小売業界の強い味方、オンライン接客ツールとは?導入メリットや事例も紹介

様々な業界で注目を集めているオンライン接客とは?また導入のメリットとは

小売業界の強い味方、オンライン接客ツールとは?導入メリットや事例も紹介
※ 記事内に使用されている写真・画像はイメージです。実際のプロダクトやサービスで提供される内容とは異なる場合があります。
※本ブログの内容については、記事掲載時点での情報に基づく記載となります。そのため製品に関する内容については、バージョンアップなどにより画像や操作手順等が現行のものと異なる場合がございます。

昨今、世間を騒がせている新型コロナウイルスは様々な業界に大きな影響を与えています。

このような状況下で特に打撃を受けているのが小売業界です。不要不急の外出が制限されている中で顧客にサービスを提供することが難しい状態になりました。

しかし、現在多くの企業から注目されている「オンライン接客ツール」を利用することで、新型コロナウイルスの影響下でも顧客に安心してサービスを提供できます。

そこで今回はオンライン接客ツールを企業が導入するメリットを解説します。導入事例も紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

オンライン接客ツールとは

オンライン接客ツールとは

「オンライン接客ツール」とは、ビデオ通話機能を介してオンラインでサービスを提供できるツールです。

オンライン接客ツールを利用してサービスを提供することを「オンライン接客サービス」とも言います。

オンライン接客ツールを企業が導入することで、新型コロナウイルスなどの影響を最低限に抑えつつ、顧客にサービスを提供できるようになります。

従来の接客は、企業のスタッフが顧客と対面してサービスを提供していました。

一方オンライン接客サービスの場合は、リモートでお客様にサービスを提供することができます。

そのため、顧客は店舗に直接足を運ばなくて済み、企業側は感染対策をしながら顧客のニーズに応えやすくなるといったメリットがあります。

また現在の日本では、社会全体がDX推進傾向にあります。新型コロナウイルスが終息した後も企業にはサービスのデジタル化が求められるでしょう。

DXとは「Digital Transformation」の略で経済産業省が発表している「DX推進ガイドライン」にて、「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること。」と定義されています。

上記のような理由から、様々なメーカーがオンライン接客ツールを展開しています。

そのため「オンライン接客ツールを導入したい」と考えていても、そのツール選びに悩まされてしまっている企業の方も多いのではないでしょうか?

そこでこの記事では、使いやすさNo.1に選ばれたオンライン接客ツール「LiveCall」をご紹介していきます。

おすすめのオンライン接客ツール「LiveCall」とは

LiveCall

「LiveCall」は、BtoCサービスに特化しているオンライン接客ツールです。BtoCとは「Business to Consumer」の略で、企業が消費者を対象に行うビジネスを指します。

LiveCallは「利用する企業や顧客が使いやすいUIになっている」と好評なオンライン接客ツールです。

ここでは、LiveCallについて下記のこと中心に紹介します。

  1. オンライン接客をする企業のスタッフが使いやすい作り
  2. オンライン接客を受ける顧客が使いやすい作り
  3. オンライン接客を管理するスタッフが管理しやすい作り

オンライン接客をする企業のスタッフが使いやすい作り

LiveCallは、「オンライン接客をする企業のスタッフが使いやすい作り」になっています。

LiveCallを利用しているスタッフの画面は直感的で分かりやすいインターフェースになっており、パソコンやスマートフォンを上手く使いこなせない方も簡単に利用できる程使いやすいUIになっている点が特徴的です。

オンライン接客を受ける顧客が使いやすい作り

LiveCallは、アプリなどの利用が必要なくパソコンやスマートフォンのwebサイトからブラウザをワンクリックするだけで簡単に企業のスタッフとオンラインで繋がることができます。

LiveCallを利用しているユーザーの画面のヘッダーなどを企業のロゴやマーク、ブランドカラーに設定できます。そのため、オンライン接客中も顧客に企業のブランド体験を感じてもらい、どのような企業なのか分かりやすくなります。

また、LiveCallを利用している顧客のユーザー画面は外部サイトにアクセスしているように見えないため、よりオンライン接客に集中してもらえます。そして、LiveCallは顧客が自然に利用できるようにサービス導線をシームレスに設計することが可能です。

オンライン接客を管理するスタッフが管理しやすい作り

従来の働き方だと、スタッフのスケジュールなどの管理がとても大変でした。

そこでLiveCallを導入することにより、スタッフのスケジュール管理などを一元化できるようになり業務の効率化に繋がるというメリットがあります。

業務のデジタル化が進むことで、企業のスタッフが自分の働きやすい環境から業務を行えるようになり、多様な働き方の実現が可能になります。

また、LiveCallを利用することでオンライン接客時の通話をデータとして記録し管理できます。そのため、新入社員の研修の際に利用したり万が一のトラブルが発生した時などに役立てることも可能です。

LiveCallの導入をきっかけに、スタッフや顧客の管理をデジタル化することで従来以上に業務を効率的にすることが可能です。

このようにLiveCallを導入することで、新型コロナウイルスの感染対策や業務のデジタル化による効率アップなどさまざまなメリットがあります。

オンライン接客ツール導入のメリットとは

オンライン接客ツール導入のメリットとは

企業がオンライン接客ツールを導入するメリットはさまざまあります。

  1. 感染対策になる
  2. 従来の方法以外でも働けるようになる

感染対策になる

企業がオンライン接客ツールを導入する1つ目のメリットは、「感染対策になる」ことです。

新型コロナウイルスの影響により、企業は感染対策が余儀なくされています。オンライン接客ツールを導入することで顧客と対面せずにサービスが提供できるため、感染対策に繋がります。

従来の方法以外でも働けるようになる

企業がオンライン接客ツールを導入するメリットとして「従来の方法以外でも働けるようになる」ことがあげられます。

従来の働き方は会社に行くことが大前提だったため、早朝の通勤電車などさまざまなストレスがかかっていました。

しかし、オンライン接客ツールを導入することで業務のデジタル化に繋がり、パソコンなどのインターネットにつながる機器があればどこでも働くことができるようになります。

働きやすい環境を構築できることにより、スタッフはストレスがかかりにくい状態で働くことができ、結果的に業務の効率も上がります。

「LiveCall」導入の成功事例を紹介

「LiveCall」導入の成功事例を紹介

ここでは、オンライン接客ツール「LiveCall」を導入した企業の成功事例を紹介します。

家電量販店

まずは、家電量販店での成功事例を紹介します。

こちらの企業は「LiveCall」を導入してオンライン接客で家電の説明販売を実施。

新型コロナウイルスの影響で、店舗に足を運べなくなってしまったお客様にもリモートで説明販売をすることでサービスを提供しています。

オンライン接客を体験したお客様の反応は、まだ慣れていないため少し不慣れな感じですが「店舗に足を運ぶよりも気軽に相談ができて、商品の具体的な使い方のイメージが湧いてきた」などとても好評だったそうです。

アパレル業界

次に、アパレル業界の成功事例を紹介します。

こちらの企業は「LiveCall」を導入したオンライン接客により、商品に込められた思いやストーリーをお客様に伝えやすくなったとのことです。

また、オンライン接客を通じてお客様と顔を合わせてコミュニケーションをとることの重要性を再確認できたそうです。

このように、小売業界で「LiveCall」を導入することでコロナの影響下でも商品を販売することが可能になっています。

記事まとめ

記事まとめ

今回はオンライン接客ツールを企業が導入するメリットや、成功事例を紹介しました。

オンライン接客ツール選びにお悩みの小売業界の方には、使いやすさNo.1に選ばれたオンライン接客ツール「LiveCall」がおすすめです。

企業側・顧客側ともに使いやすいUIになっており、オンライン接客ツールを利用したことがない方やパソコン・スマートフォンの操作が不慣れな方でも簡単に操作することができます。

この記事を監修しているNECネッツエスアイは、オンライン接客ツールLiveCallの導入支援を実施しております。

LiveCallに興味のある方は、是非お気軽にNECネッツエスアイまでお問い合わせ下さい。

※記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

symphonict

SymphonictとはNECネッツエスアイが提供する、「共創でお客様のビジネスに新たな価値を提供する」をコンセプトに先端技術やサービスを繋ぎ・束ねることでIT・デジタル変革技術やツール・システムを皆様にお届けするデジタルトランスフォーメーション(DX)サービス。→Symphonictに関してはこちら

※免責事項

本コンテンツは一般的な情報の提供を目的としており、法律的、税務的その他の具体的なアドバイスをするものではありません。個別具体的事案については、必ず弁護士、税理士等の専門家にご相談ください。

本コンテンツの情報は、その情報またはリンク先の情報の正確性、有効性、安全性、合目的性等を
補償したものではありません。

また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。