利用により、伝言もしっかりと受信することが出来るため「大事な電話を取り損ねてしまった」「転送や伝言が上手くいかなかった」ということを原因とするトラブルも防ぐことが出来ます。

家庭や出先など、携帯でも電話を取り次げるCanario(カナリオ)。

これなら電話取次や電話対応の心配をすることなくテレワークを実施することができますよね。

気になる利用料金は?

NECネッツエスアイの電話転送サービス、Canario(カナリオ)の利用料金を紹介していきます。

電話取次・転送サービス、『Canario(カナリオ)』の基本料金は月額 10,000円(税込:11,000円)(/契約)です。

この月額利用料金と併せて、利用する人数×プラン料金が毎月の費用となります。

ご利用プランは電話転送以外に利用したいシステムに合わせてBasicプラン・Standardプラン・Premiumプランから選択します。

Basicプラン Standardプラン Premiumプラン
プラン利用料金 月額748円(税込)(/人) 月額1,078円(税込)(/人) 月額1,628円(税込)(/人)
名前取次
一斉架電
名前取次
+伝言テキスト化
×
一斉架電
+伝言テキスト化
×
IVR ×
内線連携 ※NEC製のPBXと接続いただきます × ×
無料電話 ※利用者間で無料通話分をご共有いただけます なし ※必要に応じてオプションの通話パックをご購入いただけます 1人10分まで 1人30分まで

今すぐ可能!利用申込み方法を紹介

電話転送サービス、Canario(カナリオ)ご利用に当たって、専用アプリのインストールや専用の機器を購入する必要もございません。

下記キャンペーンページのお問い合わせフォーム「問い合わせ種別」から「トライアル希望」を選択し、必須事項を入力、送信するだけでお申込み完了。

その後、NECネッツエスアイオペレータよりお申込み確認のお電話を差し上げます。

確認後にご申告住所宛に郵送で「申し込み書類」が送付されますので、ご記入・捺印した 原本をPDFで返送ください。郵送も可能です。

アカウントが発行されると、申告したメールアドレス宛にログイン情報が送信されます。

メール記載のURLからCanario(カナリオ)にログインし、グループ・ユーザ・ガイダンスの登録を行います。

各ユーザ宛に案内メールが自動で送付されますので、ログイン・初回登録が完了したユーザからサービスの利用が開始されるという流れです。

まずは下記特設ページのお問い合わせフォームよりご相談ください!

Canario(カナリオ)で電話転送をスムーズかつ確実に!

今回はNECネッツエスアイの電話取次・転送サービス、『Canario(カナリオ)』について紹介しました。

また、NECネッツエスアイが操作の説明をするオンライン説明会もオプションとして利用可能。

  • 電話転送をテレワークに最適化したい
  • 電話の取次や転送のために出社している
  • 営業時間外など対応不可な時間の電話も取りこぼしたくない

という会社・社員の方は利用してみてくださいね。

Canario(カナリオ)
特設ページはこちら

【関連記事】合わせて読みたい

※記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

symphonict

SymphonictとはNECネッツエスアイが提供する、「共創でお客様のビジネスに新たな価値を提供する」をコンセプトに先端技術やサービスを繋ぎ・束ねることでIT・デジタル変革技術やツール・システムを皆様にお届けするデジタルトランスフォーメーション(DX)サービス。→Symphonictに関してはこちら

※免責事項

本コンテンツは一般的な情報の提供を目的としており、法律的、税務的その他の具体的なアドバイスをするものではありません。個別具体的事案については、必ず弁護士、税理士等の専門家にご相談ください。

本コンテンツの情報は、その情報またはリンク先の情報の正確性、有効性、安全性、合目的性等を
補償したものではありません。

また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。



閉じる

月額748円(税込)〜 テレワーク転換・電話出社ゼロを実現